ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)

  • 3292人登録
  • 4.02評価
    • (295)
    • (531)
    • (232)
    • (12)
    • (5)
  • 246レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2014年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (503ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369365

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごい。
    第一部「事件」というタイトルが今になってようやく(遅い)解った。
    長い長い序章だったんだ。戦いはこれから。
    そう、たぶん彼らは戦うんだろうと思う。
    自分達を無視して事件を進行させた全てと。

    それにしてもこの密度はなんなんだろう。
    どこまで行けばこんな文章が書けるんだろう。
    この物語を言語化することが出来る人が宮部みゆきさん以外に存在するのだろうか?
    読むのが辛い章もあったし、こわくて寝付けなかっりもした。
    この「事件」は本当に重くて、どうしても面白いと思えなかった。
    でも、読むことを止められない。
    いつもそうだ。
    宮部みゆきさんの小説は私をからめ取って離さない。
    今回はいろんな人に感情移入してしまった。
    どうしてこんなことになってしまうのかと頭を抱えた。
    何もかもが悪い方に向かっていくようで苦しかった。
    でも、第二部、第三部で彼らがどんな結論を出すのかが今はとても楽しみだ。
    誰も傷つかない結論なんてきっとない。
    もしかしたらもっともっと傷つくことになるかもしれない。
    それでもきっと逃げたり誤魔化したりしないでいてくれるはず。
    自分の望む形にねじ曲げたりしないはず。

    どうしたらいいかなんて意味のない問いだ。
    模範解答があるわけじゃないから。
    結局は誰が事をリードするかにかかっていて、その人にとって無難な結論におさまることになる。
    じゃあ、いろんな人が手を伸ばしたら?
    あっちこっちに引っ張ってぼろぼろになってしまったら?
    それが大事な日常だったら?
    戦う決断をさせたのは怒りなんだろうと思う。
    やっぱり楽しい話ではない。
    でも、すごく大切なテーマだと思う。
    だってこの混沌の中で生きなくちゃいけないから。

  •  HBSの報道番組に届いた告発状。それは様々な疑心暗鬼と悪意を生み、学校全体を混乱に陥れる。そして悲劇は連鎖していき…

     告発状がテレビ局に届いてからの経過、というものの描き方が見事です! 学校側の判断が間違っていたとは言い難いのに、事態が悪い方、悪い方に転がっていくのが非常にリアルでした。

     野田健一のエピソードもものすごく読みごたえがありました。これだけで一本の長編にできそうなのに、それを一個の作品内にまとめてしまうあたりも宮部さんのすごさを感じます。
    それだけ濃いエピソードが挟まれるのに話の軸がぶれたように感じさせないのもさすがです!

     これで第1部を読み終えたわけですが、読み終えて思い出したのは同じく宮部さんが書いた『模倣犯』です。

     なぜかというと『模倣犯』は連続殺人から生まれた、『ソロモンの偽証』では自殺と告発状によって生まれた、人々の感情とうねり、そうしたものをそれぞれの事件の経過以上に濃密に描き切ろう、
    そういう宮部さんの気概が読んでいて伝わってくるからです。

     そして、もう一つこの二つの作品が似ているな、と感じたのは、事件の収束自体は早い段階でだいたいめどがついてしまうのに、
    その事件の当事者たちにとっては、なにも終わっていない、ということを描いている点だと思います。

    『模倣犯』の場合は一巻で犯人グループらしき二人の死でマスコミ的にも警察的にも事件は終わってしまい、
    『ソロモンの偽証』の場合は第1部の下巻で学校の無理やり気味の記者会見と自殺という警察の見解で事件は対外的には収束します。

     でも、そんな幕引きじゃ納得できないのが当事者たちです。結局自殺の理由も、告発状の真偽も、その後に起こった数々の事件の真相も、何も解決されないまま。
    そしてこの事件の中心で関わることになってしまった藤野涼子はある決断をします。

     第1部では上下巻合わせおよそ1000ページ費やされているのですが、涼子の決断の重さやその決断に至る過程というものを考えてみると、
    第1部でこれだけのページを費やしたことは冗長なんかではなく、必要だったから、ということが分かります。

     第3部の発売は確か10月末か11月の始めなんですよね。早く第2部を読みたいところですが、それだと2部を読み終えてから3部発売までが待ちきれなくなりそうで、

    2部を今すぐ読んで3部を待つか、3部の発売直前まで待って2部・3部を一気に読むか、今究極の選択を強いられています(苦笑)

    2013年版このミステリーがすごい!2位
    2013年本屋大賞7位 

  • 何度も同じ話の繰り返しで・・・
    と思いつつも読んでしまった。
    間に少しずつ一人一人の
    人生や抱えている問題などが
    紹介されるのでついつい
    先が気になってしまう。

    藤野家は唯一理想的な家庭で
    両親も常識的で・・・と
    思えるが、これもどこで
    どんでん返しが来るのか?

  • すっかり罠にはまってしまい、一駅の乗り換えでも本を開いてしまうように…
    結果、出張中だというのに、もう1冊を買いに東京堂へ行ってしまった。
    単行本の時は、ここまででしばらく待たされたはず。
    そうだとしたら読めなかったな。さ、3巻へゴー!
    2015/7/30読了

  • いやー、2巻になってだいぶ動いた……。
    そして、めっちゃむかつく人間が何人か出てきます(笑)
    校長先生はかわいそう……

    各人の思い込みなり、正しいと思ってることが絡み合ってめっちゃややこしくなってきたー。
    そして、ぐいぐい引き込まれたのでページ数の割にすぐ読めた。

    もう3巻以降まとめて買っとこうかな。

  • さくさく読めて、この巻、展開に夢中になって一気に読んでしまった。
    なんでしょう、この読みやすさは。
    でも、子ども(中二)たちが中心の話とは知らなかった。ミステリなのは知ってるけど、具体的にどういう話か知らずに読みはじめていて。この巻の展開にはちょっとショックを受けた。

    ときどき、言葉が古めかしいような気もするんだけど。わざと? 若い人が読んだらどう思うのかな。

  • 面白い!!
    これは面白い!!
    噂にたがわぬ面白さ!!

    こんなにのめり込んで読む本は久しぶりです。
    何以来だろ?
    宮部みゆきさんでは「模倣犯」も夢中で読みましたね。

    文庫2冊も読んだのに、まだ事件が幕を開けたばかりという印象。それなのにこの読み止まらなさはなんなのでしょう。私は登場人物が多いのは苦手なのですが、これも結構次々に登場人物が出てきます。でも全然混乱しない、すっと誰が誰だか入ってきます。さすがは宮部さん、この読み易さは職人技です。

  • ベテランが本気出したら敵わないな。もう、なんだこれ。すごすぎる。

    これだけの長編で序章で一切の無駄がない。だれることなく、これから凄いことになる気しかしない。

    柏木卓也は本当に自殺だったのか?
    電話ボックスで彼は誰と話していたのか?
    藤野涼子はどうするのか?
    三宅樹里はどうなってしまうのか?
    モリリンと垣内のその後…
    そして謎の少年…柏木卓也と塾が一緒だったというあの子は誰?

    文庫化待ってた甲斐ありました。というか、単行本買うべきだったなー。

  • 色々な人の思惑と不幸な偶然が重なって、事態は思わぬ方に転がって行く。
    真相がどうであるかよりも、この事故や事件の落ち着く先が気になる点は、ミステリーというよりサスペンス。

  • 映画では表現できていなかった問題生徒の微妙な力関係の変化が書いてあり、深みを感じた。
    一方、三宅樹里はなぜ、いじめられたことを親に相談しないのかなと疑問に感じた。

全246件中 1 - 10件を表示

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)に関連するまとめ

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)の作品紹介

もう一度、事件を調べてください。柏木君を突き落としたのは――。告発状を報じたHBSの報道番組は、厄災の箱を開いた。止まぬ疑心暗鬼。連鎖する悪意。そして、同級生がまた一人、命を落とす。拡大する事件を前に、術なく屈していく大人達に対し、捜査一課の刑事を父に持つ藤野涼子は、級友の死の真相を知るため、ある決断を下す。それは「学校内裁判」という伝説の始まりだった。

ツイートする