太陽の坐る場所 (文春文庫)

  • 3699人登録
  • 3.34評価
    • (108)
    • (404)
    • (602)
    • (142)
    • (22)
  • 432レビュー
著者 : 辻村深月
  • 文藝春秋 (2011年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167817015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

太陽の坐る場所 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 高校卒業後、毎年、クラス会を開く彼ら。
    クラスメイトの一人である「キョウコ」は人気女優に。
    クラス会に欠席し続けている「キョウコ」をクラス会に呼ぼうと画策するところから10年後のクラス会は彼らにとって特別なものとなっていく。
    出席番号22番、1番、27番、2番、7番の5人が当時、現在、そして「キョウコ」とのつながりを語っていく。
    読み進めていくと、「キョウコ」っていったい誰?と思わせる不思議な展開もありつつ、あぁ、そうだったのか・・・、と最後には納得。
    自分自身の高校時代のことを思い起こしつつ、ちょっと切なくなったり、辛くなったり、感動したり。
    中でも出席番号1番の紗江子の話は好きだなぁ・・・。

    http://azumystyle.exblog.jp/18854169/

  • 先日「ハケンアニメ!」を面白く読んだところだったので、映画化されるということもあって読んでみた。
    ミスリードさせるためなのだろうが、ところどころ視点が混乱するというか、発言者や代名詞(彼女)が誰のことを表しているのかがわかりづらかったなあ。
    私も高校のクラス会にはずっと出席している。40になってから始まったクラス会は毎年開催されているのだが、やはり絶対出席しない人はいる。途中からふっつり来なくなる人もいる。
    私は何も考えないで、ただ懐かしさだけで参加していたのだが、この作品を読んで、思いもよらない視点に気づいた。作中人物のように、ずっと過去の人間関係やステータスにこだわっている人はいるんだなと。
    私はそういう点に無頓着だったので、知らないうちに誰かを傷つけてきてしまったのかもしれない。
    クラスメイトとの優劣やヒエラルキーがどうしようもなく気になってしまう人がいて、そういう人はけっこういつまでもその感覚を引きずってしまう。ふだんは忘れていても、クラス会という場に来ると、気持ちが高校時代に戻ってしまうのかもしれない。
    田舎で、近い距離で同級生と接していたら、なかなかその人間関係から抜け出すのは難しいのかも。
    登場人物の気持ちに共感できないなあと思いながら読んでいたが、実は共感したくなかったのかもしれない。自分の中にある悪意やどす黒い感情を直視することになってしまうから。そういうものから目をそらし、気づかないふりで高校時代をやり過ごしてしまった私には、いろいろと重たい作品であった。

  • 一つ一つを消化していく過程が思いのほか重く、読了するのに時間がかかった。

    学校というコミュニティ。その中でもより狭いクラスというコミュニティに存在する嫉妬や恐怖、悪意そして羨望。

    多くの人が経験したことがある舞台ではないでしょうか。一見穏やかだけれども少し潜れば多くの思惑や感情が渦巻く世界。いま考えると、なぜあんなにも固執する必要があったのか不思議な舞台ですが、その当時は自分がそこに「在る」ことを確かめる為に必要だったのだと思います。

    誰かに取り繕うことも、誰かを排除しようとすることも、そして誰かと距離を置こうとすることも、他者への依存なのだと思えます。それは自分がそこに「在る」ために必要だったもの。誰もがその存在のために誰かに依存する。その誰かはその人にとっての太陽。つまり全ての人は誰かを自分自身を明るく照らすことの出来る存在。自分の内なる扉から覗けば必ず明るい光が見える。

    もがき続けた暗闇の時間がいつしか終わり、まるで映画のように、開く扉からまぶしい光が溢れ出す光景で締め括られた読了の瞬間でした。

  • 辻村さんの小説は本当に大好き。
    えぐってえぐってつきつけられて、ほんの少し抜け出す道を教えてくれる。
    こんなにも心に深く残る。
    また、前を向けるって思える。

  • 女の本心。

    学生時代の真実なんでしょうね。

    朝井リョウと重なる部分もあります。

  • 天の岩戸神話をモチーフに、大人になった高校生を描く。クラスメートたちが女優になったアマテラス(=キョウコ)を外(=同窓会)に引っ張り出そうとするなか、それぞれの抱える秘密が明らかになっていく。地方のコンプレックス、女性同士の反目、自己顕示欲など、「あるある」とうなずきながらも怖くなる。
    辻村さんらしい仕掛けもすばらしい。読み返してみるとヒントはたくさん出ていたのに、やっぱり気がつかない。でも、気づかずにいて最後に驚く方が、この人の作品を楽しめるはず。

  • すっごく面白かった!
    というタイプの小説ではないけれど。
    もう一回読みたくはなる。

    謝りたいけど謝れない過去を思い出した。

  • 不動の地位に・・・太陽のように坐り続けることが自分には許されないと知った。
    閉ざされた空間にいると、その場所が世界のすべてになってしまう。
    今ならわかる。学校という名前がついた箱の中で、自分は長いようで短い時間を過ごしていたのだと。
    その年代特有の残酷さと傲慢さで、周囲を支配しようとしていた人もいた。
    天真爛漫にみせかけて、抜かりなく計算し立ち回っていた人もいた。
    でも大半の人は、居心地のいい場所を探して、さらに狭い世界を作り上げ楽しんでいた。
    同じ空間で、同じ時間を過ごし、同じものを見てきたはずのクラスメートたち。
    私が忘れてしまった瞬間を、いまもずっと覚えている人がいるかもしれない。
    逆に、私にとって絶対に忘れたくない大切な出来事も、記憶の隅にさえ残っていない人もいるだろう。
    時がすべてを解決してくれるわけではない、と思う。
    けれど、時が経てば人は変わる。そして自分も。
    それが大人になるということなのだろう。
    でもやっぱり、人間は本質的なところは変わらないとも思ってしまう自分もいて、少し笑ってしまった。

  • なにか読み辛い。
    なにか引っかかって、すんなり文章が入ってこないと思って読んでいた。
    この違和感の正体がトリックだったとは。
    みごとに引っかかりました!
    しっかし、こんな内面ドロドロした奴ばっかり居るクラス、いっくらなんでも嫌だ(笑)。
    特に水上由希さん。こんな人がクラスに居たら怖いです!!

  • 過去のほろ苦い出来事ががんじがらめにする現在を描きたいなら描けばいい。きっと辻村深月なら描ける。また、それがいかに複雑に絡まっていたとしても、著者がそれを望めば、見事に絡まりを解く力量だってあるはずだ。それも、爽やかに、温かく。ここで叙述トリックのような倒錯を入れる必要がどこにあったのかと問いたい。自分の書いてきた作品に囚われることなく、もっと作品そのもののために自由であっていいじゃないかと。つまりさ、読みにくかったってことです。作品ファーストであるべきで、作者ファーストでも読者ファーストでもないってこと。でも多分、その乖離こそが何よりも難しいはず。

  • 高校時代の同級生たちは女優になったキョウコを
    それぞれの想い・思惑で同窓会になんとか出席させようと試みる。
    そして高校時代のスクールカーストの話も織り交ぜながら
    1人、また1人と前に進んでいくお話…ってことでいいのかな。

    語り手は1人ずつで、キョウコと接触をしていく人たちが
    交代していく形式で話は進みます。

    中学・高校とその年頃の女の子たちは非常に面倒くさい。
    派手グループと地味グループがいつの間にか出来上がっていて、
    ぽつりぽつりとどこにも属さない人がいたりして。

    キョウコのような女王様的存在は私の高校時代にはいなかったけど
    いたら相当厄介だよね…。同じクラスとか勘弁だわぁ…。
    キョウコのワンマン時代から没落へと上手く描かれていると思いました。

    でも、オチがね…先にネタバレレビュー読んでしまって
    途中からは、あーこれは誰で、これはきっと…とか
    邪推しながらだったので、まぁそうだろうな、、、という感じで終わってしまったのが残念。
    うわー騙されたー!って言いたかった。

    映画は水川あさみさんと木村文乃さん主演で気になっていたけど
    映画レビューの方ではいまいちなんですよね。

  • 叙述ミステリとしても楽しめる作品。お気楽な高校~社会人生活を送った身には、登場人物の深刻さに共感しきれず。過去を振り返るのはもっと先でいいよね。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    高校卒業から十年。元同級生たちの話題は、人気女優となったキョウコのこと。クラス会に欠席を続ける彼女を呼び出そうと、それぞれの思惑を胸に画策する男女たちだが、一人また一人と連絡を絶ってゆく。あの頃の出来事が原因なのか…?教室内の悪意や痛み、十年後の葛藤、挫折そして希望を鮮やかに描く。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    カテゴライズの難しい作品でしたね。
    ちょっと前に読んだので忘れてますけどw

    サスペンス、と言うほど緊迫してるわけでもない。
    ミステリーでもない、と思う。
    なぜならキョウコの秘密(?)、割と分かりやすかったから。

    途中でかなり予測がついたと言うか。
    この人の作品ばっかり一時期読んでたからかな?
    癖みたいなものが見えちゃったのかな...?

    何も知らない人が見たら女って怖いなあ、と思いそう。
    そのくらい割と誰もが過去に傷を持ち、誰かを恨み、誰かを蹴落とそうとしてる。

    「女の性」みたいなカテゴライズも嫌だしなぁ。
    同じ女性だけど共感できにくい...

    地方出身だからってそこまでコンプレックスあるかって言うとそれも違うような気がするし...
    上京した人のことをそこまで羨むかって言うとそんなことないと思うし...

    地方のアナウンサーの方はわざとらしいくらいに自分推しなのがちょっと痛い。
    作戦通りかも(笑

    大人になることは、つらいのかな。
    若い子たちに希望を持てる作品が欲しいですね。

    にしても、これ映画化したんですね。
    へー。
    文章では謎のはずだった「キョウコ」の存在いきなりネタばれしてるみたいで(苦笑

    ま、それでよかったんですよね。
    回りくどい書き方してたけど、いっそその方がすがすがしいかも。

    小説もそんな風に進んでたら、そこまでもやっとしなかったのかな...?

    水川あさみさんも木村文乃さんも素敵な女優さんですし、、ぜひ探してみます!

  • 響子と今日子の物語。
    実は映画の予告編を見て面白そうだから読んだので、わざとそう表現しているという部分はわかってしまったのだけれど、それでもとっても面白く読めました。あの頃何でもない教室の中で表面化せずにドロドロ渦巻いていたみんなの気持ちみたいなものを痛切に思い出した。女子校だったから女子の事しかわからないけれど、女子ってそういうとこあるよね、というのがつまった作品です。私は好きだな。

  • 初めて辻村さんの作品読みました。一度読み、真相がわかった上でもう一度読み直すと、また別の視点がみえてきて、2度楽しめた。

    誰しもがもつ心のドロドロした部分がたくさんでてきて、自分にもあるそうゆう部分を改めて思い返させられた。

    特に登場人物が高校を卒業して10年と自分と同年代だったことで、共感する部分も多かった。

    この本を読んで、昔もめてそのまま話さなくなった友人と大人になって会ってみたくなった。

    それにしても、昔の響子は嫌な奴だけど、孤立してもプライドの高さを保ち続けところところは、かっこいい! 

    10年たっても由希が一番たち悪い。由希みたいなタイプが親になると、ママ友の世界でも色々かき乱していくんだろうなと想像してしまった。。。

  • 辻村さんの本を初めて手に取った。
    圧倒。
    自分の中の感情(醜い部分も含めて)を見つめないと、こういう作品は紡げないよなぁ。
    嘆息。
    他の作品も、読んでみたい。
    よーし、これから本屋に行ってこよう。

  • 本作の前に読んだ『オーダーメイド殺人クラブ』はミステリ要素のない作品だったからか油断していて、ころっとだまされた。違和感は確かにかなりあったので、注意深く読んでいれば気づけたかもしれないのに。二人のキョウコ。脇役だとばかり思っていたあの人が、そうだったのか。下駄箱の手紙のくだりは、丸文字の時点でわかってしまった。それから、女優キョウコの出世作となった作品の脚本家とは、『スロウハイツの神様』の赤羽環ですよね、きっと。辻村ワールドの横のつながり、ちゃんとありました。

    本作の素晴らしいところは、嫉妬と欲望渦巻く冒頭の同窓会に象徴されるように、高校時代のスクールカーストを未だに引きずりつつ、見栄や虚勢を張って生きていた登場人物たちが、それぞれに自己解決し、前に進んでいくところだ。彼らにとってそれは本当の意味での「卒業」なのかもしれない。

  • 辻村さんの作品を続けて読んでしまうと、名前が出て来なかったり、愛称で通されたりすると警戒してしまう。

    28歳、クラス会。
    彼、彼女たちの話題にのぼるのは今や若手実力派女優の同級生〝キョウコ〟のことだった。
    それぞれの理由で彼女に会いたい男女が、口実を、手段を変えながら彼女を好奇心剥き出しのクラス会へと引きずり出そうとする。
    その課程で否応なしに向き合わされる、高校時代の自身の歪な虚栄心、理想、浅はかな思惑が今現在も自分を雁字搦めにしている姿に唖然となる。
    それを引き千切るのか、受け入れて歩き出すのか、それはそれぞれの物語。
    〝キョウコ〟と清瀬の巻き込まれたイザコザ。
    みっちゃんとリンちゃんと響子の紡いでしまった思い出の後始末。女王としての幕引き。
    ラストは綺麗にまとまっていて、タイトルの意味、そしてあちこちに撒かれた天の岩戸の中の天照を題材にした映画のイメージを昇華させられて気持ちよかった。

    正直読み始めはどうしようかと思っていた。私に高校時代がないからこんなにも登場人物に感情移入出来ないのか、それとも辻村さんの文章から自分の今がずれたのか…と思っていたのだけれど、紗栄子の章から面白く感じ出した。その後の二つでピークが来たので、ラスト一編は蛇足に感じるくらいだったけれど。

    今ふと疑問が。何故紗栄子が真崎の名前をだした時〝キョウコ〟は表情を曇らせたのか。
    ただ単に彼女らの思惑が透けて見えたからなのか、ラストらへんの『どうしてあの人たちと集まるのか』的な言葉で想像する侮蔑なのか、それ以上にしっくりくる答えがあるのか。
    それとも紗栄子の勘ぐり過ぎなの?

    こんなとこにまで〝赤羽環〟の〝作品〟が出てくるとは。ふふっとなってしまった。
    今は会えない知り合いの頑張りを意図せず見つけてしまったみたいな気持ちだ。

  • 「太陽はどこにあっても明るいのよ」

    『舐められないように。舐められないように。舐められないように。
    羨ましくないふり。或いは、露骨に「いいよねぇ」と口にしてしまうことで、相手に先回りして腹を見せ、自己防衛する。私はそこを認められる人間です、と。』

    『好きな仕事を生き生きとこなす彼女には、軽薄に飾りながら、寄りかかるものを常に探す女たちにはないものがある。一言で表してしまうなら、それは生産性のようなものだ。何も生み出すことのできないその場限りのファッションや思考の真逆に位置するもの。』

    『だって、女子って群れるじゃない』

    『ヒールを脱ぎ、口紅を拭って、安いご飯を食べよう。娯楽映画をはしごして、稽古にも行かずに、家で眠ろう。それ以上に魅力的なことは、もうどこにもないような気がした。』

    『計算のない人間など、存在しない。人間は皆、自分の都合でしか動けない。だけど、そこからはみ出して欲しい。お願いだ。打算を読ませるな。私に読めない行動を取って、必死になってみせろ。』

    『彼女は自由だ、と思った瞬間、冷たいものに胸を撃ち抜かれたような衝撃が走った。地上から彼女を仰ぎ見る、重力に縛られた自分の足。』

    『一番嬉しいのは、褒められること。二番目は、妬まれること。』

    『世の中に星の数ほど存在する恋の一つに、周囲とは違う自分だけの特別の名前をつけたい衝動。そして、そこから生じる嘘は、残念ながら何も珍しいことではない。』

    『他に見せることによって初めて成立するメンヘラ。別れた彼氏や揉めた友人に向けて知らしめる甘え。』

  • 高校卒業から10年。ちょうど自分と同い年の登場人物。
    青春時代とどう向き合っている彼らが描かれているのかと思い、購入。

    結論:こんなに過去に執着したり、卑屈になったことない。

    もしも世の中にこんな人たちが多いなら、僕の過ごした高校時代は結構いいもんだったんだと想う。

  • 辻村さんのデビュー作から追ってきて、今回で7冊目。さすがに名前のトリックを意識して読み進めていきましたが、うーん、ちょっと無理矢理だったかなと思います。
    それでも、登場人物が過去から解放されていき、キョウコも最後は救われる。自分自身、過去に捕らわれているところがあるので、共感してしまいました。本当に過去に捕らわれていたのは、キョウコではなく、キョウコを探す彼らだったんですね。

  • 社会に出た現在でも、高校時代の自分の居場所の間違いをやり直す様に…。東京VS田舎要素も含め定期化したクラス会の群れの中での各々の勘繰り合いと衝動、嘘の波が渦巻く。ポジションにこだわり打算、計算、悪意、皮肉…容易く人前で自分をつくる彼女たち。その時々を楽しめて座れる場所を求め続ける姿を痛々し過ぎる程に描写する。名前トリック、フラッシュバックと忘れていた蒼い多種の感受性をピンポイントで突いてくる…そして最後に陽は差した様だ。

  • 女って、やっぱりめんどくさい。
    だけどどんな悪意に満ちたことも前向きに変えてくれる展開。

  • わたしはすごく好きだけど。

  • 読んでいる間に感じた微妙な違和感と、これぞ辻村深月だよなぁ、と思わせる丁寧な仕掛け。学校が舞台だと読みごたえある。

全432件中 1 - 25件を表示

太陽の坐る場所 (文春文庫)に関連するまとめ

太陽の坐る場所 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

太陽の坐る場所 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

太陽の坐る場所 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

太陽の坐る場所 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

太陽の坐る場所 (文春文庫)の作品紹介

太陽の坐る場所は、辻村深月による日本の小説で、隔月刊小説誌別冊文藝春秋に連載されていました。水川あさみ主演で2014年には映画化もされました。高校卒業して10年後のクラス会に、女優になったクラスメートを呼ぼうと連絡を取ろうとします。キョウコという2人の同じ名前を持つ女性。そして高校時代の苦い思い出と登場人物の思いが交錯します。

太陽の坐る場所 (文春文庫)の単行本

太陽の坐る場所 (文春文庫)のKindle版

ツイートする