さんねん峠―朝鮮のむかしばなし (フォア文庫)

  • 18人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 李錦玉
制作 : 朴 民宜 
  • 岩崎書店 (1996年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (150ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265063048

さんねん峠―朝鮮のむかしばなし (フォア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝鮮は、日本に1910年から1945年の30年も植民地になっていたんだね

  • 現代人の祈りに登場するさんねん峠の話ほか朝鮮のむかしばなしを読みました。さんねん峠は小学校三年生の国語の教科書に登場したようです。勧善懲悪ものが多い中でさんねん峠に悪人は出て来ない。さんねん峠で転んで三年しか生きられないという呪いにかかってしまったおじいさいの呪いをといた水車屋のトルトリは機転が利く!という話でした。1回転んだら3年しか生きられないという峠なら、2回転んで6年、ころころ転べば長生きすると解釈しました。

全2件中 1 - 2件を表示

李錦玉の作品

さんねん峠―朝鮮のむかしばなし (フォア文庫)はこんな本です

さんねん峠―朝鮮のむかしばなし (フォア文庫)の大型本

ツイートする