キラキラネームの大研究 (新潮新書)

  • 239人登録
  • 3.32評価
    • (7)
    • (21)
    • (26)
    • (8)
    • (3)
  • 35レビュー
著者 : 伊東ひとみ
  • 新潮社 (2015年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106106187

キラキラネームの大研究 (新潮新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名前の付け方、読み方について詳細に記されており、読む価値のある本です。タイトルは軽いですが中身はまっとうで社会人の知識として損はないものです。

    本書第六~第七章の考察で多くは理解できます。
    字の持つ意味を無視した漢字を用いことへの解釈は丁寧に解き明かされていますが、私には文化的側面が抜け落ちているように感じます。
    微笑ましいキラキラネームではなく、愛夜姫と書いてアゲハと読ませる子供を水商売にするつもりかのような親の精神構造、DQNネームの問題には突っ込みが足りません。(伊藤氏は文中でDQNネームの呼称を何度も使用している)
    序盤で多少触れられていますが、結局は程度の低い親の問題かもしれませんが、伊藤氏はその特定を避けています。
    それは、本書のレビューに一つ星を付けた、上から目線で名前を語るなと書いた人が居るように、中年以降の年齢からすれば珍妙極まりない名前であっても一生背負わなくてはならない方への配慮でしょうか。
    提言しておけば哀れな名付へのブレーキになったかもしれないのに。

  • そうそう、こういうこと知りたかったんだよな、という一冊。

  • まず先に、率直な感想を一言。
    プレママパパさんたちに必要なのは、名付け辞典ではなく、「名付け」という儀式のもつ意味や歴史を伝える本なのかな、と。。。

    この本ほ、キラキラネームを第三者の視点から、肯定も否定もほどほどに検証していくので、押し付けがましくなく読みやすかったです。
    わたしが20代半ばで、わたし自身は出産未経験ですが、似非キラキラネームを子に名付けている友人は結構いて…。
    しかも、わたし自身が似非キラキラネームに慣れていて、違和感が薄れていて、本書に登場するキラキラネームも「え??これもそうなの??」ということも、多々ありました。
    最近登場した言葉だし概念だし、人や環境によって範囲にズレがあるものではありますが、日本における「名付け」という儀式についても知ることができました。

  • 難読の「キラキラネーム」が増えているという話は、以前から話題にはなってきた。
    本書以前にも、そういう名づけが、音重視も発想に、「世界で一つだけ」の名前をプレゼントしたいという親心から起きた現象とか説明されていた気がする。

    本書では、キラキラネームを命名する親たちは、実は存外キラキラネームはイタい、と思っていることを指摘していて、そこがまず面白い。
    で、結論的には、日本の漢字政策も反映、つまり漢字の意味を考えるべきとする「漢和辞典的規範」意識の薄れが原因とみている。
    その結論自体は、失礼ながら、なんとなく予想通り。
    その過程で、名づけや言語意識を歴史の中で確認する章が続く。
    例えば、明治初期、戸籍で一人一姓一名に制限して登録せざるを得なくなったときの、明治の元老たちの対応が面白い。
    実名を登録した人、通称を登録した人様々なのだが、係が間違えたり、代理人が間違えたりして、違う名前になってしまっても、当人はあまり気にしていなかったとか。
    私はこういった個々の事実も面白かったが、この辺りは読む人によってはまどろっこしいと感じるかも。

  • ものすごく軽~い書名ですが、
    中味はなかなかの読み応え
    単なる 「イマドキの命名は…」になっていない
    読み応えのある一冊になっています

    筆者が古典文学に精通しているのも
    その論考の厚みになっていますね

    巻末の参考文献のランンアップが
    とても興味深い

    名付けの意味
    名付けもまた その時代を反映する
    名付けもまた その教養が背後にあった(!)
    名付けもまた その教養のあるなしが大きく左右する

    「漢字」そして「感字」の造語
    いやはや 楽しい時間が持てました

  • とってもおもしろかった!昨今のいわゆるキラキラネームから、万葉集の時代まで遡って「読めない名前」を大研究。難読名乗りブームは今までにもちょくちょくあり、難読ブームと、使用文字や読み方の制限などが何度か繰り返されてるのがわかった。江戸時代には光多(みつな)、美臣(よしを)、明治前後に「十九(とみちか)」「松(ときわ)」って名前があったとか、昭和初期にも欧米への憧れから、「亜幌(アポロ)」も「七分(すちぶん)」って名前があったとか…
    そもそも今では当たり前のようになってる漢字の読みも、そもそもは難読ネームだったという話も。「和」と書いて、かず、との読みも、本居宣長が、あやしき訓だとか言って問題視するようなものだったらしい。日本語の漢字がそもそも構造的に自由な読みを許容しやすいというようなことは聞いたことがあったけどもほんとにそのようです。
    著者としては、結局、そういった歴史的な難読ネームと、現代のキラキラネームとの違いは、現代のは、漢字の意味まで深く考えずに、感覚で使っていることと捉え、漢字の深い歴史に思いを馳せずに、これを薄っぺらいものにしてしまってるのではないかという問題意識のようです。現代の難読ネームにも、漢字の意味まで考えてるものもあるとは私は思うけどね。でも知らないことがたくさん書いてあって、「へー」で終わらない考察までちゃんとされてて、とてもおもしろかったです。

  • 日頃のニュースで登場するときといえば「読めない!」「ひどい!」というネタ提供でしかないキラキラネーム(またはDQNネーム)を、日本語の漢字受容史や歴史的な命名の変遷などもふまえてまじめに分析した本。無責任な批判でも安直な羅列でもなく、予想外の深さでおもしろかった!
    20年余前に見出された頃は「頭の悪そうな」「ヤンキーっぽい」でかたづけられたが、今や人気の名前トップ10の多くが(擬似)キラキラネームという現状、いろいろ考えあわせてみるとこの問題は奥も根も深く、こういう名付は漢字受容からこのかた多様な音訓や万葉仮名・和製漢語を生み出しルビまで駆使してきた日本語のほとんど性(さが)のようなものということにも納得できたし、一方で漢字の扱い方についてはこれが当たり前になっていくのはあやういという危機感にも共感した。

  • 専門だけあってか、割と後半も面白かったです。
    なんだ、日本は昔からキラキラネームだったのか、と。
    和える、の漢字の感覚とか、あ、和子も変な読み名前なのね、と。

    何事も、一人よがりの考えすぎは良くないのだなあ、と遠い目。もうちょっと漢和辞典読もうよ…と思った。

  • 初読

    キラキラネームの氾濫の原因は当用漢字に代表される
    国語・漢字教育の変化による漢字感の変化。
    でいいのかな(大分駆け足で読んだ)

    森は深かったけど、概ねキラキラネームを付けるのは
    知性が足りない、に収束するような…w

  • 学校の仕事をしていると、こんなこと普通。どうやってこの字を出せばいいのか、わからないこと多し。これに異体字が絡むともう大変。

全35件中 1 - 10件を表示

伊東ひとみの作品

キラキラネームの大研究 (新潮新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キラキラネームの大研究 (新潮新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キラキラネームの大研究 (新潮新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

キラキラネームの大研究 (新潮新書)の作品紹介

苺苺苺と書いて「まりなる」、愛夜姫で「あげは」、心で「ぴゅあ」……。珍奇な難読ネームが日本を席巻しつつある。その意外なルーツは日本語の本質、漢字を取り入れた瞬間に背負った宿命の落とし穴だった。目からウロコの日本語論。

キラキラネームの大研究 (新潮新書)のKindle版

ツイートする