ドカベン スーパースターズ編 (2) 少年チャンピオン・コミックス

  • 37人登録
  • 3.27評価
    • (0)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 水島新司
  • 秋田書店 (2004年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784253206525

ドカベン スーパースターズ編 (2) 少年チャンピオン・コミックスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういう、1試合に何ヶ月もかかるような試合の方が、やっぱり、プロ野球の毎日、毎日のチマチマドラマよりも、おもしろく感じます。

    しかし、毎日、こんな試合ばっかりだったら、寿命縮むだろうなぁ。

  • 2004年のプロ野球が開幕した。新球団の四国アイアンドッグスと東京スーパースターズの開幕戦は、松山坊ちゃんスタジアムで始まった。
    日本にベースボールを根付かせたのは、松山出身の正岡子規ということなので、四国は野球と縁のあるところなのだが、四国にプロ球団がないというのは、残念なことであるのは確かだ。

    四国IDのピッチャーは、不知火。東京SSの一番バッターは、岩鬼。一級目のど真ん中をたたいてホームラン。全く岩鬼は、わからん。ど真ん中は打てないはずなのに。
    2番バッターは、殿馬。意表をつくセーフティバント。サード、マドンナ猛然とダッシュし、素早いスローイング。なんとアウト。
    3番バッター、微笑。ヒットと思いきや運悪くアウト。
    4番バッター、山田。ハエ止まりという超遅球を投げられ、配球を読み違え三振。
    四国IDの1番バッターは、マドンナ。左バッターボックスの一番後ろ、ベースに遠い位置に立って、ボールとの位置を測る。3球目、思い切り踏み込んで、ピッチャー返し、センター前ヒット。2番バッター阿波。送りバントは空振り。マドンナは一塁に戻ると見せて2塁に走るが、山田はだまされず、2塁に投げてアウト。
    お互いファインプレーの連続で、熱戦が続く。四国IDは、7番バッター知三郎、ヒット。8番バッターキャッチャーの丸亀(あだ名はトカヘン)なんとツーランホームラン。逆転。
    新しいキャラクターで、勝負をじっくり描いている。四国と東京の試合だけを描くわけにも行かないだろうけど、この先どうなることやら。
    (2005.05.22・記)

全2件中 1 - 2件を表示

水島新司の作品

ドカベン スーパースターズ編 (2) 少年チャンピオン・コミックスはこんなマンガです

ドカベン スーパースターズ編 (2) 少年チャンピオン・コミックスを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドカベン スーパースターズ編 (2) 少年チャンピオン・コミックスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドカベン スーパースターズ編 (2) 少年チャンピオン・コミックスを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする