少年H〈下巻〉 (新潮文庫)

  • 346人登録
  • 3.64評価
    • (29)
    • (37)
    • (68)
    • (4)
    • (1)
  • 33レビュー
著者 : 妹尾河童
  • 新潮社 (2000年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101311074

少年H〈下巻〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者の自伝小説。
    妹尾肇のイニシャルHが手作りセーターのトレードマーク。
    神戸を舞台にした、Hが9歳頃から旧制中学を出るまでのストーリー。
    戦争が始まる前の生き生きした生活感と家族の愛情が戦争が始まることで、ずれ始める。
    軍国教育の中で理不尽に殴られたり、悲痛な思いが多々あるのだが、何故かHをはじめとする少年たちは生き生きと輝いている。
    ある日突然の玉音放送で、降伏が明らかになると、それまでがいったい何のためだったのか疑問を持ち、深く悩み苦しむことになる。

    ほとんどの漢字にはルビがふってあるため、子供でも読めるし、もともとは子供から学生時代に読んでおくべきだった本。

    小学校高学年から中学生には是非とも読んで欲しい!

  • 2016/04/24BookOff購入
    2016/05/25読了

  • 75
    戦争も敗戦の影が色濃くなってくるとHたちの生活も大きく変わってくる。
    子供の多感な時期だからこそ気づいてしまう大人たちの嘘や、嘘を受け入れてそれでも本心を出さず日々進む世間に、戸惑いながら大人へと成長していく。
    物語が進むにつれ、成長する主人公に合わせ、物語も成長していることが面白い。

  • 今では信じられないような話です。
    信じていた価値観が180度変わる。
    そんな体験を感受性豊かな子供時代にしている。
    現代人が生ぬるく見えることでしょう。
    本当の優しさや厳しさがあるんだろうなぁ。

  • ほんまに純な人やからな。君も優しいええ人やしな。こういう人と付き合いつづけるいうのは、ぼくも幸せやと思ったから、ぼくが役にたつことがあったら、何でもしてやろうと思ってな。

  • 少年の目でとらえた戦争が良く描かれている秀作!

  • 2013/09/15
    from K.F.

  • この小説(日記?)こそ、語り伝えるべき内容。本土で終戦を迎えたため、変化のある戦前戦中戦後なのだろう。泥沼化している戦場でも若い兵士は本小説の主人公のような心の変化を抱えながら戦っていたのでは。そう考えると、この戦争は何だったのだろうか。狂信化した国体を民意で止めるのは難しいのか。。改めて考えさせられます。

  • 保有状況:所有&購入日:41469&購入金額:704

  • 戦時中の庶民の暮らしを記す貴重な資料なのではないだろうか。特に終戦を迎えた時の社会の混乱を人々がどうとらえていたのかがよくわかり、非常にためになった。一度は読んだ方がいい作品だと思う。

全33件中 1 - 10件を表示

妹尾河童の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

少年H〈下巻〉 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

少年H〈下巻〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年H〈下巻〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

少年H〈下巻〉 (新潮文庫)の新書

少年H〈下巻〉 (新潮文庫)のKindle版

少年H〈下巻〉 (新潮文庫)の新書

ツイートする