奇貨居くべし 春風篇

  • 81人登録
  • 4.05評価
    • (15)
    • (13)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 宮城谷昌光
  • 中央公論社 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120026980

奇貨居くべし 春風篇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 後の秦の偉人となる呂不韋。
    その少年時代の話。
    単純に物語として、面白いですよね。
    韓という小国の商人の次男である呂不韋がどのようにして、秦の宰相までのぼりつめるのか、続きが読みたくなる一冊です。

  • 奇貨居くべし (全5巻)
    紀元前235年 栄の賈人である呂不韋が旅行中に和氏の璧を拾うことによってさまざまな出来事に遭遇する。秦時代のあしがけを作っていく。

  • 政商・呂不韋が奇貨と出会い、それによってこころざしを立ててゆく物語である。それが呂不韋の運命だとすれば、宮城谷は『奇貨居くべし』全五巻によって、そのあやを描ききったといえる。とおく史実をなぞれば、呂不韋にとっての奇貨とはただ一つをさすにすぎない。しかし、この歴史の行間の世界で、呂不韋はどのような奇貨を得て、どう用いていったのか。そこにこそ、この作品の珠玉が鏤められている。

  • 中国の戦国時代のお話。夢中で読みました!主人公呂不韋の聡明さと清らかさ、素直な探究心と広い視野を持つ器の大きさ。そんな魅力的な彼が成長していく様は爽快。

  • 2008/8 再読

  •  全五巻。本書は秦の天下統一の道筋を引いた呂不韋の物語。商人でありながら秦の宰相になった人物を、パワーポリティックスの側面だけでなく、「理想の政治」ひいては「理想の生き方」の追求を主眼に据えて描いています。主人公の前半生は余り明らかになってない(史記を通読したわけではありませんが)ことを考えると、35歳で秦の公子子楚に出会い、政治家に転身するまでの艱難はおそらく、筆者の創作のようです。また「性悪説」で有名な荀子を師の一人に据え、その思想をバックミュージックのように重低音で響かせているのも、また孟嘗君の薫陶を受けたことになっているのも、おそらく筆者の想像の賜物でしょう。ただ、当時の諸子百家が先進的な政治思想を様々に唱え、その頂点に主人公が為した業績があると考えられるからこそ、これらの想像が許容されているのでしょうか。

     呂不韋の失脚後、秦王政(始皇帝)は17年で中国統一を成し遂げ、その後の中国史の模範政体を確立します。即ち皇帝独裁、官僚機構、中央集権です。筆者は呂不韋の思想に民主制ないし立憲君主制があると見ていますが、彼の死後にはその政治思想も諸子百家の鳴争も失われ、中国史上で政治的ダイナミズム自体がここで失われた、と考えられるかもしれません。

     宮城谷さんの本を手に取るのは数年ぶりでした。中国史を見渡して人気が高いのは春秋戦国から漢楚攻防までの時期ですが、思想家が深く考え、政治家が知恵を絞った様が、ウィットに富んだやりとりとともに膨大な書物に残されたためではないでしょうか。故事成語の大部分はこの時期に生まれ、今でも人口に膾炙しています。そして本書は常に生き方を追求すべき、という応援歌のように感じました。次は荀子や史記にトライしてみたい。

全6件中 1 - 6件を表示

宮城谷昌光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
宮城谷 昌光
有効な右矢印 無効な右矢印

奇貨居くべし 春風篇に関連する談話室の質問

奇貨居くべし 春風篇を本棚に「読みたい」で登録しているひと

奇貨居くべし 春風篇を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奇貨居くべし 春風篇を本棚に「積読」で登録しているひと

奇貨居くべし 春風篇はこんな本です

奇貨居くべし 春風篇の文庫

ツイートする