井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)

  • 50人登録
  • 3.65評価
    • (4)
    • (6)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 野口武彦
  • 新潮社 (2008年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106102523

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印

井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)の感想・レビュー・書評

  • 大地震や台風、コレラ、貨幣価値の下落、物価高など幕末の人々の気分に大きく影響を与えたと思われるのにサラッと書かれて終わることが多いような事柄も通史の 中に盛り込まれていてわかりやすい。こんなに面白いと思ってなかったのでシリーズ全部買っておかなかったことを今とても後悔してる。

  • 続きが楽しみです!

  • 幕末ものはこのあたりになると、舞台が長州や土佐や薩摩に飛ぶ。
    それはそれで面白いんだけど、その人気者たちに比べると幕府役人の苦労とか政治とか面白くないんで、いつも背景に消えていく。
    この本は、一直線に幕府なので、分かりやすい。

  • [ 内容 ]
    黒船到来という外患が内憂に転じ、動乱期が始まった―。
    激動期には、誰が政治権力を握るかが決定的な重要を帯びる。
    本書で扱う安政期のキーパーソンは、部屋住みの庶子から幕府権力の絶頂、大老にまで駆け上がった井伊掃部頭直弼だ。
    条約勅許、将軍継嗣問題、地震、インフレ、コレラなど難問が山積する中、京都朝廷の意向を無視して調印を強行し、反対派を弾圧することで自ら墓穴を掘ることになる…。

    [ 目次 ]
    第1部 安政内憂録(下田開港;便利屋役人;ひるがえる日の丸;伊豆の大津波;海上の遊牧民;爆発事故;お台場崩壊;水戸と彦根;日本橋と深川;江戸大風水害;講武所始まる;お茶坊主;井伊の赤鬼;ストレスに死す;英遇公子;英国領事は見た;幕末親米派;日米交渉;堀田の大汗;攘夷利権;条約調印;押し掛け登城;戌午の蜜勅)
    第2部 安政血風録(安政の大獄;暗黒裁判;安政コロリ;薩海入水;至誠人を動かす;死地の思想;小塚原の首;金貨大流出;天狗の羽ばたき;桜田門外の変;あいまい解決;富士女人解禁;斉昭の死;万延遣米使節団;外国奉行憤死;ヒュースケン暗殺;万延小判;五品江戸廻送令;江戸城御金蔵破り;三人吉三)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 幕末バトル・ロワイヤル第二弾。地震にコレラ、条約調印に安政の大獄、そして桜田門外の変へ・・・。

  • 幕末にコレラ騒ぎや富士山参拝騒ぎが起きていたことなどいままで 知らなかったことがわかって面白かったです

  • 2008/2
    幕末期の動乱について書かれたシリーズ第2弾。今回は井伊直弼を中心として開国に向けての幕政や公家衆の動きなど、いままであまり知られていなかったことも記載している。

全10件中 1 - 10件を表示

井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)はこんな本です

井伊直弼の首―幕末バトル・ロワイヤル (新潮新書)のKindle版

ツイートする