放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)

  • 1081人登録
  • 4.09評価
    • (236)
    • (138)
    • (169)
    • (7)
    • (1)
  • 173レビュー
著者 : 茅田砂胡
  • 中央公論新社 (2003年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041479

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • うゎ、なにこれ!すごく面白い!!
    1巻しか借りてこなかったよ、うわぁー。早く続きが読みたい。今日図書館休みー!(グルグル)
    こんなふうにワクワクする本に出会えたのは、久しぶりだ。

    皆さんのレビューでもちらほら見かける「十二国記」 まさにその雰囲気。偉丈夫で柔軟な思考を持つウォルと金髪で見目は麗しく且つ人外の能力を持つリィは、尚隆と六太っぽいよな。
    ウォルのおおらかさ、
    一見野生児のリィの思慮深さ、すごく好き。

    勧善懲悪だけど、悪とされるペールゼン侯爵も人格者だというのは存外だった。ただその周囲が小物なのでちょっと不憫。

  • 昨年末に著者の通称弁当箱を読み終えて、文庫版には大幅な加筆があることを知ったからには文庫版を読み直さないわけにはいかないなぁということで、新書版で持っているのに新たに文庫版で読み直し。やっぱり面白いことを再確認しつつ、読み直しです

  • 友人が、「日本人でこの本を読んだことがないなんて、そんな勿体無い話はない」と豪語していたので、手にとった。
    なるほど、よどみなく読める。輸入もののファンタジーの長編は翻訳で不自然な日本語になりがちだったり、文化や歴史の違いから、作者の意図することが察しにくいことがある。和製洋物ファンタジーは、そういった問題こそないものの、三流小説になりがち。しかしデルフォニア戦記は、いわゆる「プロの犯行」。恐ろしいほど完成度の高い和製洋物ファンタジー。
    読みやすさは抜群だけれど、なにせ指輪物語を超える長編だ。クラッシュ・ブレイズまで読み終えるのはかなり先になりそうだ。

  • 男は剣を揮っていた。黒髪は乱れ日に灼けた逞しい長身のあちこちに返り血が飛んでいる。孤立無援の男が今まさに凶刃に倒れようとしたその時、助太刀を申し出たのは十二、三と見える少年であった-。
    流浪の国王ウォルと、異世界から落ちてきた少女リィ。孤独な魂の邂逅からはじまった旅。真っ直ぐなリィの言葉が心に沁みます。デルフィニア戦記 第一部(全4冊)。

  • 最初は定番ファンタジーだと思って読み始めたら、定番だけどぐいぐい引き込まれて気がつけばどっぷりタイプの話でした。まとめて読みたくなります。

  • 「精霊の守り人」シリーズ同様、「十二国記」が好きな人に、というオススメを見て読んでみた。とりあえず放浪の戦士編ということで1~4巻まで。
    こちらはわかりやすい悪役と、ヒーロー・ヒロイン?が登場するテンプレみたいな冒険物語。書き手としてはだいぶ素朴で拙いが、その分文字で書いた紙芝居みたいにさらさらと読める。1冊読むのに数時間。読み返す気にはならないな。
    中世っぽい架空の世界が舞台になっているが、世界観が書き込まれているわけではなく、単に物語の背景となっているだけなので、ファンタジー的な楽しみはない。

  • 始まりの物語。この物語のレビューは、いつかきちんと書いてみたいと思うのだけど、いつもいつも書き出せない。この物語は、この物語のためだけに存在している。最後の節でいつも、馬蹄の音、地響きの音が、聞こえる。

  • 物語のテンポがとても良いですね。主人公ともう一人の会話が楽しいです。

    話の流れもつかみやすいのでサクッと読めました。これからどうなっていくのかが楽しみです

  • リィのぶっ飛んだ設定がこの物語の中ではうまくはまってる。自分と一つくらい共通点がある主人公の方が共感できて良いと思ってたけど、これはこれでサクサク楽しみながら読めて良い。
    この先17巻あるが、どこまで読めるかなー!

  •  私の茅田砂胡熱はこの1冊から始まりました。
     と言ってもこの1巻ではまだまだデルフィニア戦記シリーズの真骨頂は訪れませんが……。
     容姿が女に見える以外は完全無欠の少女?・リィと、器の大きさが半端ない豪胆な男・ウォルが主人公です。
     この主人公たちはシリーズを通して、なぜか会話以外の小説内で滅多に名前で書かれることはありません。「男」「少女」「国王」「王女」「王妃」という感じです。他の登場人物は全て名前で書かれているのに。でもそんなところも不思議な魅力があって好きです。
     多彩なキャラクターが登場するこのシリーズですが、私はおおらかで飾らないくせに決めるときは決めるウォルが断然好きです。他に、登場はまだ先ですが、ちょっと天然な万能召使のシェラも大好きです。リィも好きは好きなんだけど、なんでも出来過ぎて時々げんなりしてしまうのが残念です。
     1巻ではこの世界についてや、ウォルの置かれている状況についての説明が当然多いです。ですが、この1巻から既に会話の冴えは際立っていて、あまり抵抗なくするすると読めてしまいます。
     そしてナシアスやシャーミアン、ドラ将軍など、今後のストーリーを彩るキャラクターたちが少しずつ登場してきます。
     何度も何度も読んでいる本なのに、ここまで読むと、また先を読みたくなる不思議な本です。また、全巻再読しようかな? レビューも書けるし。

  • おもしろかった~~
    この連休は3冊しか読めなかったけどどれも大当たりだった!ラッキー!!
    面白い本読めるのはしあわせだな~^O^
    積読してる本が全然減らない(今日もまた本を仕入れたのでさらに高さが増してる・・・><)

    この作者はつい最近まで名前も知らずこのシリーズも知らなかったけど有名なのかな?
    もものきは正直可もなく不可もなくって感じだったけど
    これは面白い~!
    読みやすい

    主人公はジルオールのゼネテスイメージで(だってかっこいいもんよ)読みました。カッコイイな
    女の子もいいな~~美少女なのに男の子とは!
    むしろ男の子のほうがよかったけどまあしょうがないか

    戦記ものって、グインサーガとアルスラーン戦記くらいしか読んだことないような気がするけど(あとテメレア戦記?タイトルは戦記だな)
    どれも面白い~
    権謀術数をめぐらせた話は面白い(図書館の魔女つづきがよみたい)

    ロードス島戦記も名前しか知らないけど面白いのかなー

    デルフィニア戦記おもしろかった!
    つづきも読みたい!
    でも敵が弱そうなのが心配!(笑)

  • シリーズまとめて。

    良くも悪くもライトノベルという内容。
    人物は多いが、主要人物はみんな有能で若くて美しく、すぐに恋愛関係になる。(主役以外)

    数々のピンチがあるが、その解決はいつも同じパターンで強引な印象が残る。
    ファンタジーとは言え、本当になんでもありなので、しらけてしまうことがけっこうある。

    悪玉もとことん悪いので、勧善懲悪の典型的パターン。
    硬い表現はところどころあるものの、単純に物語を楽しめる内容である。

  • 絶対的強さが全然嫌みでなく小気味よい。
    ノンストップで読んだ。

  • 何年かぶりの再読です。
    もしかすると10年以上ぶりなくらい。
    これは、とにかく心躍るファンタジー。
    読みながら思い出すシーンもありつつ、ああ、やっぱり面白い…!!とわくわくしながら読みました。

    なんといっても、キャラクターがすごく魅力的。
    信念があって突き進む人というのは、なんてカッコよく映るものなんでしょうね。この時代に生きていたら、この人についていきたいと思わせるような、この魅力。
    読者だから余すところなく彼らの活躍が見られて、すごく嬉しい。

    物語はまだ始まったばかりで、これから大冒険は続くところ。
    2冊目を先に入手しておかなかったのを後悔してます。
    読み終わった後の高揚感はほんとにやばいというくらい、わくわくしてます。

    ずっと再読したいと思っていた本ですが、読み終わってもきっとまた読みたくなること間違いなしです。

  • 学生の頃シリーズを一読しているのですが、改めて読み直し。

    ウォルとリィの出会い好き。

    圧倒的な世界観もさることながら、仲間敵含め、みんなキャラが立っていて魅了される!

  • 中学校の時に出会って以来、人生で一番読み返している本(シリーズ)です。何回読んでも全然飽きない不思議。THEファンタジーだから、感情移入して読むタイプの本じゃないんだけど、泣いたり笑ったり怒ったりできる。素晴らしい会話劇でもあると思う。今の子たちにも学生時代に是非出会ってほしいシリーズです。

  • またファンタジー小説を読み始めてしまった。。。止まらなくなりそう

  • 異世界に飛ばされた野性味溢れる美貌の少女(元少年)リィと複数の刺客に追われていた流浪の戦士ウォルの出会いから始まる長編ファンタジー。
    面白かったです!続きが気になる!

  • あっ、これアカン奴や!18巻もあるのに全部読みたくなる奴や(((゚Д゚)))

    魅力はリィの知略でしょうか。低レベルな駆け引きは全部すっ飛ばしてくれてテンポが良いですね。今のところ負ける気がしないよ!

  • このシリーズは初めて読みます。
    不思議な超生物リィと、貫録がある放浪戦士ウォルの話。
    ストーリーは変に捻ったりということはなく、素直にするすると進んでいきます。
    ドキドキハラハラする部分、嫌に感じる部分がないので、ストレスなく読み進められます。
    キャラクター描写がテンプレート的で、あまり個性を感じられないので、感情移入はほとんどできませんでした。
    リィの正体がこの時点でなんだかわからないので、やたら現代的というか、現実世界での常識を前提として語るのが不思議です。
    その正体が明らかになるのかと読み進めていったのですが、1巻では彼(彼女?)がなんなのかはわからず。

    シリーズものとして読むと面白いのかもしれませんが、1巻だけの評価をすると、楽しめなかったので星1つです。
    今後の期待も込めて総評価は星2つ。

  • 長編シリーズもの。はまったら大変だなと迷いつつ、北上次郎氏の解説が決め手となって、読んで正解。
    ファンタジーといってもふわふわしてない。面白い。

  • 図書館で。よく見かける作家さんだしシリーズだし。折角だし読んでみようかなあと借りてみました。面白かったです。

    放浪の王が祖国を奪還するために戦うという展開はそういえばアルスラーンとかもそうだったなあとか思いましたがリィの存在が効いていてありがち展開っぽくもなく中だるみもなくサクサクお話が進みます。リィが異邦人なのでウォルにあれこれ質問してくれるおかげで読者たちもあまり無理なく世界に入っていけるというか。中々上手な展開だな、と思います。一巻はお嬢さん脱出というとても良い所で終わっているので続きも即刻借りてこようと思います。楽しみです。

  • 再読。リィとウォルの運命の出会い。それがこの物語の始まり。何度読んでも飽きない痛快な異世界ファンタジー。1巻目はほとんど状況説明だけれど、リィやウォルのように前向きに強く生きたいなと明るい気持ちになる。改めて全18巻をまとめて購入したので、今度は途中間を空けずに一気に読めるのが嬉しい!

全173件中 1 - 25件を表示

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)に関連する談話室の質問

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)に関連するまとめ

茅田砂胡の作品一覧

茅田砂胡の作品ランキング・新刊情報

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)のKindle版

ツイートする