後宮小説

  • 299人登録
  • 3.80評価
    • (50)
    • (39)
    • (66)
    • (5)
    • (2)
  • 46レビュー
著者 : 酒見賢一
  • 新潮社 (1989年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784103751014

後宮小説の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第1回目のファンタジーノベル大賞受賞作ということで、以前から気になっていた作品です。

    歴史書を引きながら、後世の筆者(小説家なのか、はたまた学者なのか…?)が素乾国最後の後宮について綴っています。
    後に正妃となる銀河という少女を追いながらストーリーが進んでいくのですが、痛快なのはそのすべてがフィクションであること。
    歴史書やその著者についての説明がとても本物らしいため、だんだんとこの本の中にあったようなことがどこかの国の歴史の教科書に載っているような気持ちにさせられます。

    また、宮女になるための哲学と技を教える後宮教育についての描写もあるのですが、なんだか全然いやらしくないのは、筆者の淡々として、少々堅苦しいくらいの語り口のせいでしょう。
    その堅苦しさゆえに醸し出される独特のおかしみが癖になってしまいました。
    自由奔放な性格の銀河や、無口だけれど独自の哲学を持った少女・紅葉など、登場人物たちの魅力もあいまって、すっかり酒見さんの世界に引き込まれました。

    酒見作品のうち、全くのファンタジーというのは本作だけのようですが、他の作品も読んでみたいです。

  • でっちあげなのに、ありそうだなぁ、と思う話し。したり顔ですごい上手な嘘つかれてるみたい。

  • 僕は本というのは中身の情報だけあればいいという質なので、電子書籍より本の方がいいんだという情緒的な意見には基本的に与しない。

    ただ、そこにはいくつか例外が存在する。

    この本はその代表格といっていいもので、文庫版を既に持っていたにもかかわらず、神保町の古本屋で単行本を見つけ思わず買ってしまった、それくらい好きな作品だ。

    最初読み終えた当初は、中国に実在した王朝の話だろうと思っていたので、あとがきで作者の創作だと知ったときはぶったまげた。

    中国に対する無知のおかげで随分爽快な思いをさせていただいたわけだ。

    考えてみたら購入前から日本ファンタジーノベル大賞受賞作なのは知っていたのだから、歴史小説であるわけはないのだ。

    その上で自分の無知を棚に上げたいうなら、事実なのかフィクションなのかわからない綱渡りを読者にさせるような、こういう印象こそ、小説というものの面白さのかなり本質的な部分のような気がする。

    以前、五木寛之が報道ステーションにおけるインタビューで、自分の風呂嫌いについての話の中で遠藤周作にこんなことを言われたと話していた。

    遠藤周作「五木くん、うなぎは非常に生命力が強いだろ。でもね、あのヌルヌルを石鹸で洗い落とすとうなぎは死んじゃうんだよ。だから風呂には入らないほうがいい」

    この話を聞いて以来僕は、嘘か本当かわからない、でも面白いという感覚、これこそが文学なんじゃないかと思っている。

    そういう意味でこれは最高の文学だ。

  • 読書感想文、先生の推薦図書ということで読みました。最初の方は「え!こんな話!?」と色々と思春期の女子(自分で言いますが(笑))にとっては刺激的な部分もありましたが、全体通して主人公のありえないくらいのまっすぐさにみんなが動かされていく・・・っていうストーリーが好きです。

  • 残酷な軍師のテーゼ

  • 第一回日本ファンタジーノベル大賞を受賞した、中華ファンタジーです。
    もしかしたら本当にこの国は昔の中国にあったんじゃないかな? と思わせるような作品になっています。
    宦官とか、房中術とか、この作品で知った単語もたくさん(笑)。
    「雲のように風のように」というタイトルでアニメ化もされました(同賞は当初、受賞すると単発スペシャルアニメ化が慣例でしたが、不景気もあいまって、無くなってしまいましたね…)。
    何度も読み返し、カバーがボロボロになってしまいました。

  • 【図書館本】評価が良かったので閉架から引っ張り出してもらった。面白……いのか? 作中に引用があったり作者が顔を出す形式が苦手なので、この小説も苦手意識を持ってしまった。漢字は結構読み飛ばしてたし、内容があまり頭に入ってこなくて楽しめた気はしない。これが引用も作者も(い)ない文体なら(つまりストーリーだけだったら)もうちょっと楽しめたのかもしれない。ファンタジーノベル大賞受賞作。確かにファンタジーなんだけど、思ってたのと違う……。

  • アニメ「雲のように風のように」の原作。放送当時中学生の私、見た後おこづかいをはたいて本屋に行ったのは良い思い出。(痛い出費だった)そして中身のエロさに引いたのも良い思い出(爆)今読みなおすと「後宮」が舞台なんだからエロくて当たり前で、そして意外に「性」を哲学的に描いてるのでそんなにエロく感じなかった。あぁ、歳をとりましたね、自分。主人公・銀河が14歳、コリューンが17歳。国を背負うには若すぎた。そして国内が腐敗し切っていて立て直しが効かない状態まで追い込まれていたのが不運。紅葉・セシャーミン達のキャラがとても良かった。(タミューンのブラコンはドン引きだけど…。あれはいかんでしょ。)あと時代背景をよく作り込んでるな。と思う。普通に中国の実在した王朝だと勘違いしてしまうほど。(参考した書物として登場する名前も全部架空だもの。)

  • 固有名称がまず読めない。幻影達(イリューダ)とか。ファンタジーなのに、〇〇によると、とか〇〇地方では、みたいなもっともらしいいらない話が差し込まれ過ぎて、読むのが煩わしかった。合わなくて残念。

  • すごい作りこみ! 世界は作り物であるけど作者さんの半端ない知識が見え隠れしている。
    ただ……たんたんと設定を見せられているだけの気がして、私としてはあまりおもしろいとは思えなかった。
    どうでもいい夢の話を延々と聞かされているような冷めた気分で読んでしまった。後宮の閨指導に食いつきかかると、突然脇役の戦記になってしまうし。その記述がまた細かくてうんざり。
    それでも歴史解説書風に作られたこの作品は、すごい作品であることは万人が認めるだろう。
    設定ではなく物語を読みたかった私には合わなかったけれど。
    作りこみ度☆5
    満足度☆2
    で、間をとって総評は☆3で。

全46件中 1 - 10件を表示

酒見賢一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒見 賢一
和田 竜
有川 浩
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

後宮小説に関連する談話室の質問

後宮小説を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

後宮小説の作品紹介

シンデレラ+三国志+金瓶梅+ラスト・エンペラーの面白さ、奇想小説の神技、天才作家の出現、と全選考委員が激賞した第1回日本ファンタジーノベル大賞受賞作。

後宮小説の文庫

後宮小説のKindle版

ツイートする