朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの (ちくま新書)

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 古田博司
  • 筑摩書房 (1995年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784480056214

朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの (ちくま新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小倉紀蔵とともに、韓国・朝鮮のエキスパートとして広く知られる著者が、みずから体験した数多くのエピソードを交えつつ、コリア民族の精神構造について論じた本です。イデオロギー・フリーな韓国・朝鮮の入門書として、おもしろく読みました。

    厚かましくおしつけがましい、それでいて限りない甘えを抱擁している「ウリ」の圏域と、日本よりもはるかに西欧流の個人主義が根づいていると錯覚させる「ナム」の圏域の双方をていねいに描き出し、「理と気」や「恨」といったコリア民族の精神を読み解くためのキー・ワードについて解説しています。

    大胆な理論的枠組みで韓国人・朝鮮人の精神構造を明快にまとめる小倉紀蔵の本に比べると、具体的なエピソードに密着した、やや落ち着いた議論になっているように感じました。

  • 朝鮮民族に対しての見方が変わるかも。否、やはりと改めて納得するかも。

    著者の体験談も通じながらなので、分かりやすい。
    単に儒教と言っても、朱子学の影響が多分にされているのな。

    メディアで流れる北朝鮮なんかが、実際どうなのか。
    実際の庶民の暮らしが気になる一冊でした。

全2件中 1 - 2件を表示

古田博司の作品

朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの (ちくま新書)を本棚に登録しているひと

朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの (ちくま新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの (ちくま新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの (ちくま新書)の作品紹介

北朝鮮・韓国ともに"近代化"に向けてじつは共通の苦闘を演じている。宗族を中核にした自分たち「ウリ」とそこから排除された他人たち「ナム」の間の深淵は埋められるのか。かたくなな「儒」の世界と大らかな「野」の世界に接点はあるのか。「恨(ハン)」はいかにして解けるのか。朝鮮民族の根底にある思考行動様式を自らの体験に重ねあわせながら率直な眠で描きだす、真の理解のための一冊。

朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの (ちくま新書)はこんな本です

朝鮮民族を読み解く―北と南に共通するもの (ちくま新書)の文庫

ツイートする