日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)

  • 100人登録
  • 3.82評価
    • (1)
    • (12)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 新潮社 (2015年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101308418

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大局的にものを見る二人の対談、すごく面白く読めた。
    こんな風に、俯瞰して物事を見たり判断できる人になりたいと思った。

  • 画一的なルールではなく、
    「だましだまし」でやりくりする知恵
    みたいなものの重要性に共感した。

  • だましだましの現場主義とユートピア主義が融け合うように間をぬうことで日本人固有の住み方が生まれるかも。建築に興味がある人以外にもおすすめ。

  • 養老さんと漫画家の宮崎駿さんとの対談を収録した『虫眼とアニ眼』と主張が非常によく似ています。
    対談の内容には賛同すべき点が多くあって、頷きながら読み進めました。

    理想論が中心で、「どうなっても知らないけど」みないな投げやりな発言も散見され、実際に何をどうする“べきか?”という表題の問いに対する解はそれほど明確には提示されていません。しかし、こんな指摘に対する著者のお二人の答えは「統一的な答えはない」ということでしょう。

    全体の論旨としては大いに賛成できます。
    しかし、お二人がすでに60歳を超えており、ところどころに「戦後の日本人はそうやってきた」というような表現もあって、懐古主義的に聞こえてしまう点が残念です。もっと若い論者からこういう指摘がなされればいいと思いました。

    批判の対象は次のとおりです。
    原子力発電所、建設業界、文系脳、コンクリート、ル・コルビュジエ、マンション、高層建築物、石油、アメリカ、サラリーマン、一律、法制、私有、コンピュータ・・・。

    読み進めるごとに、なんだかもう現代が獲得してきたあらゆるものを否定しているような印象をもってしまい、そのあたりも惜しいと思います。「だましだまし」という態度を是として主張されているので、もう少し今のこの国の有り様を下敷きにした、実現可能性の高い提案が聞かれたらよかったと思います。

    本書で批判に晒されている文系のサラリーマン建築屋の張本人としては、これに反論するつもりは全然なくて、こういう発想を現実化できる知識と知恵を結集して、なおかつ会社組織の利益至上主義とヒエラルキーの及ばないところでなにがしかの実践ができれば素晴らしい、と妄想するのでした。

    ――妄想だけではダメすよ。実際にやってみなくては。

  • ビルの1階に花屋があると、街路の景色になる。そのために、花屋が入居するならば1階の家賃を安くするというのが外国であるらしい。いいアイデアだと思う。

  • 2011年秋「日経ビジネス オンライン」掲載の対談。
    キーワードは「現場主義」「だましだまし」「ともだおれ」、現場がなく責任を取らないサラリーマン化を憂え、夢のマイホームなどのこだわりを捨てて、一箇所に住まうことからもっと自由になったほうがいいという方向の対談。家や建築のことにとどまらず、災害や高齢化、地域格差などのさまざまな社会問題を既成の常識にとらわれずに論じている。
    細かい部分では眉唾ものやつっこみどころもあるけれど、大きな流れとしては共感できおもしろかった。でも、こういう考えの人は少数派なんだよなぁ…
    本体は対談だけに浅いところを行ったり来たりの感もあるが、養老さんのまえがき、隈さんのあとがき、それに山極寿一さんの解説がよくまとまっている。

  • 久しぶりに書店で買ってすぐに読了。
    読んでる間、ため息ばかり。
    どう住まうべきか、よりよく住まうために
    住人は何ができるか。。

  • 住まいや土地を題材に,日本人の文明観を明文化する.本来,住むべき場所を探す際に見るべきは,嘘をつかないその土地であり,上物という建築物は人と人との信頼関係でしか推し量ることができない,というのは至言である.そのような戦略になった理由も理路整然と言及されている.薄いので直ぐ読めると思ったが,重い良書.

  • 気になって、思わず本屋を梯子して購入。

    まさかこんな辛辣な対談だとは知らず(笑)。
    このお二人のような意見もあっていいのだ。

    少し前の対談になるが、昨今の問題にも通じる話。
    建築の末端にいたことのある自分としては、非常に勉強になった。

全10件中 1 - 10件を表示

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)の作品紹介

日本人は元来「だましだまし」生きてきたのに津波被害を完璧に予測して対策するなど不可能。原発問題も土建問題もつまるところ戦争のツケ。マイホーム所有が人生の目標だった時代は終わり、どこにどう住まうかが自己表現になる。震災と津波、高齢化、地域格差……さまざまな社会問題をふまえて、現代人の幸せを実現する住まいのあり方について解剖学者と建築家が論じた、贅沢対談集。

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)はこんな本です

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)のKindle版

日本人はどう住まうべきか? (新潮文庫)の単行本

ツイートする