火花 (文春文庫)

  • 1329人登録
  • 3.36評価
    • (47)
    • (128)
    • (167)
    • (49)
    • (13)
  • 169レビュー
著者 : 又吉直樹
  • 文藝春秋 (2017年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167907822

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
中村 文則
原田 マハ
有効な右矢印 無効な右矢印

火花 (文春文庫)の感想・レビュー・書評

  • 笑いどころもあり、テンポ良く読めた。
    神谷さんという人物の人柄に寄り添いながら物語が進む。
    神谷さんのことが笑えるほど愛しいと思える作品。
    またお笑いに対する作者の哲学も垣間見れて、新しい経験ができたと思える。

  • ためし読み。
    なんとか賞を選んでるみなさんは、
    もうどうしょうもないな!

  • 文庫化されたので買って読みました。
    面白かったですね、芸人さんが書いたという前提は全く抜きにして楽しくすらすら読める作品でした。
    ところどころ、文章表現が綺麗で好きです。
    「僕たちは世間を完全に無視することは出来ないんです。世間を無視することは、人に優しくないことなんです。」という徳永が神谷さんに向けたセリフはグッときました。

  • 神谷さんのようになりたいとは思わないけど、周りに流されなさは少し見習いたい。
    ところどころ又吉先生の喋りで脳内再生されるのは作者にとって良いことなのか悪いことなのか。

  • 表現が上手で割とライトノベル感覚ですらすら読める。

    何か表現活動をしている方にもオススメしたいですね。

    面白いです。

  • 冗長。会話にあまりリアリティーを感じなかつた。言葉にこだわり続けていたはずの神谷のラストの行動に一貫性がない。
    ただ、小説は自由で良いのだということを感じさせてくれたところは良い作品。

  • 成功した漫才師も、周りの(成功しなかった)漫才師がいたから面白かった、というくだり、それはその通り。
    そのほかは残念ながら、私には共感できるほど感性がなかったとおもう。

  • 神谷さんと徳永の何気ない芸人らしいやり取りが面白かった。
    又吉が書いた本、と思って期待して読んでしまったからか、最後はすっきりしなかった。
    でも次回作の劇場も読んでみたい。

  •  「エジソンが発明したのは闇」

     芸人が書く小説は外れない。
     例えば、劇団ひとりの「陰日向に咲く」の印象は強い。
     
     言葉を扱う職業だからこそ、言葉の使い方がオモろい。笑える。
     その中にも使い方のうまさに驚く言葉がある。

     売れない芸人の徳永は熱海の花火大会の青年会の出し物レベルの舞台で絶叫を繰り返す男と出会った。
     その男、天才肌の先輩芸人・神谷を師と仰ぐようになる。

     月日は経ち、徳永は神谷との付き合いが続くが、神谷の才能に違和感を抱くようになる。
     純粋に笑いを突き詰めようとする神谷だが、その突き詰めた笑いと世間とのズレに徳永は気がついていく。

     十年間を過ごした師の否定。
     徳永が流した涙は誰のためだったのか。

     自分が突き詰めていくものと世間との間のギャップを越えられないこともある。
     その時、変われる人と変われない人がいるはずだ。

     二作目も読んでみようかと思う、筆者のデビュー作だった。

  • 又吉の自伝なのかな?って思えた。
    さほど山場も無くサラッと読み終わった。

  • 請求記号 913.6/Ma 71

  • 重苦しい感じが漂っていた。

  • 2017.06.27

    芸人の青春
    少し胸が痛い

  • ミーハー心で手に取った作品。
    神谷さんの破天荒さについて行けない所もあったけど全般的に読みやすく、特に後半は一気に読めた。
    芸人さんの話って事もあって、色々ともどかしい部分が読んでて切なくなるけど読了後は、この人達はきっとずっとこんな感じで生きていくんだろうな、と思えてハッピーエンドとは少し違う気がするけど良い終わりだったと思う。

  •  面白かったですが、辛いです。……ツライ。心を抉られました。夢だけじゃくってけないですね。知っております。
     好きと才能があるとそれで食べていけるは全部が違って、それが現実だとは思いますが、ひどく切ない。自分が一番望むところに居られなくても、それを職業にできなくても、人生は続くし生きていかないといけません。
     主人公はまだしも、神谷はこれからどうなるんでしょうね。

  • もの悲しく、優しい青春小説。
    笑わせるところでは、読みながら思わず笑ってしまった。内面描写がとても丁寧だけれど、少し説明過多な印象もある。

  • 落ちがないっていうか、ストーリーがいい感じになくて自由な感じが純文学でよかった。
    神谷さん破天荒すぎる。

  • お笑い芸人の取った芥川賞と微妙に期待してなかったけどそのするべき期待の何倍も面白かった。笑いに対する何かが迸りまくってるのに空回りな神谷とそれをわかっちゃうが故に自分が歯がゆい徳永の二人の描写が最高。神谷は人格破綻者なのに徳永に対しては最後まで先輩であろうとする点が泣かせる。美しい。神谷にしろ徳永にしろ、自分はここまで何かを真剣に考える事はなかったし、ピース又吉については何も知らないのだけど、ここまで書けるのだからそこそこ雨白い芸人なのかなと思った。

  • 2017 ササッと結構面白く読んだけど、芥川賞の基準はよく分からなかったけど 又吉の芥川が好きなのは熱が伝わった 芥川の本読みたくなったもの。物語は結構面白いんだけど 芸人(漫才師)に焦点をあててるので ずっと 本の中に出てくる人物が又吉とオーバラップして仕方なかった
    本の中の人物像は本来 自分だけの想像上の産物であってほしいのに 随所に又吉のイメージが出てきてしまった事が残念だった

  • 又吉さん 頑張った。1冊の本に仕上げるには才能が必要だろう。次の一冊に期待。

  • 尊敬している人、憧れている人、憧れていた人……そういった人たちの弱い部分や矛盾している部分を目にしてしまうのは本当に辛いことだ。しかし、常に変わり続け、日々新しい認識を獲得してゆく私たちにとって、それは仕方の無いことかもしれない。

  • さまざまな本のあとがきを読んで「へ〜、この人の文章、面白い」と驚いたことが二度あります。一度目は児玉清さんのあとがき。二度目は又吉さんのそれでした。

    漫才師の徳永と先輩漫才師の神谷。徳永が神谷の伝記を書けと本人から頼まれて、なんだかんだで一緒にいるように。

    芥川賞作品を読むと私にはありがちな、時おり睡魔に襲われる。だけど日常的なボケとツッコミに切なさを感じながら笑わされ、退屈なわけでもないという不思議な作品でした。

    巻末の芥川賞受賞記念エッセイ「芥川龍之介への手紙」が私にとっては出色。本編よりも好きだったかも。

  • 芥川賞うんぬんに関してはよくわからないが作品として純粋に面白かった。楽しい時間でした。

全169件中 1 - 25件を表示

火花 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

火花 (文春文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

火花 (文春文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

火花 (文春文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

火花 (文春文庫)のKindle版

火花 (文春文庫)の単行本

ツイートする