人柱はミイラと出会う (新潮文庫)

  • 320人登録
  • 3.37評価
    • (20)
    • (42)
    • (59)
    • (13)
    • (8)
  • 60レビュー
著者 : 石持浅海
  • 新潮社 (2010年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101312415

人柱はミイラと出会う (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文庫で良かったかなという印象。500円でちょうどよい娯楽だった。 東郷という切れ者な男が不可解な謎を解いていくのを留学生であるリリーの視点で見ていくという作品なのですが、この東郷という男が気に入らない。なんというか作者の理想が色濃く出過ぎていて気持ち悪いのです。そんな完璧な男いるか、そのヒントでそうは繋がらんだろと言いたくなってしまいます。ミステリ読者なので大抵の超展開には慣れていたのですが、これにはちょっと無理があるな…、と。わたしの肌には合いませんでした。

  • 2017年9月19日読了。
    2017年64冊目。

  • 古くから伝わる風習や習慣が、現代も制度や文化として残っていたら……。そんな空想をもとに描かれた作品で、現代ファンタジーとして読み始めるも、すぐに途中で「あ、そうだそうだ、これは石持浅海作品だ」と気づかされる、なんとも言えない面白さがある摩訶不思議なミステリです。世にも奇妙な物語が好きな人にオススメ。惜しむらくは2017年8月現在、古本屋でしか手に入れられないこと。どうか再販をしてほしい。

  • 設定が面白い。
    かなり久し振りに石持さんの本読んだけど
    あ〜この感じ。って懐かしくなりました。

    一瞬「人柱」ってホントにあるのかと思ったよ。

    オチもキレイ。

  • 最初本当に人柱職人が存在するんだ知らなかったわって思ったんだけど(笑)しかしなんというか都合の良すぎる展開。職人なの?探偵なの?もしや神?ってレベル。厄年休暇の制度はいいですね、勿論その間有給扱いになるならですが。

  • 人柱、黒衣、お歯黒、厄年、鷹匠、茗荷、参勤交代、日本の風習が色濃く残された架空の日本が舞台の連作短編集。

    探偵役の直海は、座間味くんのパラレル日本版といった感じ。

    これもBGと同様ファンタジーと安楽椅子探偵の融合ではあるのだが、こちらの方が格段にしっくりくる。

    無理矢理感はあるし、ラブロマンスは余計だとは思うが、最後にアメリカの文化に驚愕する様は面白かった。

    とりあえずもう一回、続編あったら読んでみたい。

  • 特殊設定+切れ味鋭い推理という石持さんの王道。それに人柱やお歯黒といった古い因習の残った日本というパラレルな世界が絶妙にマッチしている。特に「人柱」と「ミョウガ」がお気に入り。ともすれば推理マシーンになりがちな探偵役ですが、「ミョウガ」に見られるような人の感情の機微にまで寄り添わせることでより魅力的に見せてくれるのがまたいい。

  • 人柱・お歯黒・参勤交代等の江戸の風習が残ったパラレル世界の日本で,交換留学生のリリーと,人柱職人の東郷が事件の謎を解く連作短篇集。
    「Rのつく月」や「座間味くん」同様,短編は面白い。

  • 人柱、お歯黒、参勤交代などの文化が残っている、今とはちょっと違う日本の話。
    ライトなミステリでサッと読めちゃう感じ。
    タイトルから想像するおどろおどろしい話ではなく、特に「人柱」のような、ぎょっとする昔の慣習を現代風にアレンジして絡めてあるのが面白かった。

  • 人柱や参勤交代、鷹匠、黒衣…。既に廃れたはずの制度や職業、風習が現代日本に残っているという設定のミステリ。

    なんだか設定の勢いに内容がついていかないような…

    ポイントを人柱職人に絞った方が良いかなぁ。

全60件中 1 - 10件を表示

石持浅海の作品

人柱はミイラと出会う (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人柱はミイラと出会う (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

人柱はミイラと出会う (新潮文庫)の作品紹介

"人柱"城などの難工事の際、完成を祈願し、神への生贄として生きた人を地中や水底に埋めること-留学生のリリーは、工事現場からミイラが発見されるという、奇怪な殺人事件に遭遇する。その死体から浮かび上がる、この国の信じられない風習とは…人柱に黒衣に参勤交代。江戸の風俗がいまだ息づくパラレル・ワールドの日本を舞台に、石持流ロジックが冴え渡る傑作ミステリ。

人柱はミイラと出会う (新潮文庫)の単行本

ツイートする