「傷つきやすい人」の心理学 ~人間関係にとらわれなくなる本~

  • 67人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 松本桂樹
  • 大和書房 (2012年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784479771746

「傷つきやすい人」の心理学 ~人間関係にとらわれなくなる本~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人目を気にすることへの興味からこの本に行き当たりました。

    かなり悩んでいる人向けの本のようで、今の自分にマッチするものではありませんが、Amazonで中身を少し読んだときに「傷つきやすい人は自分しか見えなくなっている状態」という趣旨の文を見、購入を決めました。

    「気にする」という心理状態のとき、他人を気にしているのかと思っていましたが、確かに自分の事を気にしている所が源泉であると思いました。またその気持ちは自尊心のなさからくるものであるという点も参考になりました。
    加えて、本書を通して、もっと自分を出していくということが本来のあり方であるとも感じました。

    結果として、個人的には、
    「自分がどうみられるかでなく、もっと相手を見ろ」
    「嫌われるのは仕方ない。自分を出せ」
    の2点の考えを持つのがよさそうという結論を得るに至りました。

全1件中 1 - 1件を表示

松本桂樹の作品

「傷つきやすい人」の心理学 ~人間関係にとらわれなくなる本~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「傷つきやすい人」の心理学 ~人間関係にとらわれなくなる本~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「傷つきやすい人」の心理学 ~人間関係にとらわれなくなる本~の作品紹介

どう見られているか→自分がどう感じるか。視点のスイッチで、人間関係はラクになる。もっと「自由」に生きるための心のクスリ。

「傷つきやすい人」の心理学 ~人間関係にとらわれなくなる本~はこんな本です

ツイートする