平成お徒歩日記 (新潮文庫)

  • 801人登録
  • 3.35評価
    • (33)
    • (75)
    • (198)
    • (19)
    • (4)
  • 78レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2000年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369211

平成お徒歩日記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本を読んでみて,宮部みゆきの書く本には興味があっても,宮部みゆき自身には興味が無いんだと気づいた.

  • やってることはおもしろそうなんだけど、この喋り口調の文体がちょっと苦手かも。

  • 宮部さんが赤穂浪士の歩いた道や江戸市内引き回しの刑の道、関所のあった箱根旧街道、江戸城(跡)一周、流人の島八丈島、本所七不思議のあったとされる場所、善光寺から伊勢神宮までと基本お徒歩した記録をまとめたエッセイ。

    まず、企画が面白い。
    江戸時代のテーマにしたがって歩きながら検証つつ、現代はどうなっているのかを織り交ぜていて良い。

    八丈島の章なども、島流しにされる場所だったことなど知らなかったのだが八丈島の文化は流人が造った文化などと言うとさらにどんなだったのか知りたくなる。

    また、ちょうど事件のあった時だったようで、其の六の章で少し神戸の酒鬼薔薇事件について触れているのだが、現代の街はきれいになって便利に住めるけれど、人間の中に巣食う「魔」を解き放つ場所がなくなって、闇の部分を中和する力がなくなったという考察が興味深かった。

    時代物よりも現代物のほうがどちらかというと多いのだが、もっと時代物を読んでみたいと思わせるエッセイだった。

  • 回を追うごとにグルメ日記化している気もするが、歴史にふれつつもあっさりとしたエッセイで読みやすい。
    宮部作品は大好きだが、その根底にある、人間愛とロマンを感じた。

  • 最近(というかちょっと前から)流行りの、あれです。
    作家さんの視点と感想の述べ方はやはり面白い。

  • 宮部みゆき氏の本は何冊か持っているがしっかり読んだのはこれが初めてかも。
    小説ではなくエッセイなのでラフな文体なのかもしれないが、歯切れよく読みやすい。
    彼女がたどった道程をトレースしたくなってしまった。ひまになったらやれるかな。深川あたりであればすぐか。
    終りのほうにあったすてきな言葉を引用。

    日常の五心
    一、ハイという素直な心
    一、すみませんという反省の心
    一、わたしがしますという奉仕の心
    一、おかげさまという謙虚の心
    一、ありがとうという感謝の心

  • 何十冊も読んできたけど、そういえば宮部みゆきのエッセイ集なんてこれが初めてだった( ´ ▽ ` )ノ。
    書きなれてない様子がありあり( ´ ▽ ` )ノ。
    この手の本の定型通り、編集者との楽屋漫才と食べログとウンチクの盛り合わせなんだけど、それらの配分が上手くないね( ´ ▽ ` )ノ。
    少なくとも、旅のガイドブックとしては全く使えないと思う( ´ ▽ ` )ノ。
    文章は確かなんだけど、題材も面白いんだけど、印象がものすごく薄い( ´ ▽ ` )ノ。
    いっそ、キャラもエピソードも改変して歴史探偵ミステリーにしちゃえばよかった( ´ ▽ ` )ノ。
    発見としては、宮部みゆき先生の本名が矢部だったことと、ガタイが想像以上にお小さかったこと( ´ ▽ ` )ノ。リュックを背負った写真なんか、完全に小学生だね( ´ ▽ ` )ノ。

    2015.5.19

  • 「お徒歩、お徒歩」と言いながらも臨機応変にタクシーを捕まえちゃう、肩の力が抜けたところが好き。
    神仏への宮部さんなりの思いがサラリと書かれている点も、いいと思います。押しつけがましくなく、しかし、なるほどと思わされます。
    そして、一文がすごく長い箇所があちらこちら! それなのに、読みにくくない。わかりやすい。なんで? これが宮部さんの文章力なのかな。

  • 宮部みゆきのエッセイなんてはじめて読んだ。
    あとがきに、唯一の小説以外の本、と書かれていた。

    肩の力が抜けてさくさく読める良書。
    なんだか出かけてみたくなったなぁ。

  • まぁ何と申しましょうか、色物とでも申しましょうか・・・
    現代っ子なんですね、みゆきちゃん。あなたも、たまには息抜きが必要なんですね。又がんばれ。応援してるぞ。

全78件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

平成お徒歩日記 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

平成お徒歩日記 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

平成お徒歩日記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

平成お徒歩日記 (新潮文庫)の作品紹介

あるときは赤穂浪士のたどった道、またあるときは箱根越え、お伊勢参りに罪人引廻し、島流しルートも。暑さにも寒さにも原稿締切にも病にも負けず、ミヤベミユキはひたすら歩く歩く-。怪しき道づれたちと繰り広げる珍道中記を読むと、あ〜ら不思議、あなたも江戸時代へタイムスリップ。さあ、この本をポケットに、お江戸の旅へと出発しよう!楽しくてためになるおトクな一冊。

平成お徒歩日記 (新潮文庫)の単行本

平成お徒歩日記 (新潮文庫)の単行本

平成お徒歩日記 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする