月の夜のわらい猫 超常小説ベストセレクション1 (超常小説ベストセレクション 1)

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 椎名誠
制作 : クボ桂汰 
  • 星雲社 (2012年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784434166341

月の夜のわらい猫 超常小説ベストセレクション1 (超常小説ベストセレクション 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「雨がやんだら」は名作。学生のころこれで椎名さんのSFファンタジーにはまった。他の作品のような架空の固有名詞には今は頭が固くてついていけなくなったなあ・・・。

  • 椎名ワールド全開だな

  • ベストセレクションということで読んだ話がほどんどだったけど、椎名誠の超常系短編集が新しく出るのは嬉しい。椎名誠はエッセイストのイメージが強いけど、SF・超常系の小説家としても素晴らしい才能を持ち、かつては筒井康隆に匹敵する作品を連発していた。このシリーズは椎名SFのエッセンスが詰まった珠玉の短編ぞろいだと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

椎名誠の作品

月の夜のわらい猫 超常小説ベストセレクション1 (超常小説ベストセレクション 1)を本棚に登録しているひと

月の夜のわらい猫 超常小説ベストセレクション1 (超常小説ベストセレクション 1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

月の夜のわらい猫 超常小説ベストセレクション1 (超常小説ベストセレクション 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月の夜のわらい猫 超常小説ベストセレクション1 (超常小説ベストセレクション 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月の夜のわらい猫 超常小説ベストセレクション1 (超常小説ベストセレクション 1)の作品紹介

SFやファンタジーの枠に入りきらない、
かなり風変わりな、
不思議世界のヘンな話―
それを椎名さんは「超常小説」と呼びます
著者自らが選んだ「ねじのかいてん」、「いそしぎ」、「突進」など
傑作短編小説17編(1巻:9編、2巻:8編)を加筆修正して収録。
各巻末に著者による書き下ろし「自著解説」がついています。

月の夜のわらい猫 超常小説ベストセレクション1 (超常小説ベストセレクション 1)はこんな本です

ツイートする