烈風の港

  • 13人登録
  • 3.88評価
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 石川渓月
  • 光文社 (2012年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334928629

烈風の港の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • も一つ訴えるものに欠けるかな。

全1件中 1 - 1件を表示

石川渓月の作品

烈風の港の作品紹介

15年前、高校教師だった悟郎は生徒を助けるため、あやまってチンピラを殺した。出所後、港近くの小さな居酒屋を譲り受け、息を潜め生きていたが、ある日、可愛がっていたかつての教え子が殺された。日本近海の海底に眠る次世代エネルギー資源「燃える氷」ことメタンハイドレートの大規模研究施設の誘致を巡る利権漁りが遠因らしい。-真犯人を見つけ、敵を討つ。悟郎は立ち上がった。

烈風の港はこんな本です

烈風の港の文庫

烈風の港のKindle版

ツイートする