荒神 (新潮文庫)

  • 257人登録
  • 4.04評価
    • (7)
    • (10)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2017年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (685ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369419

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

荒神 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 一言で素晴らしかった。本好きで良かったと思うのは、こうした作品に出会えるからである。
    物語自体、飛び抜けて斬新なものではない。しかし、ひとつひとつの背景が綿密で、散らばった伏線が余韻を残しながら、回収されていくのである。この心地よさと驚きにまして、宮部みゆきならではの人物の豊かさと表情が物語に温かみをまとわりつかせる。時代小説家にはかけない、時代小説に思う。読めてよかった。そう思う。

  • 怪物の怖さも人間の狂気の描き方も、風景・情景を想像させるところも相変わらず上手い。
    導入からクライマックス、オチの付け方。
    どこを切り取っても「宮部みゆき」で安心して読めました。

    好きな話か、というとそれはまた別なので星4つ。。。

    でも、これを100分のドラマにするのは絶対無理があると思うんだけどなー。
    内田有紀&平岳大の兄妹はいいとして。
    しょぼいCGとかにしないでねー!
    原作を読んでないと理解できないような内容にしないでね。と勝手に心配してみたりする。

  • 時代小説とSF小説の中間ではなく、2つの合計としての小説

  • 宮部みゆきは一体いつまで面白いのかしら。
    キャラの魅力。

  • 巻末解説は、「シン・ゴジラ」などをてがける特撮監督の樋口真嗣。おや、NHK実写ドラマ化はこのひとが? と思ったのだけれど…読んでいくと、そうでもなさそうな…実写化の話を知らずに妄想しているのか、知ってて釘を差しているのか?

  • 良くも悪くも宮部節全開の、安心して読める娯楽時代小説、というかモンスターパニックもの。ミステリー的要素もそこそこ強い。もっと重厚で、おどろおどろしく、ひねりの効いた内容を期待していたが…オーソドックスなまとめ方にちょっと拍子抜け。“騒々しい”後半より、怪物が姿を現すまでの前半の方が、流れがスムーズで緊張感もあって楽しめた。実写ドラマ化は、不安。

  • 息つく間もなく読み終えました。

    東北の2つの小藩にまたがる、とある悲劇が生み出した災い。
    村が襲われたという1つの事実から、次々と視点を移しだんだんと怪物の正体が明らかになっていく様は、言いようのない恐怖ではあったものの心を掴んで離してくれませんでした。

    特撮、時代物、ヒューマンドラマ…等、見る方によって、いろいろな見方ができるお話だなと思いました。

    実際ドラマ化もされるようで、解説は特撮映画監督の樋口真嗣さんと言う方が執筆されています。
    どんな風になるのか楽しみです。

  • 宮部みゆきの時代小説。小藩どうしの争いと怪物を巡る悲劇。

    正体不明な怪物が徐々にその姿と狂暴さを現していく様。訳もわからずひとが無惨に死んでいく様は恐怖の一言でした。

    いつの時代も権力者に苦しめられるのは名もなきひとたち。オカルト的な感じもするけれど、ひとがサヨナラをしていく瞬間と言うのはやっぱり、さみしいですね。

  • ドラマ化は聞いていましたが、特撮ものになる内容とは知らず驚き。文庫の解説は樋口真嗣さん。なるほど。

    百足が良い仕事してましたね。

  • 時は元禄、東北の小藩の山村が、一夜にして壊滅した。隣り合い、いがみ合う二藩の思惑が交錯する地で起きた厄災。永津野藩主の側近を務める曽谷弾正の妹・朱音は、村から逃げ延びた少年を助けるが、語られた真相は想像を絶するものだった…。太平の世にあっても常に争いの火種を抱える人びと。その人間が生み出した「悪」に対し、民草はいかに立ち向かうのか。

  • 恐ろしくて、悲しくて、切ない物語。
    現代を舞台とせず、江戸時代を舞台にしたことで、人間の醜さ、無力さ、弱さ、そして強さがより際立ったように思う。読みごたえのある作品だった。

全12件中 1 - 12件を表示

荒神 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

荒神 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする