花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)

  • 200人登録
  • 4.10評価
    • (45)
    • (21)
    • (33)
    • (1)
    • (0)
  • 32レビュー
  • 徳間書店 (2004年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784197802654

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名作中の名作。


    男達の熱き生き様がもう素敵すぎて泣けます。

    何度も言いますが本当の本当に原先生は神すぎます。はい。

    蛮頭さんが散ってしまうシーンが一番号泣しました。
    蛮『前田殿ー!!!...お先に』
    慶『ああ、また会おう』

    (´;ω;`)

    いや、これ皆読むべきだと思います
    歴史に詳しくない興味なかった私でも花慶読んですっごい歴史に興味
    持ちましたよ。


    出会えて良かった作品です*

  •  封建時代の偉人伝かくあるべしという内容か。時は秀吉天下統一期、戦を愛する快男児・前田慶次が主人公のフィクションに富んだ伝記物。

     主人公前田慶次はとにかく完璧超人である。武勇に優れ弁も立つ。人望もあればちんこもでかいときたもんだ。その上、秀吉のお墨付きをもらった自由人だというのだからやりたい放題。読んでりゃ分かるが彼の行動には失敗がほとんどない。生まれたときには天上天下唯我独尊とでも口にしていそうな主人公に、思わず厨設定乙と言いたくなろうものだが、意外なことにそれ程嫌悪感は湧かない。むしろ爽やかさすら感じるのは、この物語が歴史ものであるためか。原哲夫の画もまさにこのマンガの為にあるのではと思うくらいピッタリってのも説得力を与えているのかも。

     古風な価値観を貫き通したのも好印象かもね。このマンガに通底する戦争観や男女観なんて現代の常識的な感覚から言えばありえないんだけど、むしろ気持ちよさすら感じる。主人公が大の男を並べて下半身を裸にさせ、一物の大きさで首領を決めたエピソードなんてこのマンガの価値観を表す分かりやすい例だと思う。男性性ばんざい。そりゃあ男に読まれるわな。

     まあ、面白かった。快男児を扱うにはこれくらい誇張たっぷりの方が面白いね。ただ、この作品を名作と見るのはどうかなあ。個人的には「ねーよwww」ぐらいに思いつつも、その先をわくわくして読み進める漫画だと思う。感動とは無縁だよね。

  • 前田慶次のかっこよさは言わずもがなだけど、悪人面の前田利家のインパクトが忘れられない。
    原哲夫作品は「北斗の拳」くらいしか読んでないけど、悪そうな輩にかぎって愛着を持ってしまう所が大好き。
    画力と迫力がますますパワーアップしていて、今までの戦国武将のイメージが塗り替わってしまった気がする。

    風魔小太郎がめちゃくちゃ格好良くて好きだけど、慶次と秀吉の対面が読み応えがあって一番面白かった。
    あと女性がみんなとんでもなく美人。

  • BOOKOFFにて購入。
    こんなに面白いなら2巻~一気に買っとけばよかったよ・・・

  • 話がすすむほどたのしくなってくる。
    リンドウさしちゃうじじさまが素敵。

  • 1~15完

  • パチンコから流れてきました。
    慶次や友の生きざまがかっこいい‼
    より好きになります。

  • 中学生の頃にはそろえていました。ほとんどない文献や資料でのケイジとくらべると漫画のケイジはかっこよすぎですが、ヨシとしよう。

  • 慶次かっこよすぎる。誰もが憧れる生き方。

    時々、何回か読みかえしたい漫画。

全32件中 1 - 10件を表示

隆慶一郎の作品

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)に関連するまとめ

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)を本棚に登録しているひと

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする