パーシーの魔法の運動ぐつ (新しいこどもの文学)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : はた こうしろう  Ulf Stark  菱木 晃子 
  • 小峰書店 (1997年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784338089272

パーシーの魔法の運動ぐつ (新しいこどもの文学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者が、自分の子供時代をもとに書いた物語だそうな。

    ウルフは近所でも評判のいい子。でもにいちゃんにはしょっちゅう腕をなぐられている。年がら年中ぽっちゃりした腕には青あざだらけ。にいちゃんは怖い。
    ウルフは運動神経が悪くて平均台からも転がり落ちてしまう。
    転校してきたパーシーは運動神経もよくて、けんかも強い。そしてボロボロの運動靴を履いている。「自分がなんでもできるのは、この魔法の運動靴だからだ」ということばに惹かれ、ウルフはその靴がほしいのでパーシーとの取引をすることに。そして持っているものをいっぱい取り上げられていく。
    やっと手に入れた運動靴。しかしこれを手に入れてからのウルフは・・・

    パーシーみたいになりたい、パーシーを喜ばせたい、と思うウルフは大変なことをしてしまう。それは間違っているけれど、素直な子供らしさが上手く描かれている。
    話の展開も会話も読んでいて面白い。

  • ウルフは運動神経がない。にいちゃんにいじめられてもやり返せないし、平均台もうまく渡れない。転校生で隣の席になったパーシーは強くて勇敢でもう女の子とキスもしたって!パーシーみたいになれたらなんでもする、と言ったウルフにパーシーは秘密を教えてくれた。それは、パーシーの履いているボロボロの魔法の靴のおかげだってこと。そしてそれをウルフに譲ってもいい、取引をしようだって!

    ウルフ、だまされてるよ!って思いながら読んでいたけど、憧れのパーシーの言うこと全部を鵜呑みにするウルフに、いつしかパーシーも一目おくところがすごくいいな。本当に強いのはウルフだなって思います。ただ少し勇気が足らなかっただけで。そのきっかけを与えたのはパーシーで、二人は周りの心配なんて余所にとてもいいコンビなんだと気付きました。

  • 甘ったれな男の子が、大人びた同級生の子に色々教えられ成長していくのが面白い。どこにでもこんな大人びた子供がいる!

  • ウルフ・スタルク好きだなあ。作者の子ども時代(1950年代)がもとだそうですが、おっぱい見物にでかけたり、女の子とキスしたり、さすがスウェーデン! 運動音痴なウルフが運動神経抜群のパーシーの運動靴を手にいれて、さあどうなるのやら。乱暴な嫌われ者パーシーのお得意が刺繍というのが楽しいです。

  • ライトにおっぱいとか出てくる。かわいらしくて好き。

全5件中 1 - 5件を表示

ウルフ・スタルクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サバスティア ス...
モーリス・センダ...
アクセル ハッケ
有効な右矢印 無効な右矢印

パーシーの魔法の運動ぐつ (新しいこどもの文学)はこんな本です

パーシーの魔法の運動ぐつ (新しいこどもの文学)の単行本

ツイートする