神的批評

  • 98人登録
  • 4.00評価
    • (7)
    • (5)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 大澤信亮
  • 新潮社 (2010年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103278115

神的批評の感想・レビュー・書評

  • 北大路魯山人論が面白かった。
    とにかくこの人は、山川草木鳥獣虫魚の命を奪いながら生きている人間の必然的な暴力に自覚的であれ、と叫んでいるように思われる。
    ナイーブすぎるという感想もでてきそうだけれど、個人的にはとても共感できる。

  • 暴力に自覚的であれ。悩み抜け。
    気迫で書かれているものは気迫で読み解くしかない。

  • 我々現代人が、今、現に過ごしている社会をサバイブしていく際の課題―というか、目を背けがちになってしまっている事実―を、宮澤賢治・柄谷行人・柳田国男・北大路魯山人らの人物・作品評を通して、鮮やかに描き出していると思う。
    その主張というのは、じつはこの度、個人的にネットから離れたことによってみえてきた「それがもつ醜悪さ」と「でも!それでも尚!つながっていかなければならない!」という感情に大きくシンクロするものだったりして、まあ、とにかく大変感銘を受けた次第。というか、その感覚を補完するため「そういう風に読み説いた」可能性は全然あるわけだが。
    というわけで、具体的に何が書かれているのか――それをボクの言葉で要約してしまうのは、作者の意図するところでは無いはずなので(←重要)、まあ、とりあえずボンヤリ書いておくと――「メシを喰う時は自分も喰われる存在であることを常に意識しろ。そうすればおのずと喰うことに感謝するだろう。そして、それによってメシのホントの意味が見えてくる」といったカンジ。

  • 哲学にも文芸批評にも全く素養がないため、一週間弱で本書を読み終えられたのは奇跡に近い。具体的な筆者の議論には全く追いつけないけど、考えるということの気迫は十分伝わってきた。 仕事で考えるのは,ある実利的な目的を達成するためということが多くて、本質を追求する考え方って、思い返してみると全くしていないのかも。そういう気づきが一つの恐怖ではありますね。

  • 面白いという形容詞はこの一冊がまとう切実さには不謹慎か。“弱い者がさらに弱い者を叩く「循環小数の輪廻」”をはじめ、ここで提示されている問いは今を生きる全ての人にとっての問いであるはず。いずれにしても再読が必要、そしてカントの再読もしてみよう。

  • 宮澤賢治・柄谷行人・柳田国男・北大路魯山人の4人の作品について批評している。その内容は極めてエキサイティングだ。この批評を読むと上記4人の作品に再度、そしてもっと触れたくなる。

全7件中 1 - 7件を表示

神的批評を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神的批評の作品紹介

自己を問うこと。問われること。他者に開き続けること。開かれ続けること。思考を徹底化・無限化していくことで、人間はどこまで行けるだろうか-小林秀雄に始まる文芸批評の新鋭が、崇高への言葉を刻みつける。今この時代に私たちの生き方を問う、21世紀の批評は誕生する。

ツイートする