ルビンの壺が割れた

  • 170人登録
  • 2.90評価
    • (2)
    • (6)
    • (21)
    • (8)
    • (3)
  • 19レビュー
著者 : 宿野かほる
  • 新潮社 (2017年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103511618

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ルビンの壺が割れたの感想・レビュー・書評

  • たまたまFacebookでかつての恋人を見つけて思わずメールした。何かの理由で結婚式をエスケープした彼女と、30年の時を経て懐かしい話についてやりとりして…と思っているうちにどんどん不穏な方向へと転がっていく。
    決定的な「何」かを避けたままつづくやりとり。狂気の後出しじゃんけん。
    読みながら考えていたオチは、2人は解放病棟の入院患者。徐々に妄想が上塗りされていく、というのか、男が入院患者。本人は自覚なく二つのアカウントを持っていて一人でやりとりしている、というもの。
    違ったけど。

  • 1時間で読める。書簡の(facebookのメッセンジャーアプリ)やり取りのみでの進行なので、とても読みやすい。誰でも難なく読める。最後まで読んでから、もう一度読み返すと面白い。
    落語のような小説。中身の薄さに文庫になるまで待ちたかったが、ネタバレを目にしそうで買ってしまった。

  • 20170908 話題になってる本。間接的に知るより自分で読もうと思った。何を期待するかは読者の勝手なのであるが良く読者の心理をつかんでいると思う。そういう意味では期待通りだ。

  • 最後の1行がこの本のすべてだ。

  • 新潮社に突然送られてきた無名作家のすごい作品!という触れ込みで、出版前に特設サイトで全文公開し、キャッチコピーを募った異例の売り方で話題となった。

    「この小説、凄すぎてキャッチコピーが書けません。」
    というキャッチコピーに吸い寄せられてついつい本を買ってしまった私は、まんまと戦略にひっかったわけだ(笑)

    SNSを通して昔の彼女を見つけ、メールでやり取りするうちに、甘い郷愁漂う恋物語からだんだん暴露合戦になり、最終的には「なに?まともな人がひとりもいないじゃん!」てことになる、はちゃめちゃな話。

    キャッチコピーほど凄くはないけど、1時間程度ですっと読め、後を引かない、気楽な時間つぶしには最適だ。

  • ここまで極端で無いにしてもこういう中高年男性ってSNSでいそう、とは思った。

  • ある日突然届いた、元恋人からの手紙。
    手紙のやり取りを続ける先に、予想だにせぬ展開が。
    キャッチコピーや事前情報から、かなり警戒(期待)しながら読んでいた部分がありました。
    前情報なしに読んだ方が、面白いかと思いました。

  • 素直におもしろかったし、集中して一気に読むことができて、あっという間に1時間と少しで読めた!止めることができないくらいのおもしろさと、いろいろ何パターンか予想してたものと違う結末で、裏切られる形はすごく良かった。
    良かったけど、ずっと水面下でひやりとした探り合いのような展開から、最後急に紙をくしゃくしゃにして投げられたようなオチには少し唖然とさせられました。へ?って感じだった…もったいないような…
    どうせならもっと気持ち悪くて、もっと後を引くくらいのダメージを受けたかったなぁくらい。

  • もうすぐ読み終わるんだが。クソ本にしか感じられないんだが。いらいらしてあと少しが読み終えれない。
    と思っていたのだが。
    最後の1行!!めっちゃいい!
    二度と読まないし、人に勧めるかも悩むが、1000円なら納得。
    1時間で読めるというのも、帯も売り方がすごいうまいと思う。負けました。もう買いません笑

  • 新鮮であるが、残る不快感が、、

  • 読むのが遅い私でも一時間少しあれば読み終わる分量のあまり多くない、とっても読みやすい小説でした。


    facebookで三十年近く前に別れた恋人を見つけてメールを送った男と、躊躇いつつも返信をした女の往復書簡集。
    二人は大学の演劇部の先輩後輩として知り合い、次第に惹かれていき一度は結ばれるが……。
    と書くとロマンチックな恋愛小説なのかなと誤解されそうですが……そう思って読み始めると最後で大きく裏切られます。
    帯というか、表紙に書かれた文言(読んだ人に一言感想)の雰囲気でこれはミステリなのだなあと予想がついてしまったので
    「どんなどんでん返しが待っているのかな?」
    とワクワクして読んでいました。
    ラストがああいう終わり方だったのは、さすがに意外でしたし、最後のページに一言だけ書かれるように作ったのは上手い! と思いました。
    ただ身構えてしまっていたせいか、そこまで衝撃的な結末でもなく、また登場人物も良い人が誰もいないような感じで……。特殊な人々のドロドロした関係というか。
    それにラストの方の話の運びはちょっと唐突感がありました。
    表紙の文言はちょっと面白さを削ぐかもしれない。

  • 射程圏外すぎるオチでどーしたもんかと思ったけど、割と似た印象の感想が多かったので安心しました。
    最後の文章も驚いたけど、文体を変えるのは小説としては興醒めです。

  • 読み進めるごとに新しい事実が。色濃い内容で印象に残るように書いているのかな。さっと読めましたけど、キャッチコピーを募集したり、宣伝がオーバーだなあ。

  • 売り方が上手かったです、内容は後だしジャンケン感がね

  • 一通ごとに深まっていく往復書簡。
    重ねるごとに景色が変わる。

  • 150ページくらいだからサッと読める。
    個人的には好きな感じ。
    ただ、帯の絶賛コメントがくどい。

  • おもしろいんだけど、絶賛という煽り文句で読んだので...

全19件中 1 - 19件を表示

ルビンの壺が割れたを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ルビンの壺が割れたを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルビンの壺が割れたを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルビンの壺が割れたを本棚に「積読」で登録しているひと

ルビンの壺が割れたはこんな本です

ルビンの壺が割れたのKindle版

ツイートする