いい女

  • 63人登録
  • 3.25評価
    • (3)
    • (11)
    • (26)
    • (2)
    • (2)
  • 24レビュー
著者 : 藤本ひとみ
  • 中央公論新社 (2005年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (407ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784120036224

いい女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いい女ってなんなんだろう・・・
    主人公の女性は、人の事を考えて行動する人のように思わせながら、本当は、初めから自己中心的なんじゃないだろうか?自分勝手に自分の力以上に尽くして、わかってくれないからと正反対になっていく。。。誰も望んでいない事=自己満足。自分がかわいそうだからと自分に何百万も使い、浮気をすることを、正当化する。家庭を変えようという努力のカケラも見えなかったのが残念。

  • 家庭の都合で学生時代をフランスで過ごし、フランス語の翻訳家として仕事をしている詩織は、自己中心的で家事にも育児にも非協力的な夫と、受験を控えた二人の娘を抱え、「理想の母親」であろうとしていた。

    しかし、久しぶりに行った同窓会で密子に出会い、「女として幸せを求めてもいいのではないか」と思い始める。

    化粧品をそろえ、眉の形を整え、エステに通いだした詩織。しかし、子供たちは18歳にもなって「夕飯の準備ができていない」事に癇癪を起したり「オバサン」と親に暴言を吐いたりやりたい放題。夫は完全に無視。詩織の心は悲鳴を上げる。

    そして、多大なる時間とお金と努力のおかげで理想の体を手に入れた詩織は、夫が浮気をしていると聞かされる。そして詩織自身も編集者と体の関係を持つ。

    最終的に離婚して自活の道を選ぶ詩織。

    「完璧な母親たれ」と思うのは勝手ですが、娘たちちょっと子供すぎません?しかもただ巨峰を食べるだけでも皮まで剥いてあげるって過干渉すぎるでしょ。旦那は論外。

    こんな理解のない家族に囲まれたのは自業自得とも思えますが、未来へ歩き出したところは希望が持てました。

  • 2014.10.11読了
    最初から最後までいい女ではなかった。どんな話にしたかったの?イマイチわからない。(図書館)

  • これも面白かった。
    共感できる部分アリ、できない部分も当然あり…。

  • 13/07/14 ストーリーの展開が不自然であるが、マッいいか。
           
           自分以外の人間のために下着を選び、体を彩ることは、刺激        的で誇らしいことだった。自分の体を求める男がこの世に存在       している。それが、自分の価値を証明してくれているように思え       た。(P.316)

  • 話に出てくる娘たちがひど過ぎてこんな娘にはなりたくないと心底思いました。

  • 何年か前の昼ドラで観た物語の原作という事で興味を持って読みました。

    典型的な「オバさん」だった主人公・詩織が、45歳の同窓会をきっかけにエステや不倫をとおして美しくなっていく様には清々しさを感じました。(不倫を推奨するつもりはないですが…)
    良き妻・良き母として日々家族に尽くしているのに、「完璧にやって当たり前、少しでも落ち度があれば徹底的に責められる」……これが20年も続くとそりゃあ嫌気がさしてくるでしょう。

    全体的に面白かったけれど、主人公がフランス育ちの帰国子女で在宅でフランス語翻訳の仕事をやっているという設定がちょっと非現実的でした。
    これが専業主婦だったらそう簡単に「離婚!」なんて騒げなかっただろうし。

  • 家庭という環境を作ることに徹していた主婦
    から自分の本当にしたいことに突っ走るリアルだけど、ちょっとしたシンデレラストーリー。

    美は意識して作り出さねばならないな

  • 自分と等身大なとこもあり、
    ちょっと理解不能な部分もあり。。。

    こんなまでなるかな。。。と思ったり。

    まあ 小説ですからね。

  • 45歳の完璧な母親業&主婦業を営む女性が同窓会で再会した同級生に勧められるまま、エステに通い始める。
    家族と自分、この先の生き方、いろいろ考えながら外見も内面も変わっていく様が描かれています。

    ラストにかけて、少し都合いいかなと思ったりもしましたが、おもしろかったです。

全24件中 1 - 10件を表示

藤本ひとみの作品

いい女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いい女はこんな本です

いい女の文庫

いい女のKindle版

ツイートする