荒神 (新潮文庫)

  • 519人登録
  • 3.85評価
    • (31)
    • (56)
    • (37)
    • (7)
    • (0)
  • 64レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2017年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (685ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101369419

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
上橋 菜穂子
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

荒神 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに、『物語』を読んだ!、という読後の充足感に浸ることができた。
    時は元禄、相争う永津野藩と香山藩、それぞれの藩の人物たち、謎を思わせる客人、九死に一生を得た村の少年、そしてなにより前代未聞ともいえる怪物。『物語』の面白さ、楽しさに満ち溢れ、著者の類を見ない想像力と創造力が編み出した時代小説の傑作。
    この物語での出来事を、東日本大震災になぞらえることもできるし、「呪詛のちからでつくられた」という怪物を原発と見做すこともできよう。
    「よかれと思い、より良き明日を望んで日々を生きる我々が、その望み故に二度と同じ間違いをせぬように、心弱い私こそが、しっかりと覚えておかなければならない」
    終盤、語られるこの言葉は、東日本大震災を踏まえた、著者からのメッセージではないだろうか。
    いろいろな読み方もできるこの小説、やはり宮部みゆき嬢は類稀なストーリテラーと称賛したい。

  • 今年夏の宮部みゆきはコレ。まさかの怪獣小説でした。発表は、「シン・ゴジラ」よりも2年早いので、原発事故を怪獣に代えるのは、宮部みゆきが最初ということになろうか。解説において「シン・ゴジラ」の特殊撮影監督の樋口真嗣さんがつくり手として映画化を挙手しています。どころが、帯にはそれとは別方面なのか、「NHKドラマ化決定!」の文字が。悪い予感しかしないのですが。

    宮部みゆきはつくづくスティーブン・キングの愛弟子だと思う。現代サスペンス、SFから時代小説、ホラーをエンタメとして仕上げて秀逸。そしてそれらを我々に提示する時に、最も判りやすいのが「怪物」小説だ。キングも確か同じようなモノを書いていたような気がする。

    ともかく、今迄見たこともない怪物を描いて、なおかつ怖い楽しい興味深い、宮部エンタメの極致だろう。

    ともかく、宮部の怪獣(神)は、人間が関わり、それをつくった人々が居なくなる頃に、忘れた頃にやって来て、大きな厄災を起こす。つくった者にとって敵側にも、つくった者にとっても、厄災がやってくる、ということでは原発事故に似ているし、人間というモノの業を写しているとも言えるだろう。それを防ごうとする人たちと、それを利用しようとする人たちと。恨みは形となって、人々を襲うだろう。

    2017年7月17日読了

  • 宮部みゆきさんがホラー好きなのは存じ上げていましたが、まさかこの類のホラーを書かれるとは思いませんでした。

    まだ寒さが残る春先の夜、山中の深い森を必死に走るひとりの子供の描写から始まった話は、その子供の故郷である村の謎の消滅を皮切りに、山という、平地とは異なる畏怖すべき場所を舞台に、不気味で不可思議で不安と怖気がじわりじわりと増してくるエピソードを重ね、ついに圧倒的な恐怖が正体を現します。

    その恐怖と人間との戦いを主軸にしつつ、宮部さん、それだけでは終わらせません。

    クライマックスで明かされる恐怖の発端の真相、ラスト近くに語られる一つの推測、自分自身もそうである人間というものに対して、いろんな感情が込み上げてきて、ただただ「うーん」と唸るしかありませんでした。

    ほんま上手いなぁ。

  • 【読間】
    9分の5くらい時点。
    「霊験お初」と「ぼんくら」シリーズの合いの子くらいの、時代劇サスペンスを予想して手に取ったのだけれど・・・

    ところがどっこい、パニックホラーというか、怪獣映画というか・・・・な展開に、口があんぐりと開きっぱなし気味に。それでいて、目が離せないくらいに物語に引き込まれている。このまま一気に最後まで読まねば。

    ※舞台が、故郷の近く♪


    【読了】
    一気読み・・・ではなかったけれど、心のハマり具合はそれに準じるくらいに、面白く読み終えた。

    実は香山藩側の陰謀も何やらかにやらうごめいていたらしい、というのはまあ、よしとしようか。ただし、「伊吉」の正体はもう少しだけでも明かして欲しかったな・・・。

    主人公(?)達の語らいでは「公儀の隠密」となっていたが、クライマックス場面で彼が自ら名乗ったところでは、「北の・・・・・」という描写があった。江戸の指名で動くなら「北の」の冠はそぐわない!!!!!

    それとも、続編があるのか?
    キャラが立ってる登場人物も幾人かおり、上記のように謎を残した者もいるし、続編作ろうと思えば作れなくもなさそう・・・・。


    ★4つ、9ポイント。
    2017.09.25.新。


    ※ついでに、「霊験お初」の続篇も、読みたいな・・・・と。宮部さん・・・・・。

  • 一言で素晴らしかった。本好きで良かったと思うのは、こうした作品に出会えるからである。
    物語自体、飛び抜けて斬新なものではない。しかし、ひとつひとつの背景が綿密で、散らばった伏線が余韻を残しながら、回収されていくのである。この心地よさと驚きにまして、宮部みゆきならではの人物の豊かさと表情が物語に温かみをまとわりつかせる。時代小説家にはかけない、時代小説に思う。読めてよかった。そう思う。

  • 怪物の怖さも人間の狂気の描き方も、風景・情景を想像させるところも相変わらず上手い。
    導入からクライマックス、オチの付け方。
    どこを切り取っても「宮部みゆき」で安心して読めました。

    好きな話か、というとそれはまた別なので星4つ。。。

    でも、これを100分のドラマにするのは絶対無理があると思うんだけどなー。
    内田有紀&平岳大の兄妹はいいとして。
    しょぼいCGとかにしないでねー!
    原作を読んでないと理解できないような内容にしないでね。と勝手に心配してみたりする。

  • 宮部みゆきは一体いつまで面白いのかしら。
    キャラの魅力。

  • 良くも悪くも宮部節全開の、安心して読める娯楽時代小説、というかモンスターパニックもの。ミステリー的要素もそこそこ強い。もっと重厚で、おどろおどろしく、ひねりの効いた内容を期待していたが…オーソドックスなまとめ方にちょっと拍子抜け。“騒々しい”後半より、怪物が姿を現すまでの前半の方が、流れがスムーズで緊張感もあって楽しめた。実写ドラマ化は、不安。

  • 息つく間もなく読み終えました。

    東北の2つの小藩にまたがる、とある悲劇が生み出した災い。
    村が襲われたという1つの事実から、次々と視点を移しだんだんと怪物の正体が明らかになっていく様は、言いようのない恐怖ではあったものの心を掴んで離してくれませんでした。

    特撮、時代物、ヒューマンドラマ…等、見る方によって、いろいろな見方ができるお話だなと思いました。

    実際ドラマ化もされるようで、解説は特撮映画監督の樋口真嗣さんと言う方が執筆されています。
    どんな風になるのか楽しみです。

  • 時代劇ファンタジー?
    ジャンルがいまいち分からないけど、宮部みゆきさんの時代物は一度読んでみたいと思っていました。
    沢山ありすぎるのでどこから手をつけて良いのかわからない・・・とずっと悩んでいたのですが、本屋さんで平積みになっていて帯に「ドラマ化」とあったので、じゃぁ、その前に読もうと手に取りました。

    最初は時代用語がさっぱりわからなくて、なかなかその中に入っていけなかったのですが、だんだん分かってくるとこれが面白い!ってなるんですよね~

    登場人物は、それぞれに魅力的で敵対している山を挟んだ隣村の人たち。その人たちのそれぞれの想いと、山から現れた怪物へ立ち向かう姿。
    仏のような朱音の美しさと悲哀・・・。
    どれも魅力的で後半は、ぐいぐい読み進めました。

    ただラストがなんだかちょっと物足りないというかあっけないというか・・・結構引っ張られたので自分の中で想像が膨らみ過ぎてそれを超えてはくれなかったっていう感じです。

    時代物ファンタジーをどう読んだら良いのか悩みつつの読了となりましたが、また是非チャレンジしたいと想います。

全64件中 1 - 10件を表示

荒神 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

荒神 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする