日本語のできない日本人 (中公新書ラクレ)

  • 32人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鈴木義里
  • 中央公論新社 (2002年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121500397

日本語のできない日本人 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ダメダメ

  • すごい本。表題から警世の本だと思ったが、全く逆で、日本語や伝統の権威を批判し、「新しい」教育の形?を提唱しようとしている。(?????)
    「『国語』とはやはり『日本語』に特有な表現だったわけであり、言い換えれば『国語』とは日本人専用の『日本語』だということである。」
    「今や、東京の街の中に『伝統的な日本文化』の姿を見つけることは、かなり難しいものになっている」
    このような唖然とするようなクルクルな文章?が盛りだくさん。
    まともにものを考えている人間の文章とは言えず、引用している文献も「岩波ブックレット」ばかりだし、資料も稚拙で読み込みも浅すぎる。
    とにかく、最近は外国人が多くなったから日本語を優しくせよ!若者言葉も「新しい可能性」だ!という、ことだ。
    また、略歴を見ると、高等学校「国語」の教科書の編集に携わっているという。
    いやはや、都市伝説よりも、恐ろしい。

  • [ 内容 ]
    ヒットソングの題名や街角の若者ことば、子どもの作文、漢字力テスト、文字のアイコン化現象などを通して、進行する「日本語」の崩壊現象を説く。

    [ 目次 ]
    第1章 何が起こっているのか
    第2章 もう一つの学力崩壊
    第3章 日本語のできない日本人
    第4章 「国語」教育
    第5章 日本語の変化
    第6章 「国語」の未来、「日本語」の将来

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

鈴木義里の作品

日本語のできない日本人 (中公新書ラクレ)の作品紹介

ヒットソングの題名や街角の若者ことば、子どもの作文、漢字力テスト、文字のアイコン化現象などを通して、進行する「日本語」の崩壊現象を説く。

日本語のできない日本人 (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする