ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)

  • 354人登録
  • 3.54評価
    • (13)
    • (34)
    • (29)
    • (9)
    • (2)
  • 45レビュー
著者 : 伊藤章治
  • 中央公論新社 (2008年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019301

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書は、人々がどのように食生活の中へとジャガイモを取り入れ、ジャガイモが世界的な出来事に、どのように関わってたのかを眺めてゆく。そこで明らかになるのは、「貧者のパン」として、凶作や飢饉、戦争が生み出した苦しむ人々に寄り添い、世界を動かしたジャガイモの姿だ。

    わたしたちにとって、身近な存在であるジャガイモ。世界と日本の歴史を眺めることで、今日、ジャガイモが身近であるのも先人たちの苦闘の連続があったためだということを、本書は明らかにする。本書を読めば、よりいっそうジャガイモを愛おしく感じられるようになるだろう。

    また、本書はジャガイモが「貧者のパン」として歴史に登場するときは、「異常な時代」でもあったことを指摘する。そして、「どの国でもジャガイモ一色に染まった時代は、民衆にとって「苦難の時代」だったことを忘れてはなるまい」と、筆者は訴える。

    「貧者のパン」としてジャガイモが世界の表舞台で活躍するのではなく、これからもジャガイモが、わたしたちの普段の暮らしに寄り添う存在としてあり続けられるような社会の様々な諸問題の解決策の模索が、今求められていると言えよう。

  • 足尾銅山鉱毒事件で谷中村を離れた民が、北海道常呂郡佐呂間町字栃木の開拓民として、ジャガイモを植える。もう、冒頭から涙なくして読めない訳ですよ。元はボリビア・ティティカカ湖近辺の高地(富士山より高い)がジャガイモの故郷。スペインのピサロがインカ帝国を絶滅させ、金銀を貪りがてらジャガイモをヨーロッパに伝えたとされる。フランス・ドイツ・ロシア・満州でも痩せた土地で収穫が期待出来る貧者のパンは大活躍。食糧自給率四割以下の日本が勿体ないことをしては罰が当たるとの警告で本書は終わる。筆者は新聞記者出身。

  • ジャワから来たじゃがたらいも。長崎は国内生産2位。

  • 途中から貧困の歴史が中心になってきて、辛かった。東北の農村の飢餓事情はおしんを思い起こさせる…今の飽食の時代に感謝。

  • 新書文庫

  • 最強の食料であるジャガイモが、「貧者のパン」として定着する各国史。

    スーパーで安い方の部類に入る食材ごときが!と思い読み初めましたが、見事に世界史になっている事に、驚愕でした。
    この著者が、新聞記者経験があるようで、学者作品と異なり、異次元の読みやすさにダマされた?笑。

    食糧難の記録と食物自給率の記録を読んで、重要性が、本当に解った。資源のない貿易依存の日本では、必読書だと思います。
    新書の名作入り決定!と思うぐらい刺激的な作品。ジャガイモばりにコスパがイイ作品。

  • ジャガイモは、コメやコムギと異なり、すぐに食べられる。

  • 普段食べている物を軸にして歴史を読み解くのはとても面白い。
    人類の歴史を語るにおいて食べ物が果たす役割は重きを占めているが、特に歴史の立役者としてジャガイモが果たす役割は想像以上だった。
    かつて世界を飢餓から、現代の低カロリー食材として、そして未来の食糧難を支えるかもしれない期待。
    ジャガイモに足を向けて寝ることは許されない。

  • S616.8-チユ-1930 100141985

  • 歴史を動かしたというより、歴史の脇役じゃがいも、といった内容です。
    脇役がいなければ物語は成り立たない。個々で覚えてもらえることはなくても重要といったやくどころ。
    じゃがいもは米に次ぐ第二位のエネルギー量をもつ作物として人々の食卓にのっかってきました。
    今ではエステでもスポーツジムでもライ●ップでも、最大の敵としてまっさきに挙げられる高い栄養価を誇ります。
    簡単に作ることができてたくさん収穫できるこれは家庭菜園でも大人気、その代り病気に弱いことが知られず、失敗した人が種苗会社やホムセンにクレームするというそれくらい作り易い認識があります。
    考えるとこれもアイルランドの飢饉と原因は同じです。
    じゃがいもの伝搬により人口が増えたアイルランドはじゃがいも疫病の流行により、人口を著しく減らしてしまったことは有名な話で当然この本にも出てきます。
    他にも満州に渡った日本人やシベリア抑留、公害により北海道に移住しなくてはならなかった人々を支えた作物として登場します。
    このあたりは少々強引な気もしますが、川田龍吉のマッサンばりのスコットランドの娘さんとの恋物語のエピソードと男爵イモ導入を絡めて見たりと、面白いエピソードがたくさん。
    読みやすい。

全45件中 1 - 10件を表示

伊藤章治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
スティーヴン・D...
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)に関連するまとめ

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)の作品紹介

南米生まれのジャガイモは、インカ帝国滅亡のころ、スペインに渡った。その後、フランスやドイツの啓蒙君主たちも普及につとめ、わずか五百年の間に全世界に広がった。赤道直下から北極圏まで、これほど各地で栽培されている食物もない。痩せた土地でも育ち、栄養価の高いジャガイモは「貧者のパン」として歴史の転機で大きな役割を演じた。アイルランドの大飢饉、北海道開拓、ソ連崩壊まで、ジャガイモと人々をめぐるドラマ。

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)はこんな本です

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書)のKindle版

ツイートする