現代世界の十大小説 (NHK出版新書)

  • 73人登録
  • 3.64評価
    • (1)
    • (6)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 池澤夏樹
  • NHK出版 (2014年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784140884508

現代世界の十大小説 (NHK出版新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 近年、個人編集で世界文学全集を刊行し、話題となった池澤夏樹さんが、主に第2次世界大戦以降の現代世界文学で「これは!」というおススメの10作品をピックアップ。
    芥川賞や谷崎賞を受賞した練達の小説家で、信頼できる書評家でもある池澤さんのガイド本です。
    読まないわけにはまいりません。
    本書で池澤さんが挙げている「十大小説」は次の通りです。
    ①「百年の孤独」ガブリエル・ガルシア=マルケス
    ②「悪童日記」アゴタ・クリストフ
    ③「マイトレイ」ミルチャ・エリアーデ
    ④「サルガッソーの広い海」ジーン・リース
    ⑤「フライデーあるいは太平洋の冥界」ミシェル・トゥルニエ
    ⑥「老いぼれグリンゴ」カルロス・フエンテス
    ⑦「クーデタ」ジョン・アップダイク
    ⑧「アメリカの鳥」メアリー・マッカーシー
    ⑨「戦争の悲しみ」バオ・ニン
    ⑩「苦海浄土」石牟礼道子
    ふう。
    ちなみにこのなかで、私が読んだ(所蔵している)のは、「百年の孤独」と「苦海浄土」だけという体たらくです。
    本書を読んで、10作品をすべて読んだ気になりました。
    それだけ作品の中に深く分け入って解説し、中身が濃いということです。
    たとえば、9歳の双子の「悪童」の視点で書いた「悪童日記」。
    池澤さんは、子どものいたずらというレベルをはるかに超えた双子の粗暴なふるまいを紹介する一方、物語の舞台の具体的な国名や地名、時代も一切明示していない点に着目します。
    「おそらく、みずから子どもの頃に深く体験したこの時代の祖国の現実や、そのなかで生きることの厳しさこそ、作者のもっとも書きたいことだったはずです。しかし歴史家ではなく文学者であるアゴタ・クリストフは、それを生のかたちではなく文学的に語ろうとする。固有名や時を特定しない民話的な枠組みのなかで、救いのない物語を毅然と容赦なく描くことを通じて、象徴性を帯びた寓話に昇華させる。これが作者の文学的意図でしょう。」
    作者の意図まで丁寧に解説されていて、思わず読みたくなりますね。
    こちらは読みましたが、「百年の孤独」もこんな具合です。
    「従来の小説、たとえば恋愛小説では、障害やじゃまを乗り越えて結ばれるという骨格がまずあり、そこにさまざまな具体的な障害をはめこんでいくという書き方をとります。全体から細部にいたるという方向の流れです。これに対して『百年の孤独』では、右にあげたような個々のエピソード、すなわち『細部』があまりにも多い。つまり<過剰>であるために、ある意味で作品の本質そのものになってしまっている。だから、それを無視して全体を語ることは不可能なのです」
    ははあ、と思わずうなりました。
    「百年の孤独」はそういう構造になっているのだと感心したのです。
    読んだつもりになって満足せず、いずれ本書で紹介された作品はすべて読むつもりです。
    余談ですが、池澤さんとは昨年、岩見沢に講演にいらっしゃった時にごあいさつさせていただくという僥倖に恵まれました。
    私にとっては文字通り雲の上の方なので、緊張して自己紹介する声が上ずってしまいましたが、池澤さんは終始優しい笑みを浮かべ、激励までしてくださいました。
    素敵な紳士でした。

  • 4〜5

全2件中 1 - 2件を表示

現代世界の十大小説 (NHK出版新書)の作品紹介

私たちが住む世界が抱える問題とは何か?その病巣はどこにあるのか?そして未来はどこへ向かうのか?これらの疑問に対して、いま小説は、どう答えられるのか-。モームの名エッセイ『世界の十大小説』刊行から六十年、池澤夏樹が新たな「世界文学」を擁して激動の現代世界を問い直す。

現代世界の十大小説 (NHK出版新書)はこんな本です

現代世界の十大小説 (NHK出版新書)のKindle版

ツイートする