偽りの街 (新潮文庫)

  • 57人登録
  • 3.21評価
    • (0)
    • (4)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Philip Kerr  東江 一紀 
  • 新潮社 (1992年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784102380017

偽りの街 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 二重の伏線が有る。

    素晴らしいミステリー!

  • 紹介:ミステリマガジン 2011年12月 P.198
    シリーズ第4弾が紹介

全2件中 1 - 2件を表示

フィリップ・カーの作品

偽りの街 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

偽りの街 (新潮文庫)の作品紹介

1936年、ベルリン。オリンピックを間近に控えながらも、ナチ党の独裁に屈し、ユダヤ人への迫害が始まったこの街で、失踪人探しを仕事にするグンターに、鉄鋼王ジクスから調査の依頼が舞い込んだ。ジクスの一人娘とその夫が殺され、高価な首飾りが盗まれたという。グンターはナチ党政府高官だった娘婿の身近を洗い始めるが…。破局の予感に震える街を舞台に描く傑作ハードボイルド。

ツイートする