海洋国家日本の構想 (中公クラシックス)

  • 197人登録
  • 3.98評価
    • (17)
    • (12)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 高坂正堯
  • 中央公論新社 (2008年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121601018

海洋国家日本の構想 (中公クラシックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冷戦下の日本において、非武装中立と絶対平和の理想主義が幅を利かせた政治状況のなか、高坂の権力政治を見据えた冷徹な目と勢力均衡を前提とした極東の緊張緩和策と通商国家の構想は、当時では新鮮で意味のある試みだったのだろう。
    時は進み、冷戦が終わり多極化する世界のなかテクノロジーが戦争の形を変え、テロの横行と不寛容の嵐が吹き荒れ、そのなか極東では中国の台頭と緊張が増す朝鮮半島を横目に暮らす2017年の日本の現在。いま彼の議論を読むと甘美な理想主義だと思うところさえある。それほど高坂が生きた時代から遠くへ来てしまった。しかし、現実主義者の要諦は目的と手段との間に相互関連を認めて、双方の間の生き生きとした対話を重要視することである。時代は流れど、高坂が示した国際政治を冷静に分析し、目標を定め、そのために取り得る手段の選択肢を具体的に考える現実主義者の方法論はその輝きを失っていない。

  • 日本の特異性を指摘した上でこの国が進むべき道について提言した名著。40年以上前に書かれた本ですが、著者の意見は未だに新鮮さを失っていません。

  • 出口治明著『ビジネスに効く最強の「読書」』で紹介

    外交政策の不在、平和の条件…。日本の外交戦略を考察するうえで欠かせない一冊。

  • Thu, 17 Jun 2010

    1965年, はや40年以上まえに書かれた本であるというのに
    いささか色あせない,論理性,洞察.

    原爆の抑止力を分析した上で,
    通常兵器の価値も存在する事を指摘している.

    それは,現状の動きをみれば当っているだろう.

    そして,未来のこととして
    ・ 核では抑止できないゲリラ型の先頭,テロの活発化
    ・ 日本が後に台頭する中国と,アメリカの間で板挟みになる.
    という,ふうな指摘をしている.

    まさに・・・・.

    エッセンスを書くのは,ちょっと難しいので,
    是非読んで戴きたいところだ.

    右翼本的な,軍隊イメージもそれほどなく, あくまで,論理的な思考から
    適切な軍備と,そこから平和に至るシナリオを議論しているのが面白かった.

    一つ目の章の名前にあるように
    まさに
    「現実主義者の平和論」

  • 国際政治学者で、吉田茂宰相を当時ではめずらしく肯定的に評価し、鋭い分析と提言から天才という呼び声も高い、故高坂 正堯氏の代表的論文。

    昭和を代表する論客であり、京大教授として数々の学者、外交官、官僚を輩出させた。民主党、前原誠司外務大臣も門下生の一人。

    田原総一郎からも「余人を持って代えがたい人」との評価を受けている。

    共産主義が台頭していた終戦後の日本で、現実主義者の平和論は現在では一般的な考え方になっているものの、当時としては斬新だったのではないでしょうか。筆者は、平和という絶対的目的を達成するのいたる個々の具体的目標はとりうる手段との相互関連において決定されるべきであり、手段と目的との間の生き生きとした会話が平和理想主義者には欠けている点であると主張しています。

    たとえば、筆者はスイスが国際政治の力関係を利用して中立を守るために行ってきた外交的努力について日本は認識不足であると指摘している。

    日米安保条約について、それは日米の友好関係があってのものでありそれが崩れれば意味をなさない。日本防衛に関して不足している議論は、どのような軍備をどのようなどの程度持つべきかという議論であると述べている。まさに、現在の日本の状況を観察しているかのようである。

    ナショナリズムに代表される人間の思想はそのほとんどが環境がそうさせていると述べている。民族国家の形成に軍事力、経済力が加わり、強力な国家が形成される。中国では、歴史上初めて毛沢東がこれに成功し、100万の軍隊を操り、日本軍を撃破し、民族国家ではない根なし草の蒋介石を破った。その意味で組織的な基礎が重要であると説いている。

    最後に今後、日本がその独自の偉大さを築きうる方法は、中国との同一性ではなく、それとの相違に目覚め、東洋でも西洋でもない立場に生きるとこであると述べている。

    軍事に関する論説が多く、やや偏ったところがあるものの、この時代にして、すでに現在の世界情勢を観察しているかの如くの示唆は、確かにすばらしいと思います。ライブの講義を聞いてみたい人でした。

  • 著者の高坂は『海洋国家日本の構想』で、アジア太平洋戦戦争後の日本に対して種々の提言を行っている。特に、日本が海洋国家としてて、いかにその四方にある「海」を使うかが繁栄の鍵だと著者は述べる。50年も前に書かれた本だが、その教訓は今でも光る。

  • 話が何段も飛ばして飛躍する当時の中立論への批判、戦後極西として力をつけた日本が中国の台頭とともに極東であることを再度意識しなければならなくなること、大陸の隣にありながらその一部ではないとゆう点で学べる英国のこと、自民党が外交と世論をその後援会と圧力団体の連合とゆう形から結びつけることができず、野党は具体的な批判を持たないため外交政策が議論されない日本、現代にあっても示唆に富んだ書物と思う。

  •  1960年代前半に書かれた高坂先生の著書で,当時の国際情勢である日本の軍事力に関する話や各国の核武装に関する内容が中心となっています。ただ,現在の国際情勢にも通じる内容が多く,核武装といった具体的な言葉を今の言葉に置き換えるだけでも,十分にその内容は活用できる作品だという印象を持って読んでいました。
     アメリカとの関係,隣国中国との関係,そして日本が海という資源を活かして国際的にどのような位置付けを取って行くことが重要であるのか。この作品が示唆する内容は,昨今の日本を取り巻く国際関係にも活用できる場面が多くあるように思います。日本はやはり「海洋国家」として歩んで行くという認識は,今でも重要であると考えます。

  • ▼解説で中西氏が述べているように、その出版から半世紀が経という今日においても、本著の有用性は全くといっていいほど色あせてはいない。
    ▼政策は目的をもって形作られるべきである。もちろん、そこに理念や理想を反映しようとする心意気も否定されるべきではない。しかし、そのためには十分な現状認識と豊富な史観を有した「現実主義者」の視点が欠かせない。
    ▼そして、そこで大切なのは「完全な」あるいは「完璧な」政策はあり得ないということである。人が他人を完全に理解することが不可能な様に、国家間の関係においてであっても、対話によって慮るしかないのだ。
    ▼アジアの東端にありながらも、西洋文化圏の「極西」にも位置する日本が、どにようなアイデンティティを獲得し、どのような未来を描くのか――その闘いは、まだ始まったばかりである。

全16件中 1 - 10件を表示

高坂正堯の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
マックス ウェー...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

海洋国家日本の構想 (中公クラシックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする