人生の親戚

  • 42人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 大江健三郎
  • 新潮社 (1989年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103036128

人生の親戚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大江健三郎さんの著書を初めて読んだ。
    これも、河合隼雄さんのお薦めから。
    お薦めの理由は覚えていない。
    ただ、二人の子供が一緒に崖から飛び降りて自殺した母親が主人公という点に興味があった。

    その人、まり恵さんの人生を、大江さんも登場しながら、描いている。

    僕自身は、この著書から、新しい何かを得ることはできなかったし、強い共感をおぼえることもなかった。

    でも、だからこそ、大江さんの別の作品を読んでみようと思った。

  • 気高い人とは、必ず何かを背負っている人なのかなと。

    魂と肉体の分離、についてのくだりも印象的だった。両者が一体化しているときもあるし、分離しているときもある。本書で述べられていたように、男女でも異なる。どちらが望ましい状態なのだろう。

  • 一章より十一章まで、新潮、1989-1。「後記にかえて」は「マッチョの日系人」として、文学界、1989-3

  • ひと言で言えば、「喪失と再生の物語」。
    なんて言うとムラカミハルキのようですがどっこい!!

    失意のどん底に落とされた人間が、どのようにして人生を全うするか。宗教に頼らない、というか八百万の神な信仰くらいしか根付いていない日本人を、しかも母を主人公に持ってくるところが新鮮です。
    まり恵さんは本当にストイックで、個人的な体験の主人公みたいに一次的な逃げすら許さないで崩壊寸前の自分を気合で繋ぎとめていたというか・・・。

    読み終わって色々考えてみると、よりこの本の凄さがじわじわ感じられてくる気がします。

    10.01.17

  • 異なる障害を持つ二人の息子を、
    彼らの自殺という形で失った母の話。

    そのことが起こった後は、
    向き合ったり逃れようとしたりと苦しみ続ける。
    母親としてこれほど苦しい人生はないだろうと思う。
    そこか逃れずに生きたまり恵さんの
    カラッとした表面と底がないほど深いと思われる心の闇を著者は描く。
    痛くて深い。

  • 文庫版あり

  • ここでの死別悲嘆は究極のもの。それをいかに乗り越えるかを深く徹底的に描く。宗教の信仰はあまり神に依存しない日本だからこそ逆に面白いテーマ。ただの再生の物語で終わらないのはさすがノーベル賞作家。

全8件中 1 - 8件を表示

大江健三郎の作品

人生の親戚を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人生の親戚を本棚に「積読」で登録しているひと

人生の親戚の作品紹介

異なる障害を抱えた息子たちが共に自殺する。…およそ堪えがたい人生の悲しみに直面した母親の、精神と肉体の苦闘。性的放縦、神への傾斜。知的で華やぎに満ちた一人の女性が、苦しみの果てにたどりついた地平。-作家歴30余年にして初めて女性を主人公に据え、その生涯を描いて魂の救いを探る、人生への励ましに満ちた画期的長篇。

人生の親戚はこんな本です

人生の親戚のKindle版

人生の親戚の文庫

ツイートする