オーケストラが好きになる事典 (新潮文庫)

  • 63人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (9)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 緒方英子
  • 新潮社 (2009年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (516ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101303819

オーケストラが好きになる事典 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 各楽器について、楽器の開発の歴史、機構の話が一番先にあって、その後楽器についてのコネタ、そして奏者へのインタビューと続く、3部構成になっている。
    へ~、と感心する話から、思わず笑ってしまう話まで。
    分厚い本だけど、それほど長いと思わなかった。
    フルートを、通常の歌口からと、筒の末のところから、同時に吹くという離れ業(もちろん、正式な奏法でない)なぞは、一体どんなものか。見てみた・・・いや、聞いてみたい。
    舞台上のハプニングの話なども、演奏家には申し訳ないけど、やっぱりとても面白い。

  • 「事典」と銘打っているが、楽器の解説は最小限で、それぞれの器楽奏者の小話や裏話が中心。改めて楽器の演奏とは肉体労働なんだと確認させられた。

  • オーケストラのそれぞれの楽器の特徴や秘密、
    コンサートの裏情報などが載っていておもしろい。

  • 資料ID:C0030434
    請求記号:なし(新潮文庫 お-77-1をさがしてください)
    配架場所:本館2F文庫・新書書架1

  • オーケストラに登場する楽器たちを、定番からレアなものまで、奏者への取材を通じて、その特徴や聴きどころなどを紹介してゆく。楽器特有の面白さや難しさ、裏話も満載。それぞれの楽器奏者のエッセイも収録する。 類書と一線を画す、楽しい本。

  • 楽器はやったことがない私にとって、こういう内容の本を読むと
    それぞれの楽器の演奏者の苦労が伝わってきます。
    また、コンサートの時にもこういうところを見てみようかななんて楽しみも出来て面白いです。

  • 吹奏楽をやっていますが、
    楽器についてはまだまだ知らないことだらけだな
    と思いました。
    楽器って奥深い!!

全9件中 1 - 9件を表示

オーケストラが好きになる事典 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オーケストラが好きになる事典 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オーケストラが好きになる事典 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オーケストラが好きになる事典 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

オーケストラが好きになる事典 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする