すえずえ (新潮文庫)

  • 383人登録
  • 3.88評価
    • (26)
    • (63)
    • (34)
    • (2)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 畠中恵
  • 新潮社 (2016年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101461342

すえずえ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貧乏神のエピソードがわりと好きかも。
    和菓子が相変わらずな栄吉さんと体調が相変わらずな若旦那に許嫁ができるとはねぇ…。
    うっかりさっくりあの世に行かずにがんばってほしいです若旦那!

  • いつもながら、やなりたちが本当にかわいいので数匹ならほしきなと思います


    仁吉さんが若だんなを待ち続けると決意したのは実はすごいことなのでは?と思ったけれど、おぎんさんが伊三郎さんと結婚した時点で気持ちに整理をつけたということなのかな。
    文庫で読み進めているので今回初読、許嫁も含めて、嬉しい展開で安心した。

  • 「寛朝の明日」で、場久の夢を使っての謎解き。安楽椅子探偵ではなく、お布団探偵となる一太郎。なんでもありですね。
    文庫版ならではの、おまけの対談も面白かったです。

  • 裏切らない安定感。『鹿の王』で疲れて、これを読みたくなった。なんにも変わらないけど、それがいい。このシリーズの魅力をここへ来て認識しました。
    しかも今回は、シリーズ長期化の環境が整った!?
    また心が疲れたら、買い求めそうです。

  • 2014.7、栄吉の来年、寛朝の明日、おたえのとこしえ、仁吉と佐助の千年、妖達の来月。妖達と遊べる許嫁の於りんちゃん。

    楽しい時にも終わりが来る。すえずえと言うと永遠のようだけれど、未来を考える時間スケールの違いが際立つ。

  • 「江戸を舞台にしたファンタジー小説」という新しいジャンルを提示してくれた、畠中恵。
    その『しゃばけ』シリーズ、第13弾の文庫版です。
    年一作品のペースで発表、文庫化されているので、ここ何年かは、このシリーズを読むことが自分自身の年中行事のようになっています。
    江戸の通町にある廻船問屋兼薬種問屋の大店、長崎屋。
    その一人息子である「若だんな」が、今回も主人公です。
    病弱ですぐに寝込んでしまう。
    そんな体質なので、両親も「無理をしないように」と甘やかし、二人の男を世話係の”兄や”として、面倒を見させている。
    しかし実は、若だんなの祖母はその世界では広く知られた、妖(あやかし)界の大物。
    兄やたちも、力の強い妖。
    そのせいもあってか、さまざまな妖たちが若だんなのまわりに集まっている・・・という設定。
    そんな若だんなの近辺で起こる騒動と、その騒動に若だんなたちがどのように対処していくかが、4つの連作短編の形で、描かれています。
    全体を通じてのテーマは、「変化」。
    4作品それぞれの題名には、明日、来年など、時に関する言葉がつけられています。
    両親や兄やたちに守られて、妖たちと仲良く暮らしたい。
    そのような日々を願う若だんなですが、幼なじみの縁談話、さらには自分自身への縁談申込殺到と、「変わらなければいけない」状況が次々とやってきます。
    それらに悩み、対処していく若だんなの姿を読むにつれて、読者も「変わらなければならないのだ」と考えるような内容になっています。
    パターンを守りながらも、変化をつける。
    このシリーズが長く、そして多くの読者に応援されている理由のひとつになっているのかなと、感じました。
    今回の内容を受けてどのように今後、展開していくのか。
    次の作品の文庫化を、楽しみに待ちたいと思います。

  •  このシリーズも最終回が近いのかしら?と思わせるお話が続きます。若だんなの許嫁はやはりと言おうかなんと言おうか、しかし今後どんでん返しがあるかもなぁ……などとも考えつつ、いつもどおり、のんびりゆうるり読める一冊でした。

  • シリーズを通して読んでるので手に取った
    5編からなる短編で構成されるシリーズ13弾

    正直惰性で読んでるシリーズではあったのだが、
    今巻は素直に楽しめた
    若旦那と妖達の今後の関わり方にも触れられていて、
    シリーズの転換点になる巻だったのではないかと思う

    シリーズ物の難しさで、
    進まないとマンネリするし、下手に進むと魅力がなくなる
    この辺のバランスがうまい巻だなと思った

  • ついに若旦那に縁談の話が……! 個人的に若旦那とご縁があればいいなと思っていた人物に白羽の矢が立ったのでガッツポーズ! 栄吉さんもたくさん出てくれて栄吉さんファンの私には楽しい一冊でした。
    どのお話も印象的で好きなのですが、とり立てて猫の踊りが出てくるお話が大好きです。
    (猫絵十兵衛でも猫又の踊りでは手ぬぐいが必須だとお話にあったなぁと、手ぬぐいをつけて踊る猫達がつぶさに浮かんでほっこり)
    ミュージカルはどんな様子だったのかな。気になります!

  • 長崎屋のお金持ちっぷりが発揮されてる。相変わらず病弱な若だんなではあるけれど、頼もしいところが増えている気がする。

全41件中 1 - 10件を表示

畠中恵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

すえずえ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すえずえ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すえずえ (新潮文庫)の作品紹介

若だんなの許嫁が、ついに決まる!? 幼なじみの栄吉の恋に、長崎屋の危機……騒動を経て次第に将来を意識しはじめる若だんな。そんな中、仁吉と佐助は、若だんなの嫁取りを心配した祖母のおぎん様から重大な決断を迫られる。千年以上生きる妖に比べ、人の寿命は短い。ずっと一緒にいるために皆が出した結論は。謎解きもたっぷり、一太郎と妖たちの新たな未来が開けるシリーズ第13弾。

ツイートする