新日本語の現場 (中公新書ラクレ)

  • 17人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 橋本 五郎 
  • 中央公論新社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121500762

新日本語の現場 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 今から、7年ほど前に発行された本ですが、そのころ、若者言葉に怒っておられた方たちは、今はどう思ってらっしゃるのでしょうか?日本語は本来あいまいなのに、さらに断定を避ける傾向にあるような気もします。カタカナ語の氾濫は、官僚の責任も大きそう。せめて介護関係のことばはカタカナ語を使わないで欲しかったなぁ。

  •  橋本五郎さんの文章はとにかく読みやすい。多くの人に分かりやすく伝えようという意思を感じ、開かれた文章である。
     氾濫するカタカナ語、若者言葉について扱った本だが単にそれを批判するのではなく、その言葉のルーツはどこにあるのか探ったり、公正な立場からの意見が書かれているので老若男女問わず読む価値があると思う。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする