学校では習わない江戸時代 (新潮文庫)

  • 109人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (8)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 山本博文
  • 新潮社 (2007年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101164427

学校では習わない江戸時代 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸時代の社会制度や武士の気風、赤穂事件の意味や綱吉の統治方針、鎖国政策の本質や朝鮮通信使来日の意味、幕末各藩の情報収集力等々についての、著者の深い洞察の数々。
    感銘を受けました。

  • 新書文庫

  • 鎖国が全国共通のものではなかったという事実にびっくりした。わかったつもりになっていても知らないことはたくさんあるものです。
    藩による情報収集のやり方もちょっと現代に通じるものがあって興味深い。
    江戸時代の武士がずいぶんサラリーマンにみえてきておもしろい。

  • フィクションとわかってながら、事実誤認してしまう時代小説。教科書の内容もほんの一面。歴史家が紹介する史実の奥。14.3.7

  •  「武士道」の意味の取り違え、
     秀吉が作った江戸幕府の基盤、
     「鎖国」の語感が与える誤解、
     わかっているつもりが全然わかっていなかった。

  • 学生時代に出逢ってたら、もっと歴史に興味が出たはず。

全8件中 1 - 8件を表示

山本博文の作品

学校では習わない江戸時代 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

学校では習わない江戸時代 (新潮文庫)の作品紹介

「参勤交代」や「元禄文化」を習っても、そこで止まっていては勿体無い。大名行列がトラブルばかりと知り、近松こそが恋愛の発見者と分かれば、そこから先の江戸時代こそが面白い。時代小説や歌舞伎も材料に、江戸人たちの息づかいとホンネを読み、赤穂浪士の討ち入りや町奉行の制度から、武士のオキテと常識を感じ取る。江戸時代をとことんまで学べる一冊。

学校では習わない江戸時代 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする