情報の文明学 (中公文庫)

  • 894人登録
  • 3.79評価
    • (49)
    • (71)
    • (77)
    • (8)
    • (0)
  • 66レビュー
著者 : 梅棹忠夫
  • 中央公論新社 (1999年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122033986

情報の文明学 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1962年に執筆された情報産業論に始まる論説をまとめた著作。50年も前に現代の高度情報化社会の到来と工業から情報産業へのビジネスシフト、IT技術の家庭への普及、インターネットの可能性について予想している逸脱な論考。類似の論考はA.トフラーの「第三の波」があるようだが、情報産業論はそれよりも20年前に発表されている。農業の時代、工業の時代を経て人類は情報の時代へ突入しつつあり、これは文明としても新しい段階に一歩踏み出しているという大局的な視点で情報化を観ている。

  • なんでも情報産業に結びつけてる。薬だってそうだそうな。
    こんな昔に現代を予見していてすごいみたいな書評を見た気がするが、全然予見してない。たまたま情報産業という名前を使ってることと、かの時代に起こりはじめたソフト的な産業について話しているだけじゃないのか。
    それが重要だと言ったくらいなもので、重要とかってよりも、これもそう、あれもそう、あっちもそうじゃん!情報じゃん!ってことを書いたにすぎず、昔に特に注目を集めた時期もあるようだけどイマイチよくわからん。

    僕の理解が少ないのでしたらすみません。そのうちまた読み返します。

  • 初めて梅棹先生の本を読みました。
     読めば「1960年代に、この現代を見抜いていた」という慧眼に感服することは間違いないと思います。過去・歴史の分析と、現在に起こっている事象との相違・繋がりを、絶妙な「言い換え」によって表現し、そこから未来を読む。この「言い換え」が梅棹先生の慧眼に結びついているのではないか?と感じました。
     分かりやすい例えもあれば、一読では理解しがたい表現もあり…だからこそ余計に、好奇心を掻き立てられるのかも。読むのに難儀して、一旦置くんだけど、時間をあけるとまた読みたくなり…を、読み切った後もしばらく繰り返しそうです。

  •  梅棹忠夫氏が「情報産業論」を最初に論じられたのは1962年ですが、その後の時代の流れを正確に見通していることに驚きました。生物の発生学にもとづいて情報産業を外胚葉産業と例えた着眼点もさることながら、情報の意味と価値に関する認識を改め、情報経済学までも打ち立てようとされています。

     特に情報産業時代の価格決定システムとして提案されている「お布施原理」には目からうろこが落ちる思いでした。一般にモノの価格は需要と供給で決まりますが、情報の価格は売り手の格と買い手の格で決まるという洞察されてます。実際に現代社会ではソフトやコンテンツに対して正規料金を支払う人もいれば、で無料でダウンロードする人もいます。このお布施理論は来るべき「評価経済社会」にも通じるものを感じます。

     また、梅棹氏はマーケティングについても先見性があったようです。梅棹氏が80年代以前から指摘していた体験情報の重要性や顧客ニーズの個別化の動きは、その後「経験価値マーケティング」や「1to1マーケティング」としてMBAコースでも教えられています。

     コンテンツビジネスについても、80年代当時に民放が情報の価値を理解せずに古いフィルムを廃棄していた一方で、梅棹氏はビデオオンデマンドの構想を先駆けて打ち出し、ライブラリの構築を進めていました。

     現代では当然と考えられていることを40年以上前に予見した梅棹氏の思考の根底を理解することは、この先に起きる変化に対応する際に必須かもしれません。

  • 昔とった杵柄・・とはこのこと。しかし内容はむしろ今こそ読み返されるべきものだと思いました。情報=コンピュータと思い込んでしまう世代にはとくに情報の本質を感じさせる本です。

  • 読みやすい本ですが、この本から受ける衝撃は長く続くはずです。本書は、梅棹氏が60年代初頭に「情報産業」(同氏の造語とされています)の到来を正確に見通した類例のない予言の書です。当時、営業を開始したばかりの新幹線を、人や貨物の運搬ではなく、情報を運搬するものと定義し、情報産業に位置づける箇所は、いまもなおスリリングです。
    (ブクログ ITエンジニアに読んでほしい技術書・ビジネス書 推薦文)
    https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/2017/recommend#reco01

  • 糸井重里『ほぼ日刊イトイ新聞の本』で良書として紹介されていたので購入。1960年代に書かれた論文「情報産業論」は、まさに21世紀の現代を予見した驚きの内容だ。『情報』の性質を正しく見極めることで、その将来像を言い当てるすごさ! 情報産業は従来の第1~3次産業とは別次元の産業構造なんだ。「情報の考現学」では職種ごとの考察と疑問提起がなされているが、2045年問題と考え合わせた時に、人間とコンピュータをはじめとした情報機器との関係性が逆転してしまうかもしれない未来を想像して少し不安になるな~

  • 情報といってもマスメディアが垂れ流すものから、米の袋の銘柄や産地など、色々。昭和37年執筆の情報産業論に出て来た中胚葉産業という喩えが面白いのだが、高度情報化社会となった現代は、指摘するところの外胚葉産業の時代になってしまっているのだろう。

  • 「情報産業」というと、今ではコンピュータとインターネットというイメージが強い。しかしそれは狭義の情報産業でしかない。本来は宗教やレジャーなどの、体験や感覚に訴えることも含むのだ。

    時代の流れとして、農業の時代、工業の時代、情報の時代という考えがある。今では一般的なこの考えだか、最初に発表したのがこの本の著者、梅棹忠夫らしい。感心してしまうのはその着想をTV放送から得たという。ようやく民法の放送が始まったような時代にである。そうとうの先見の明があったと言うしかない。

    ある意味で残念なのは、今この本を読むと当たり前なことばかり書いてあるということだろう。新しい考え方に触れられるというのではなく、こんな昔に思いついていたのかという驚きしかないのだ。

  • いっつも「情報は力だ」と考えるようになった僕としてはとても楽しく刺激的に読めた。
    例えば宗教の聖書もコーランも古典情報でありその脈々と語り継がれた「情報」が世界を今でさえ動かし絶え間なく変えてきたし、個人にとってもある「情報」を知ってるか知ってないかで、大きく選択が人生が世界が変わってくる。
    音楽でいえば和声概念とか音階とか。サッカーでいえば蹴り方とか蹴る場所とかフォーメーションとか戦略とか。なるほど!と思えるような情報は、我々がなにも知らず闇雲に無限の中を進む時間を無益なものにしないよう正してくれる。
    だからこそインターネットの凄みを感じさせる昨今であるが、この本に記されている論文はインターネット以前の1960s〜1980sにかけて書かれたものであるにもかかわらず、来るべき現代そして未来を見事に予測するものであった。
    内胚葉産業、中胚葉産業、外胚葉産業という言葉でそれぞれ比喩された農業の時代、工業・エネルギーの時代、精神産業の時代へと向かう人類。まさに精神産業は体験を売る情報産業の時代。それはいわばUXの時代。アカデミックながらも古く平易な文体で書かれた本書は全然デザインに関わる自分の職業領域に繋がっていた。名著。

全66件中 1 - 10件を表示

梅棹忠夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
村上 春樹
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

情報の文明学 (中公文庫)に関連するまとめ

情報の文明学 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

情報の文明学 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

情報の文明学 (中公文庫)の作品紹介

物質とエネルギーの産業化から、精神の産業化へ-。情報産業社会の到来をいち早く予告し、その無限の可能性を人類文明の巨大な視野のもとに考察した、先見性と独創性に富む名著。

情報の文明学 (中公文庫)の単行本

ツイートする