新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)

  • 3788人登録
  • 3.94評価
    • (494)
    • (374)
    • (539)
    • (14)
    • (6)
  • 212レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 文藝春秋 (1999年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167105792

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 遼陽、旅順、沙河、旅順第三次総攻撃。白襷隊が壊滅したところまで。
    大沢界雄!

  • 日露戦争の勃発から旅順の本格攻略本までを描く本巻。秋山兄弟の出番は少なく、大本営総帥の山県有朋、陸軍総大将、大山巌参謀総長、児玉源太郎次長、一軍大将黒木、二軍大将奥、三軍大将乃木希助四軍大将野津と、それぞれの参謀達のドラマが展開する。
    日本の今日独立して先進国となっているのもこの戦争で活躍した武人のおかげだと痛感しながら読み進める。

    徹底して描かれる旅順攻略における乃木将軍と参謀、伊地知孝介の作戦のまずさと酷さが際立ち、読んでいて憤り、残酷な描写に気分が悪くなるほど。見る人によっては評価が分かれるとのことだが、作者は少なくとも徹底して悪者扱い。緻密な取材のあとがうかがわれることで説得力があり、史実として受け取りながら次巻以降も読み進めます。

  • 歴史に明るくない自分でも名前くらいは知っていた乃木将軍。てっきり優秀な人だと思っていたのに、まさかここまで真逆だったとは。
    更には伊知地参謀長の輪をかけた酷さ。
    司馬氏は相当許せないようで、何度も何度も繰り返し無能な作戦による悲惨な戦の様子を描いている。
    小説とはいえ先人達の尊い命が無為に失われてゆくシーンを延々と読み続けるのはキツいものがありました。

  • 2017.03.30読了。

  • 遼陽、沙河、旅順

  •  全編日露戦。黄海海戦、遼陽会戦、旅順攻略戦(未達)、沙河会戦。

     其処彼処に後年の日本に悪影響を与えた陸軍への批判が目白押し。小気味いいくらいである。
     著者が一番嫌いなのは、恐らく失敗をすることではない。失敗を糧にして工夫し、あるいは思考を巡らせて改善を図る、そういう過程を軽視・無視・実行しない者なのだろう。
     旅順攻略軍の伊地知参謀への痛罵がそのことを実によく伝える。


     本筋とは全く関係ないが、陸軍長州閥を毛利家の家紋から採って一品会とした点はトリビア。が、旧家意識が強すぎて気持ちが悪い。

     そもそも日露戦は薄氷。少なくとも戦術的には勝利ではなかったというのが相応しいと思っていたが、それと同様な印象を著者も持っていたのかなあという印象を強くする。
     一方、戦後、これを陸軍の保身と無謬性確保のため、勝利だと喧伝するべく情報介入していき、極限まで行き着いたのが戦前昭和なんだな、と容易に想像しうる叙述だ。


     全8巻中の4巻目。

  • 物語は日露戦争中盤の黄海海戦・遼陽会戦・沙河会戦まで進み、手に汗握る展開だが、主人公たちの影は薄い。作者が乃木・伊地知無能説を採っていることもあり、旅順攻撃の無為無策と命の浪費に非常にイライラさせられる。

  • 日露戦争を指揮するため、満州軍総司令長官・大山巌と総参謀長・児玉源太郎が戦地に赴く。

    手に汗握る黄海海戦と遼陽会戦の描写。からくも勝利をおさめてほっとしたのもつかの間、旅順要塞の攻略に失敗ばかりの乃木軍にイライラさせられた。大勢の軍人がこんないいかげんな計画で無残に殺されたなんて!

  • 旅順包囲戦、遼陽会戦、沙会戦、バルチック艦隊出港

  • 悲惨極まりない、日露戦争における陸軍の戦い。
    いつまで続くのだろう、と思いながら読み進めています。
    何のために戦うのか。
    何のために死にに行くのか。
    あまりの死者の数に、言葉を失う状況が続きます。

    総大将のあり方、どんな人が後ろにいれば、人はクリアな頭で判断し、行動していけるのかについて繰り返し述べられているのが興味深かったです。

    陸軍と、海軍の比較。
    見えるものの違い。あり方の違い。
    比べて見てゆくのもまた、興味深いです。

  • 日露戦争の真っ只中
    遼陽、旅順が主な舞台

    秋山兄弟がほとんど登場しない
    それよりもその時代を追うことがメイン

  • 前の巻の時に書いた主人公云々は抜きにして、ただ日露戦争物語として読めば、その現状とか赤裸々に描かれていて、なるほど面白いです。旅順ってそんなに酷かったんですね。まだ同戦争が続いていて、結論は知っているから形としては勝利するんだけど、これで”勝ち”って言われても、なんだかな~、って感じです。

  • 敗北必死の戦いを背水の陣をもって、外交力も駆使して勝利を拾った、というのが日露戦争と習ってきた。それに間違いはないけれど、その戦況の悲惨さは私の想像を超えていた。戦況のひとつひとつは、後の大戦とあまり変わらない印象すら持った。ただ違うのは、進撃する兵士にしても作戦を考える将校にしても、その決意ということか。

  • 日露戦争が始まる。これまでは秋山兄弟、正岡子規の人生を味わいながらも、時代背景の解説などどちらかといえば、読みにくい小説の印象もあったが、ここからは一気に筆が走っている感じがします。最初の海戦、旅順港の閉鎖戦、そして旅順要塞の激戦。それぞれの長所、短所を抱えつつ、戦う士官たち。ここからが「坂の上の雲」の醍醐味なんでしょうね。

  • 満州上陸~旅順攻撃

    この程度の頭脳が、旅順の近代要塞を攻めているのである。兵も死ぬであろう。

    たくさんの兵隊さんが死んでいって、ホロホロ。。。

  • 【539】

    ここまで読んだ。
    旅順攻略が長い…‼︎

  • 乃木大将と伊地知参謀長の悪口ばっかり。

  • 旅順がなかなか落ちなくて、すごくもどかしい。
    たくさんの人が亡くなった裏には、藩閥政治があったんだな、とわかった。
    また、最期のことしか知らなかった乃木さんのことをいろいろ知ることが出来た。

  • 旅順がなかなか悩ましい

  • 誰が悪いのか、分かっていても止められない、大企業病そのものですね。身につまされます…

  • ドラマ化で話題を呼んだ伊予松山の場面、正岡子規が出てくるのは3巻までで、4巻以降ラストの8巻までは日露戦争の細かい描写が続きます。

    日露戦争の開幕。旅順要塞での乃木希典の苦戦と、いうことを聞かぬ乃木軍の扱いに苦慮する遼陽の満洲軍総司令官大山巌、参謀総長児玉源太郎の葛藤を描いたもの。
    大器量の人物として描かれる大山、児玉に対して、無策ゆえに配下を死に追いやる乃木将軍のバカ殿ぶりが繰り返し語られます。

    近世中国の知識人が三国志を論じて誰それは張飛だ糜竺だと論じたように、高度成長期のおじさんたちは司馬遼太郎を読んでこのバカ殿は誰それに似ている、など盛り上がったのでしょう。


    ○乃木軍司令部は自由に作戦を立てればよかった。たれからも制約されないという、きわめてひろい権限をもたされている点では、統帥上これほどおもしろい軍団はなく、もしこの司令部を天才が運営すれば自由自在に腕がふるえたであろう。
    が、凡庸な連中にとっては、自由裁量権というものほど心細いものはなく、
    ー乃木軍司令部は孤児だ。
    という感じしかもてなかったであろう。乃木希典も伊地知幸介も、この意味では孤児であった。

    ○総大将の任務というのは、最低限それであった。人心を統一し、敵に向かって士気を高め、いささかの敗北心理も持たせない、というのが、国家と国民が軍隊統率者に期待し要求しているところの資質であり、行動である。作戦のごときは、ときには参謀まかせでもいい。
    「敗けいくさになればわしが指揮をとります」
    といったのは日本の全野戦軍の総司令官である大山巌のことばであり、かれの言葉は統帥というものの本質を指し示している。軍隊から集団恐怖や妄想や敗戦心理を取り去るのが、統帥であった。

全212件中 1 - 25件を表示

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)に関連する談話室の質問

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)に関連するまとめ

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)の作品紹介

明治三十七年二月、日露は戦端を開いた。豊富な兵力を持つ大国に挑んだ、戦費もろくに調達できぬ小国…。少将秋山好古の属する第二軍は遼東半島に上陸した直後から、苦戦の連続であった。また連合艦隊の参謀・少佐真之も堅い砲台群でよろわれた旅順港に潜む敵艦隊に苦慮を重ねる。緒戦から予断を許さない状況が現出した。

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)の単行本

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)のKindle版

新装版 坂の上の雲 (4) (文春文庫)の文庫

ツイートする