カエルにキスをしろ!

  • 61人登録
  • 3.13評価
    • (1)
    • (4)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
  • ダイヤモンド社 (2013年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478021880

カエルにキスをしろ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 不快な感情を生む原因・人物にどう向き合い、折り合いをつけていくか。そしてこれをどう許し、肯定的な見方に変容できるか、肯定的感情を維持するには不可欠のスキルだ。この点、本書は、実践的とは言い難いものの、ある種の心構えや気持ちの変えようの方法論が叙述される。

  • この人の訳が相当下手くそだと思われる。

    なんか日本語が結構おかしくて、なかなか読み切れない、頭に入ってこない章多数。なにを言ってるのかわからなかったりね。

    多分、英語での書はいいこといっぱい書いてあって納得いくんだろうと思うが、どうもこの日本語訳は噛み砕けない感じで、言いたいことがさっぱりでした。

    翻訳者って大事なんだな。と思った一冊。

  • ポジティブシンキング!自分の可能性を広げる!

  • タイトルからは想像できない内容です。出来事に対する考え方が大切ですね。

  • ほとんどの人は幸せにあんろうと決心すれば、もうそれだけで幸せになれる。
    状況を分析する鍵となるのは、たゆみなく自問し、情報を収集すること。
    明るい面を観よう。
    どんなことがあっても、決して自分を非難しないこと。
    ポジティブなイメージを形成する。

  • カエル=自分の目標達成の途中にある障害物
    ネガティブな感情=正当化、一体化、神経過敏、あら探し、自己弁護
    結局は行動あるのみ。自分が行動できない原因は上の5つに含まれているかもしれない。ネガティブな感情を直視、そこからポジティブになれるか。

  • 12Great Ways to Turn Negatives into Positives in Your Life and Work
    ネガティブな感情に捕らわれている自分を解放し、ポジティブになる

  • 典型的なアメリカのポジティブシンキングの話。全部目は通したけどちょっとおなかいっぱい感が。

  • タイトルにひかれて読んだけど、特に目をひくところは特になかった。
    カエルという置き換えはおもしろいかな。
    これは認知行動療法だねと思いながら読んだところもあり。

    「許す」ことについて、
    私は、そうはいってもやっぱり許せない。許したら自分がかわいそうじゃない?って思ってしまう。
    だから私は、許せない自分を許すことにします。

  • 詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=8503

全10件中 1 - 10件を表示

ブライアン・トレイシーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
チップ・ハース
デール カーネギ...
ピーター・セージ
ジェームス W....
トルステン・ハー...
ルー・タイス
佐々木 圭一
スティーブ・シー...
有効な右矢印 無効な右矢印

カエルにキスをしろ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カエルにキスをしろ!の作品紹介

『カエル』とは、自分のネガティブな感情のこと。あなたの『カエル』にキスすれば、あなたの理想は実現する。

ツイートする