天気の名前 ビジュアル気象歳時記

  • 16人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 森田 正光 
  • 世界文化社 (2013年6月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418132188

天気の名前 ビジュアル気象歳時記の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 四季折々の気象現象を、美しい写真とわかりやすい解説でまとめた一冊。写真を眺めているだけでも楽しいです。解説も、難しい用語ではなく直感でわかりやすい言葉で書かれています。物理的な現象の説明だけでなく文学作品に登場する例を挙げるなど、理系の話が苦手な人でも読みやすい内容になっています。

  • 日本にある季節の言葉を美しい写真とわかりやすい解説でまとめた本。
    美しい写真の数々を見ていると自分が日本人だということを実感するし、日本に生まれて良かったなあとしみじみ思う。

  • 「季節を感じる天気の名前“土用凪(どようなぎ)”ってなあに?」

    日本には四季を感じさせてくれる、さまざまな言葉があります。もうすぐ土用の日。この頃の天気を表すものに「土用凪(どようなぎ)」という言葉があります。こちらは「夏の土用中に、まったく風がない日、暑さが耐え難いこと」という意味。聞き慣れない言葉ですが、知ると土用の暑さも趣深く感じられるかもしれません。

     * * *

    土用は春、秋、冬にもありますが、一般的には夏の土用を指していて、7月20日ごろから後の18日間のことをいっています。土用入りの日を土用太郎、次の日を土用二郎、三日目を土用三郎といいます。

    また土用のころの季語には他に「土用波」「土用東風(ごち)」「土用雨」「土用雲」「土用照り」「土用寒む」などがあります。

    土用波は、夏の土用のころ、太平洋沿岸にだけ起きる現象で、風のない晴れた日に波だけは高くうねって磯に打ちつける状態をいいます。南方の洋上に発生した台風の影響が及ぼしているのです。

    海と陸地の気温が同じになると海風も陸風も途絶えてしまいます。昼から夜にかけて陸海風が収まるのは「夕凪」といい、土用凪は土用のころの、風がない暑い日を指します。瀬戸内海沿岸地方や長崎の夏の夕凪はつとに有名です。

    この時期の蒸し暑さを吹き飛ばし精力を増強させようというのが「土用鰻(うなぎ)」。土用の丑(うし)の日に鰻を食べて暑気あたりを防ごうという鰻屋にとってはありがたい日です。江戸時代から土用の一番暑い日に栄養価の高い鰻の蒲焼(かばや)きを食べる俗習はあったようです。

    ~ビジュアル気象歳時記『天気の名前』(森田正光 監修)より抜粋

全3件中 1 - 3件を表示

天気の名前 ビジュアル気象歳時記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天気の名前 ビジュアル気象歳時記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天気の名前 ビジュアル気象歳時記を本棚に「積読」で登録しているひと

天気の名前 ビジュアル気象歳時記の作品紹介

チーム・森田と仲間たちが、日本中にある「天気の名前」を、個人的な体験や知識を交えて解説する。笑いあり、涙ありのエピソードや蘊蓄が満載。天気と音楽、天気と酒、天気と恋、天気とスイーツなど、見開きごとにテーマが変わる「面白天気本」である。

天気の名前 ビジュアル気象歳時記はこんな本です

ツイートする