烈風のレクイエム

  • 74人登録
  • 3.96評価
    • (7)
    • (13)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 熊谷達也
  • 新潮社 (2013年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103001539

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
池井戸 潤
池井戸 潤
高野 和明
三浦 しをん
三浦 しをん
奥田 英朗
百田 尚樹
吉田 修一
山田 宗樹
桜木 紫乃
東山 彰良
横山 秀夫
三浦 しをん
熊谷 達也
伊坂 幸太郎
吉田 修一
三浦 しをん
長岡 弘樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

烈風のレクイエムの感想・レビュー・書評

  • 「ウェンカムイの爪」でデビューした熊谷達也さん、マタギ3部作や「はぐれ鷹」「銀狼王」などの動物もの、「リアスの子」「微睡みの海」などの3.11を題材にした仙河海(せんがうみ)シリーズ、最近読んだ岩手・宮城内陸地震を題材にした「光降る丘」、そして今回読んだ「烈風のレクイエム」(函館の大火、青函連絡船宗谷丸座礁を題材)どれも素晴らしいですね。読み応えがあって、魂を揺さぶられます!「烈風のレクイエム」、夫婦の絆、親子の絆、人と人との運命の巡り合わせ・・・、感動の大作です!2013.2発行。

  • 昭和初期から戦後までの函館において、大火災や大空襲そして海難事故に次々に遭遇する主人公。
    その生き様を通じて、作者の東日本大震災への鎮魂の想いが伝わってきました。

  • 海の男の再生と鎮魂の感動巨編5☆。昭和初 期の暗く厳しい時代の函館が舞台。函館大火 災、空襲そして青函連絡船沈没など運命に弄 ばれる主人公泊啓介。家族との永遠の別れそ して出会いを経て厳しい現実に決して屈せず 強く静かに生きる。メッセージは”人の 絆”か。人生の苦難や嵐を乗り越えていくほ ど、より一層太くて強固な絆が紡がれる。最 後は希望の光で照らされる運命的で奇跡的な 再会に心が深く揺さぶられます。

  • 2013/6/26
    読みやすい。ただ、話がうまくいきすぎてるところや先がよめるところがいくつかあった。

  • 図書館の新書コーナーから。『光降る丘』を以前借りたが期限が来て返してしまった。偶然のいたずらか、手にとった本が同じ作者だった。
    函館で起こった3つの悲劇のすべてに遭遇した泊敬介の話。函館大火災では妻子を亡くし、函館大空襲では大怪我を負い、洞爺丸沈没では奇跡の生還を果たす。
    この本で災害小説というジャンルも好きになりそう。

  • 良かった。話の作りがイイ。

  •  函館には並々ならぬ思い入れがある。宮城生まれ・宮城在住の作家・熊谷達也が、函館の小説を敢えて書く動機とは何だろう。ぼくはそんなことばかり考える。この小説は函館の街と函館の海を描いた大作である。函館を見舞った三つの大惨事、昭和9年の大火、昭和20年の大空襲、昭和29年の洞爺丸沈没のすべてに遭遇してしまった男・泊啓介の人生の物語でありながら、海と惨事を通して家族の絆を確かめ合うヒューマンなビルディングス・ロマンでもある。

     何よりもこれら惨事を繋ぐ永い時代、これら惨事の臨場感、そして家族の悲劇や葛藤などを、骨惜しみすることなく辿ったこの作家のペン先の耐久力に拍手したい気持ちでいっぱいである。これらが史実であるからには、それなりの考証が必要であったろう。史実を臨場感というかたちで惨事の内側から描くには、空間的実感を検証せねばならなかっただろう。朝夕に、地図と睨み合っただろう。迫る焔、銃弾に貫かれる痛み、水底の水圧などなど、本書では体感に近い描写が多い。それらの想像力を丹念に羽ばたかせたことだろう。

     函館が主人公であるとともに、三つの惨事こそが本書の主役である。泊啓介の人生は、三つのエポックによって成り立っている。惨事そのものの、微に入り細に至る描写こそ、この本の密度を生み出す活性燃料である。読者は泊啓介と一緒に、その時代、その場所に立ちどまり、全力疾走し、苦しさに喘ぐことになる。愛する者の呼ぶ声を、煙や、嵐の吠え声の向こうに聴くことになる。失われた人命の多さに比例するだけの、それぞれの悲劇に立ち会うことになる。

     そして、味わうことになる。その中で、残された命と命との絆の強さを。ぐいぐいと引き合う感触までも。握り合う掌の互いの温もりの大切さを。包容の強さを。叫び声の熱さを。

     熊谷達也という作家は甘い作家ではない。甘ったるい作風は全く似合わない作家だと言ってよい。函館、というより渡島半島の山中を舞台にした現代の羆狩り小説『ウエンカムイの爪』でデビューしたこの作家は、徹底して大自然と向き合ってきた作家である。大自然の一部のように人間を、その強靭さを描いてきた作家である。都会育ちでは考え得ないような、大地、森、海からの声に耳を傾けてきたその作家の心は、やはりこの書でも海の風をよくよく聴いたのだ。

     ちなみに、ラストシーンに登場する三陸沿岸の種市の海は、ぼくの父の生まれ育ったところだ。父はその後、函館に移り住み、そこで兵役に取られる直前までの青春時代を送った。その子であるぼくは、ある時期の数年間、その函館に通い、広大な渡島・桧山地域を走り回る仕事に従事した。いやでも父との縁を感じた。だからこそ、たまたま偶然とは言い切れない縁(えにし)のようなものを、ぼくはこの作品にも感じてやまないのだ。

  • 久々に読む熊谷作品でした。

    読み応えあり、感動ありなのですが、ちょっとなぁ・・・もあり。
    最後のあれはあまりに都合よくありすぎませんかねェ。
    「運命」「絆」を強調したかったのかもしれないけれど、あそこまでだと返ってシラけてしまう。

  • ☆5つ!

    久しぶりに熊谷さんのクマ物語以外で感動の作品に出会った。

    クマこそ出ては来ないけど、海と船と潜水と人のきづなを描いた感動の物語だと思うです。

    みなさま、この作品はちょっとおすすめですよぉ。

  • 人と人との絆をより強く結びつけるのは人生の苦難だ。そしてそれを維持するのは人の努力。それを怠れば直ぐにほどける。

全10件中 1 - 10件を表示

烈風のレクイエムを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

烈風のレクイエムを本棚に「積読」で登録しているひと

烈風のレクイエムの作品紹介

函館-わずか二十年で三度も悲劇に見舞われた町。昭和9年春・函館大火災、昭和20年夏・函館大空襲、昭和29年秋・青函連絡船「洞爺丸」沈没。そのすべてに遭遇してしまった男-泊敬介。運命はこの男を何度突き落とせば気が済むのか-。海の男の生還と鎮魂のドラマ。再生と矜持の感動巨編。

烈風のレクイエムはこんな本です

ツイートする