美墓―21世紀のデザイン墓

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 並木喬
  • 幻冬舎メディアコンサルティング (2009年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344997073

美墓―21世紀のデザイン墓の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PDF

  • ブクブク交換会(2/15、新宿 Be Wave、テーマ「旅」)で採り上げられた、レイチェルさんお勧め本。

    石材業者の著者がセレクトした51の印象的なお墓を、写真つきで紹介しています。
    2008年に作られたお墓がメインとなっているようです。
    墓マイラーの私は、墓地を訪ねるとやはり人目を引くお墓に目が吸い寄せられ、自分でも変わったお墓をいくつも見ては来ていますが、プロの目が選んだものは、やはりどれもとても独特です。

    石の種類や色、加工法、墓碑銘や彫刻、ガーデニング用など、一口にお墓と言っても、いろいろな種類があるのだと知りました。

    センサー反応で音楽が流れるものや、ベンチのついたもの、年輪のようなもの、故人の書いた字を彫ったもの、ペットと一緒のもの、ガラス性のもの、ギリシャ神殿のようなもの、しゃちほこつきの天守閣が乗ったもの、アートガラスの埋め込まれたもの、などなど。
    若くして亡くなった、若三梅という力士のお墓も紹介されていました。

    お墓の基本構成も図示されており、勉強になります。
    生前のお墓づくりのヒントとなるように作られた本ですが、特にそういった意図を持たない人にも、デザイン性の高い芸術の一つとして楽しめる一冊になっています。

  • まずタイトルのインパクトがありますよね。
    美白ならぬ美墓。背表紙に存在感を主張する二文字。
    見た人は「ん、墓?」となり、「美しい…墓…??」と疑問が飛び交う訳です。
    いやもう手にとらざるを得ないじゃないか。


    内容は様々なお墓を載せたお墓写真集みたいなもの。
    墓=黒い長方形の墓石のイメージを粉々に崩してくれます。
    淡いピンクや緑の色付きなど序の口で、ガラスのモニュメントだったり何故かシャチホコが載っていたり、温度感応センサーで近付くと音楽が流れたりするらしい。
    そうか…この業界もここまで進歩したのか…。

    タイトルに違わず、見ていて非常に美しい写真集です。
    今やお墓もアートなんですね。
    本の趣旨は「こんなお墓もありますよ、さあ貴方も世界に一つだけの墓を作ろう!」という感じですが、単純に何も知らなくても面白いと思います。
    やっぱり一番のインパクトは音楽の鳴る墓だなぁ…。
    音楽…音楽って。
    曲にもよると思いますが、想像するとちょっと楽しい。

全3件中 1 - 3件を表示

美墓―21世紀のデザイン墓を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美墓―21世紀のデザイン墓を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美墓―21世紀のデザイン墓を本棚に「積読」で登録しているひと

美墓―21世紀のデザイン墓はこんな本です

ツイートする