ファーストエッグ (2) (リンクスロマンス)

  • 39人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 谷崎泉
制作 : 麻生 海 
  • 幻冬舎コミックス (2014年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344831124

ファーストエッグ (2) (リンクスロマンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐竹の過去の事件もちらほら出てきました。そして黒岩が梁山泊に突撃。怖いもの知らずってコワイ。

  • がっつり刑事ものだけど佐竹が可愛くて読める。黒岩は当て馬になるのか?書き下ろしはたかみさんと佐竹の出会い。

  • ホント面白いですね。 2本立てで現在と過去と同時進行で段々と謎が明らかになっていく感じですね。 前半部分では何故佐竹が5課にいるのかってのが分かるんだけれど、 肝心な所はまだあかされていない! でもまだ佐竹の能力がなんなのか?

全3件中 1 - 3件を表示

谷崎泉の作品

ファーストエッグ (2) (リンクスロマンス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファーストエッグ (2) (リンクスロマンス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ファーストエッグ (2) (リンクスロマンス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファーストエッグ (2) (リンクスロマンス)の作品紹介

警視庁捜査一課でもお荷物扱いとなっている特命捜査対策室五係。中でも佐竹は、気怠げな態度と自分本位な捜査が目立つ問題刑事だった。その上、佐竹はプライベートで更なる問題を抱えている…。それは、元暴力団幹部で高級料亭主人の高御堂と同棲していること。端正な顔立ちと、有無を言わさぬ硬い空気を持った高御堂とは、快楽を求めあうだけの、心を伴わない身体だけの関係だった。しかし、年月を重ねる中で、佐竹の想いは次第に形を変えていく。そんな中、佐竹の過去に暗い影を落とす『月岡事件』を模倣した連続事件が発生し、更に犯人の脅迫は佐竹自身にも及び…!?

ファーストエッグ (2) (リンクスロマンス)はこんな本です

ファーストエッグ (2) (リンクスロマンス)のKindle版

ツイートする