帰還―古着屋総兵衛影始末〈11〉 (新潮文庫)

  • 94人登録
  • 3.59評価
    • (2)
    • (10)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 新潮社 (2011年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101380452

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

帰還―古着屋総兵衛影始末〈11〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 11巻も続いたが、終焉は唐突。宿敵柳沢吉保死去で、総兵衛は何をなすことなく、あっさり18年後の死を迎える。雑な作り込みながら楽しめた。2015.1.24

  • 最終巻にやっと入った古着屋総兵衛始末。
    前巻では総兵衛とソヒの浮気とかいろんなことがあったけど
    最終巻は日本への帰還。
    沖縄、首里での商売とそこで待つ新之助おきぬ夫婦との再会
    そして江戸の拠点、大黒屋の今後。
    いつまでもしつこかった大老柳沢吉保との最後の戦い。
    やっとここで終わるのかと思いきや、まさかの新古着屋総兵衛があるという
    次作に続く!みたいな流れ。
    五代将軍徳川綱吉の死去の後、柳沢吉保の勢いも落ちて
    あぁやっと平和に終わるのかと思いきやそうではなかったと。
    100年の呪いとはいかに!みたいな。
    しかし総兵衛は最後までいい男だ。
    この男なら確かに抱かれてもいいレベル。

  • 面白かったので、新シリーズを早く読みたい。

  • シリーズが終わったぁ。
    寂しいけど、百年の怨念とか怖いなぁ。

  • 確かに面白いシリーズであった
    最終巻は次への伏線が入っている

    主人公はもとより、仲間たちの活躍が楽しい
    この者達がまた、血筋として繋がった物語を展開してほしいものだ

    それにしても、時代小説で海戦の話を読むことになろうとは思わなかったな

  • おきぬはとてもいい女性だ。帰還後の総兵衛の一連の采配はいまいち腑に落ちない。物語ももっと続けられた感じがする。

全6件中 1 - 6件を表示

帰還―古着屋総兵衛影始末〈11〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

帰還―古着屋総兵衛影始末〈11〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帰還―古着屋総兵衛影始末〈11〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

帰還―古着屋総兵衛影始末〈11〉 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする