探偵作家江戸川乱歩の事件簿―ミイラと旅する男 (ジョイ・ノベルス)

  • 17人登録
  • 2.82評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 楠木誠一郎
  • 有楽出版社 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408601595

探偵作家江戸川乱歩の事件簿―ミイラと旅する男 (ジョイ・ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 楠木作品って、なかなか文庫化しないんですよね~。
    歴史上の人物を探偵にしたミステリを多く書いていらっしゃるのに・・・。
    私、大好きなんですよね~こういうの。
    本書は乱歩を探偵に、横溝正史をワトソン役にしていまして、きゃ~~モロ私好み!
    他には漱石、泉鏡花、小泉八雲などを探偵にした作品があります。
    乱歩と横ちゃんこと横溝正史のやり取りの面白さ、乱歩作品との繋がり方などなどミステリファンには楽しいことこの上なしです。
    乱歩や正史が本当にこんな風にしゃべったのかしらん、などと想像してはニヤける私でした。
    事件も意外な展開となり堪能できました。
    ちなみに乱歩を主人公にした推理小説は4巻まで出されています。う~早く読みたい!

  • まあなんか色々詰め込んでますけど、何かが決定的に欠けている……。
    何故私はこの作者の本を纏めて借りてしまったのか。

  • おもろ〜!
    乱歩先生と横溝さん、恩田警部と三宅刑事のコンビがいいです

全4件中 1 - 4件を表示

楠木誠一郎の作品

探偵作家江戸川乱歩の事件簿―ミイラと旅する男 (ジョイ・ノベルス)はこんな本です

ツイートする