ソーシャルデザイン (アイデアインク)

  • 1467人登録
  • 3.94評価
    • (130)
    • (171)
    • (107)
    • (19)
    • (3)
  • 202レビュー
制作 : グリーンズ 
  • 朝日出版社 (2012年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784255006222

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

ソーシャルデザイン (アイデアインク)の感想・レビュー・書評

  • 社会の仕組みをアップデートする「ソーシャルデザイナー」たちを紹介した本。それぞれ取り組んでいる課題は違うが、どれも「自分ごと」から始まっていて、問題“発見”の参考になるストーリーとそれを解決するアイデアがコンパクトにまとまっている。
    個人的には山崎亮さんの、「“自分ごとにする”とは(お金だけじゃなく、地方の美味しいものでも何でも)“ぼろ儲けすること”」という言葉がすごく自分の気分とフィットしました。エゴを自覚した上で「社会のためになること」というキレイ事だけではなく、同時に「楽しめること」「(参加する人が)自分の得になる(かもしれない)こと」も巧みに仕組んでおくことが『人を動かす(=社会の仕組みをアップデートする)』ことにつながるのかなと思います。そこにあるのはクリエイティビティで、「解決する」という発想より「デザイン」するというアートな発想に近い。読み終わった時の本のタイトルへのしっくり感がハンパない。
    サブタイトルに「社会をつくるグッドアイデア集」とあるだけあって、1つ1つの事例がテンポ良く読める分量なのは良いが、もうちょっと深く知りたいテーマもあって星4。入門としては最高です。

  • ビジネスとして、とは言わないまでも少なくとも継続可能な程度の収支が成り立っているのか。今現在継続できているのか。衣食足りた遊民達の自己満足に終わっていないか。等、情報公開と継続調査の不足から、うん、ごもっとも、総論賛成だよね、としか言えない。
    各論ではスウェーデンの「スピード・カメラ・ロッタリー」や「カルマ・カップ」など、きちんとまじめにルールを守る人が得をする仕組みは広めたい。

  • 社会の問題を「楽しく」解決する。そんなアイデアを集めて紹介するサイトGreens.jp。ここは同じシェアオフィスに席を置く、ご近所さんでもあるので親近感が湧きます。30代の彼らの環境や社会への意識の高さと行動力にはほんとうにかなわない。素晴らしいことだと思います。
    この2冊の本で紹介されているたくさんのアイデア。どれも秀逸で、心が浮き浮きするような楽しさ、悪戯心、思いやり、そして継続可能なビジネスとしての発展性に富んでいます。僕が今まで広告やプロモーションの世界でやろうとしてできなかったことが次々に実現しています。ボランティアでなく、きちんとビジネス化しているところがすごいのです。
    例えばおばあちゃんを指名してニットをカスタムメイドする「ゴールデンフック」。そこには孤独な老人が再び社会と関わりを持ち、ユーザーとの結びつきを得る。ユーザーとしても自分だけの「おばあちゃん」ができる。コストとか製品のデザインやクオリティだけじゃない、もっといろいろな問題を一気に解決するパワーがあるアイデアです。なにしろ「愛」がある。優しい気持ちになれる。
    他にもバングラデシュのジュートを使って現地生産し、直売する「マザーハウス」の山口理絵子さんや日本各地の地域振興を手掛ける「コミュニティデザイナー」の山崎亮さんなどの有名な方も登場しますし、海外からはロンドンで始まった「ゲリラガーデニング」やホームレスにコートを贈る広告「The Warming Hunger」など、スマートで洒落たアイデアも紹介されています。
    世界で、同時多発的に盛り上がってきたソーシャルデザインというムーブメント。どうもバブル世代ということで今ひとつこの流れから阻害されているように感じる私たち40代ですが、勇気を出してこの世界に踏み込んでいきたいと思います。もっと自由に、自分を解放して進めたらいいなぁと、この本を読んで勇気が湧いてきたように思います。
    アイデアはある。でも資金を集めて人を集めて実行する。その行動力が自分には足りないと、痛いほど感じます。もちろん家庭とか、生活とか考えなくてはならないことはあるのだけれど、今までの経験を活かすことができれば道は開けると信じて進んでいこう。
    とりあえず、次回のGreen Drinkには参加しなくちゃね。今年はもっともっと人とのつながりを増やしていこうと思います。笑顔を忘れず、繋がっていきましょう。

  • 自分の思うこうしたら良いと思うことの具体化を学べる
    具体例から学ぶアプローチの発想が面白かった。特にサッカーボールソケット。

  • おばあちゃん×編み物
    日本2050年⇒2.5人に1人はおばあちゃん
    自分で自分の生活は支える時代。おばあちゃんたちの生き甲斐を作る。自立

    うわさプロジェクト
    H.O.Wアウトドアウェディング
    シティプロモーション『ドキドキするバルセロナ!』
    東京シャボン玉クラブ

    ※原因療法
    ⇒仕組みを作ること、ステークホルダーを想像し、ホリスティックに状況を捉えること
    目の前のwhatじゃなくてwhyという問い
    『反骨心が新しいものを生む』『もっとこうなったらいいのに!』を、大切にすること

  • 何だか明るい心持ちになります。

  • すばらしく前向きになれる一冊。自分の内側の大きな変化を感じますよ。

  • 絶対お勧め!

    まずお勧めポイント第1は、まるでほっこりとしたいい映画や短編小説を読んだかの様な幸せな気持ちになれる。あ~、世の中って捨てたもんじゃないよね、うんうん、頑張ろうってね(笑)

    第2は、問いかけがにくい(>人<;)!あー、まずい、私もなんか行動起こさなきゃ、私にとっての大事な人や大切な人、気になることってなんだろ、私は何しているときに一番夢中なんだろって、直球投げられてしまいました。
    本当にこれ、やりたいの?井上英之
    好きだった自分ってどんな自分?山口絵理子
    それは本当にその地域の人のためになることか?山崎亮
    この本は時間をかいて再読したいなー。

  • 出版社の方から献本いただきました。

    国内外のソーシャルデザイン(社会にある課題や問題を解決する方法、手法)が色々と紹介されている本。

    国内の農家が取り組むものや、海外の2人だけでたくさんの人たちを巻き込んだアクションなど、個人や小さい輪で取り組んでる話が紹介されています。

    実は、この本を読むまでグリーンズさんはちょっと苦手な部分があったんですが、ちゃんとソーシャルデザインの必要性と、それが自分に関係あるんじゃって思わせてくれて、良い刺激になったし、おそらく自分や自分の周りで社会の問題、課題が存在しているんだと思います。

    当然、すべての人がそれに対してアクションをできるのか?っていえばそうではないけど、でもいろんな人がこの本を読んで、アクション(社会の問題を解決するための取り組み)をしてみたいって思える本だと思いました。

  • 本当にアイデア集でした。
    読むタイミングと立場によりはまると思う。

  • 副題が社会をつくるグッドアイデア集ということで、21個の活動が紹介されている。どれも魅力的でおもしろいが、green.jpで読める記事以上のものはほぼないかな。

    アイデアはボキャブラリーという考え方は新鮮で、良い表現をもらった。

    あと、文中の井上英之さんの言葉「想定外のことがたくさん起こるのが前提で、何が起こっても身軽に適応するためには、意思決定も行動も分散型の方が効率的です」は印象に残った。まさにその通りで、マイプロもNPOも効率的で合理的だから魅力があるのだ。

  • 今あるものをどう組み合わせていくのか。
    その作業を楽しんでできるのか、どうか。

  • 以前、「grrenz.jp」編集長の兼松さんのお話を聞く機会があり、以前からじっくり読もうと思っていた一冊。
    事例も多く、興味深く、そして一気に読んでしまいました。社会問題の解決、というと非常に難しく感じてしまいますが、ちょっとした行動から解決に向けて少しでも進むことはできる。これは決して特別な人だけの問題ではなく、誰にでも当てはまることです。
    そして、デザインの持つ力というのも改めて感じました。
    本当に多くの可能性を感じられる一冊でした。

    ▼グリーンズが考えるソーシャルデザイン
    「社会的な課題の解決と同時に、新たな価値を創出する画期的な仕組みをつくること」

    ▼グリーンズで紹介しているアイデアに共通しているのは、身近な地域の取り組みでもグローバル展開のプロジェクトでも、その人しか気づくことのできなかった強い問題意識、つまり「自分ごと」がきっかけになっている

    ▼世の中の不便に取り組むソーシャルデザインは、マイナスをプラスにする発想が大切。そのためのマジックワードが「これからの○○」
    →未来を考えるモードに頭がスタンバイする

    ▼共感を生むためのグッドアイデア三カ条
    ①サプライズがある
    ②思いやりや愛がある
    ③社会問題を一気に解決する

    ▼これからは「正解」よりも「問いかけ」が重要になってくる




    <この本から得られた気づきとアクション>
    ・社会に役立つ行動とは決して難しいことではない。アイデアを実行に移すことが大事だ。
    ・まずは、問題意識を自分のものとして考えることから始めてみる

    <目次>
    はじめに/ソーシャルデザインとは何か?
    第1章 「自分ごと」から始める
    第2章 「これからの○○」をつくる
    第3章 行動をデザインする
    第4章 「新しいあたりまえ」になる
    おわりに

  • 社会をよくするデザイン事例

    こんなみじかなアイディアが社会をよくするため実現されてるんだ!というポジティブな本。アクション〜。

  • “社会の問題は楽しく解決できる“ のコンセプトの元、
    世界の事例が掲載されています。

    個人的には「安全運転しているドライバーに宝くじをプレゼント」というのが気に入りました(違反した人の反則金で宝くじを購入するのですよ(^^))。

    自分にもやれることがあるかもと考え、自分の暮らす街のために何か始めようかな、という気持ちになりました。
    というか、ちょっとしたアイデアが浮かんできました(^^)

  • グリーンズは知っていたけれど、
    本は読んだことがなくて、
    すごくヒントになった。

    「自分ごと」から行動をデザインして、
    結果的に社会を変えていっている
    というのが、すごいし、心地よい。

  • PLATの吉川さんよりお借りした一冊。

    社会起業など新たな事例がいっぱい。
    既にしっていたものから、へぇこんなのあるの?という発見まで!

    せっかく面白いアイデアがポコポコ出てきているのだから、
    こうして網羅的に知れ渡る機会、いいですね><

  • ウェブメディア「グリーンズ」の人気記事を集めて書籍化したもの。社会変革を志向するイケてる(と評価された)アイデアが短時間で一覧できてよい。「何かしたい」を錆びつかせないため、ときどき開いて気持ちを研ぐ砥石になりそう。
    ウェブ記事をわざわざ紙にして何の意味があるの、というツッコミも成り立ちそうだけど、やっぱすぐ手でページを繰れるカタログって便利だし、ディスプレイを覗きこんでのとは心持ちが違う。

  • いろいろなソーシャルでの企画事例が沢山詰まっている一冊。星新一的なタッチの企画アイデア本でとても読み易い!(1時間位で読めちゃいます)

  • かなりジェネラルだった。この類に興味が既にあるなら知ってる情報も結構あるかも。

  • 「ソーシャル」「デザイン」という響きの良いバズワードや、単なる事例収集かのような内容に、初めは懐疑的になっていたが、読んでみると想像以上に良い。
    編者がよく考えて事例を整序したり、途中にインタビューやまとめを挟んだりしているのが良いのだろうけど、確かに
    「あんなこともできるな」「こんなこともやって良いんだな」とアイディアが湧き出るようになる。
    グッとくるページの端を追っていたら、折り目だらけになった。

    前向きになれる本。

  • ソーシャルビジネスがおもしろそうに思えた。
    企業はその意義が自分で納得できる物でなければならないと思っているので共感できる。
    「金儲けだけの人生はむなしい」と思う人が増えると、ソーシャルビジネスへの取り組みを考える人が増えると思う。
    仕事が金儲け以外の喜びがほとんどないものに成り下がっているものが多くなっていることも原因だが。
    後ほど、以下のものをネット等でチェックしておこう。
    ・シャボステーション
    ・自家発電サッカーボール
    ・ゲリラ・ガーデニング
    ・四万十川新聞バッグ
     http://shimanto-shinbun-bag.jp/

    そういえば、映画「不都合な真実」をまだ観ていないことを思いだした。

  • 社会的な課題の解決と同時に、新たな価値を生み出す仕組みを作る「ソーシャルデザイン」について、様々な事例をもとに紹介されています。大きく「社会をつくる」と言っても、筆者が伝えたいのは日々の些細な疑問と向き合うことの大切さです。そうした疑問と、既存のアイデアを組み合わせることにより、オリジナルのアイデアが生まれて、その積み重ねが「社会をつくる」ことに繋がっていくと教えてくれています。

  • 一枚のちらし
    着まわし ユニフォームプロジェクト
    が、面白かったかな。

全202件中 1 - 25件を表示

ソーシャルデザイン (アイデアインク)に関連するまとめ

ソーシャルデザイン (アイデアインク)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソーシャルデザイン (アイデアインク)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソーシャルデザイン (アイデアインク)を本棚に「積読」で登録しているひと

ソーシャルデザイン (アイデアインク)の作品紹介

毎日の暮らしも世界の問題も、たったひとつの思いつきで「楽しく」変えられる。おばあちゃんを元気にするニットブランド、街を賑わす「うわさ」の貼り紙。月間読者12万人のウェブマガジンを営むグリーンズが、社会を変えた伝説のアイデアを世界中から紹介。これからの街、子育て、エネルギー…「自分ごと」で未来の社会をつくるためのヒント集。話題の実践家、山崎亮、山口絵理子、井上英之各氏のインタビューも収録。「これからのアイデア」をコンパクトに提供するブックシリーズ第2弾。

ソーシャルデザイン (アイデアインク)のKindle版

ツイートする