阿川佐和子のこの人に会いたい (文春文庫)

  • 76人登録
  • 3.23評価
    • (1)
    • (6)
    • (18)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 阿川佐和子
  • 文藝春秋 (1997年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167435042

阿川佐和子のこの人に会いたい (文春文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今は亡き山崎豊子さん、勝新太郎さんをはじめ、
    イチローさん、松たか子さんら22人との対談集。
    1997年に出版され、対談自体はもう少し前のものも
    あるため、今とのギャップもあって面白い1冊。

  • 今はもう亡くなられた方や、当時は輝いていた方、今読むとまた一味違ったおもしろさがある。こんなに仲のよかった若貴兄弟…とか。

    p.296(1994年時ジャイアント馬場に)「ショー的な要素はどのくらい考えるんですか?」これは『流血の魔術』とすり合わせて考えると興味深い質問だ。

  • 阿川さんの本二冊目。聞く力よりも大分前の対談本。結婚やパートナーへの切望感が垣間見えて面白い。苦手なことでも人生の宝物というあとがき部分が妙に心に残る一冊。確かに嫌いと好きは表裏一体…!

  • すごい。早々たるメンツに対して素手で挑む阿川さん。そこには基礎知識の深さなどは問題ではなく、聞く力なんだな。しかし、なぜみんな阿川さんの前では子供のように話をするんだろうかね?
    阿川さんが子供のように興味深い話しを聞くからなんでしょうか?

  • 「阿川佐和子のこの人に会いたい」3

    著者 阿川佐和子
    出版 文藝春秋

    p402より引用
    “しかし私は思う。どんな人も、会ってみなきゃわからない。
    会ってみたって、その方のすべてを知ることはできないが、会っ
    て一生懸命話しを伺えば、必ずおもしろい発見があるものだ。”

     エッセイストである著者による、著名人へのインタビューをま
    とめた一冊。
     野球選手から映画監督まで、誰でも一度は見聞きしたことがあ
    るであろう人物との対談が収録されています。

     上記の引用は、あとがきの中の一文。
    食べ物だけに限らず、食わず嫌いというのはもったいない事なの
    かも知れません。
     1993年~1997年までの雑誌連載をまとめたものなので、著名人
    達の若い頃の写真を見ることができます。今でも活躍されている
    方がいる一方、既に亡くなられた方もおられる所に、時の流れを
    感じます。

    ーーーーー

  • 十数年前の対談なのでイチローは若くてまだオリックスにいたり、今は亡くなってしまった方との対談が載っていたりして、とても興味深かった。

  • 阿川佐和子は、『阿川さんにならいいよ』と、普段インタビューに応じないような人を饒舌にしてしまう名人。何も大げさなことをしているわけではないのに、その場に自然に流れる空気のようなものがあるんだろうなと思わせられる。

  • 山崎豊子の話、泣いてしまった!女だてらにこんな物語書く人はどんな人かと思っていたら素敵な人でした。

  • 2009/
    2009/

  • 週刊文春でいつも読んでるから買ってみた。
    1冊の本になると微妙だった。
    読みやすいのは確かなんだれども。

全11件中 1 - 10件を表示

阿川佐和子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

阿川佐和子のこの人に会いたい (文春文庫)はこんな本です

阿川佐和子のこの人に会いたい (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

阿川佐和子のこの人に会いたい (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

阿川佐和子のこの人に会いたい (文春文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする