僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意

  • 1314人登録
  • 3.97評価
    • (102)
    • (152)
    • (86)
    • (11)
    • (2)
  • 152レビュー
著者 : 池上彰 佐藤優
  • 東洋経済新報社 (2016年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784492045916

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
恩田 陸
瀧本 哲史
有効な右矢印 無効な右矢印

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意の感想・レビュー・書評

  • 「池上彰×佐藤優」の対談本は欠かさず読んでいるが、今までとは異色の、howto系の本である。

    情報の得方や咀嚼方法がこなれ、かつ、一般の人にも実践できる体で書かれており、非常にお勧めできる内容となっている。特に、ネットや雑誌の活用方法は今まであまり語られることが多くなかったので、ここだけでも参考になる。

    これらの本は実践しなければ意味がないので、さっそくできるところから行ってみることにする。

  • 身銭切ったのに積ん読にしてしまう私は
    図書館で期限に縛られて頑張る傾向にある気がしてる(^◇^;)

    見出しに目を通すだけでもいいなら
    見るニュースを増やすことができそう!

    「失敗の本質」は前から気になってたので今度読んでみよう。
    「組織の不条理」も気になる。

    外務省サイトの外交歴史や日本との関係、ハフィントンポスト、ニューズウィーク日本版、learning EnglishのWorld In the newsは今度読んチェックしてみる。

    クラウドには保存するに値する情報かどうかきちんと吟味、精査する。そしてきちんと目を通して頭の中に叩き込んでからってのは耳が痛いですね(^◇^;)一回全部捨てようかな…とりあえず保存は卒業します。

    基礎知識を浸透させるのは本当に大変。だけどやっぱりここを頑張らないとですね。

    たしかにタネ本ってあるなぁ。すでに読んじゃってることが多いから気にしてなかったけど、そこを抑える意識をこれからしてみよう。
    関連本より内容薄かったらやめる、はじめにとおわりには読むはやってるなぁ。時間もったいないもんね。でも読むの本当にやめていいかな?というのをおわりにで判断している。
    真ん中部分を見れば本の実力がわかるというのは目から鱗だった。

    ファンダメンタリスト 根本主義者

    古典知らずに国を語るな、論理的な思考力を身につけるために難解な本と格闘する、なるほど。精神現象学、存在と時間、善の研究、チェックしてみよう。

    通俗化の良書⇨阿刀田高、分かりやすい表現の技術、分かりやすい説明の技術、講談社ブルーバックス

    裏紙挟んでメモに使うのめっちゃやる!!
    私はそれをブクログに写してたんだけど、そのメモファイリングするだけでよかったのか笑

    京大式カード

    本の内容を反芻するのを怠ると記憶の定着が少なくなっちゃって何だっけ?ってなっちゃうんだよね…反省です。

    読もうと思って忘れてた本
    ⇨カラマーゾフの兄弟

    質のいいミステリーを読んで騙されて、再読して伏線を回収するのはだまされない訓練となる。心理描写や社会の仕組みの勉強にも。松本清張。ダヴィンチコード。

    土台をしっかり。誰かに質問されて答えられる使える知識に。小学生の教科書で基礎知識は大体揃う。

    気になったもの
    ⇨システム英単語、総合英語forest、スタディサプリ

    今新人なので食事には顔を出し、初々しく質問しまくってます笑 教えてくれる人を見つけてべったり中笑
    時間が惜しい時は切っちゃうこともあるんだけど、なるべく何度目かの話でもちゃんと聞くようにしてたんだけど、それで良かったぽいね笑

    欲しい情報は他所から聞き出す。なるほどね。

    アフターフォロー⇨信頼⇨紹介

    猖獗 しょうけつ

  • 2著者の知的活動の極意がつまっている。素人が真似できる意識、習慣も多い。

  • 年始休みにバローの本屋で見つけて即買いしました。
    色々情報が溢れる中で、どのソースを利用するのが良いのか?わからず、新聞・ネット・書籍・雑誌のいずれも中途半端な情報収集になってたからです。
    本書を読んで、新年早々下記を実践していきたいです。
    ・新聞を読む時間を確保する
    ・一紙に頼るのではなく、政治的ポジションが異なるソース、海外のソースといった異なるポートフォリオを構成する
    ・スマホだネットだといってるが、所詮2次or3次がニュースの殆どであり、全て新聞や書籍から来ている
    ・情報は新聞から、知識は書籍から得る
    ・読書量を積むためには、酒を飲む時間はない

    お二人が実践されている目的論、方法論なので説得力あります。

  • 面白い…と同時にあぁ…と自身の力なさを痛感してしまう。それが仕事の彼らと比較することが間違っているのでしょうけど。一般のビジネスパーソンはツラいですね(笑)。
    ネット断ちは本当にそう思う。いや、便利だし役に立つことも多いのだけど非効率極まりない。池上氏、佐藤氏でも誘惑に負けるのだから。況してやSNSやスマホゲームなんて…。
    教科書、参考書は確かに今になって気になる。佐藤氏企画・編集・解説の「いっきに学び直す…」シリーズはまだ読み切れていないので、今度いっきに…!
    読まなきゃいけない本がまた増えましたね(笑)。

  • 「自分なり」の読み方が、今の日本でどの程度「競争力があるか」を想像するためによい本、と思います。

    主にシニア世代の人からは、新聞を読め、辞書を引け、週刊誌も読め、飲みにケーションも大事にしろ、とお説教されることが多いものです。
    反面、若い世代を見れば、ネット情報を眺めるだけで「自分しか知らない情報」を得ているような顔をしている人が目につきます。

    どちらも「自分なり」を改善するお手本にならないので、現状、「巨人」とされているお二人の意見は必ず参考になるでしょう。

    一方で、新しいメディアとのつきあい方、考え方はどうしても保守的なので、その部分はもっと弾力的に貪欲に「自分なり」を発動していかないと、置いていかれるかもしれません。

  • 現代日本の知の巨人2人がどのように知識を得て活用しているのか、よくわかりました。そして大切なのは、ただ真似るだけではなく、目的に応じて自分に必要なものを取捨選択していくことだと実感しました。

  • 池上彰さんと佐藤優さんの『僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』です。
    僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意


     池上彰(いけがみ・あきら)さんは、フリージャーナリストです。
     元NHKで記者やキャスターを歴任、現在はさまざまなメディアで幅広くご活躍中です。

     佐藤優(さとう・まさる)さんは、元外務キャリア官僚の作家です。
     国際情報局の主任分析官として対ロシア外交の最前線にいた経験をお持ちです。

     佐藤氏の知的探究心に基づく行動は、まるで修行僧です。どんなに忙しくても、毎日必ず一定の読書時間を確保する。そうした知の棚卸しをすることで、判断の間違いを防止することができます。
     大量の読書を続け、あらゆる享楽から距離を置き、現実の問題の背景に横たわる本質を追求する。そんな生活をしていて、どこが面白いのか。その疑問は、結局私に返ってきます。私も同じような生活をしているからです。
     でも、傍から見るほど苦しくはないのですね。毎日の勉強で視野が広がったときの喜び。国際情勢に対する自分なりの読みが当たったときの満足感。きっと、こうした知的快楽に押されて、私たちは走っているのだろうと思います。
     これについて佐藤氏は、本文の中で、知は「武器」であり、「楽しみ」でもあると語っています。〈物事の背景を深く知ること自体が、知的好奇心を満たす純粋な「楽しみ」にもなります〉というわけです。
     と同時に、〈知識は、生き残るための武器であり、かつ「防具」にもなります〉と喝破します。あふれる情報の海に溺れることなく泳いでいくためには一定量の知識が必要ですし、その知識量に裏打ちされた判断力によって目的地を間違えることなく泳ぎきることが出来るはずです。
     佐藤氏も私も、知識を吸収し、自分の分析力を高める手法に、奇抜なものはありません。ごくオーソドックスな基礎的動作を繰り返しているだけ、とも言えます。
     ということは、読者のあなたにもできることが多いということです。
     ネットにあふれる玉石混淆の情報。偏見に満ちた思い込みで歪んだ分析。こうしたノイズに流されることなく進むには、しっかりとした取材に裏打ちされた新聞や雑誌、書籍から基礎的知識を吸収する必要があります。基礎的動作を積み重ねて築いた確固たる視点があれば、ネット上のデマに惑わされることもなくなるでしょう。

  • 【No.145】「”何を読むか””どう読むか”だけでなく、”何を読まないか”も重要な技法の一つ」「世の中で起きていることを”知る”には新聞がベースになり、世の中で起きていることを”理解する”には書籍がベースになる」「情報や知識は身銭を切らなければ身につきにくい」「整理術の要諦は、整理にかける”時間”と”労力”を最少にすること」「結局、組織というのは、抜本的な改革はできないことがわかります。私が常々、”組織と戦うな”と言う理由のひとつでもあります。”半沢直樹”が流行りましたが、あれを現実でやったら即破滅ですよ。ファンタジーを真に受けると、ひどい目にあいます」「本を読んだらそれでおしまいにせぅ、その内容を自分の中できちんと消化する時間が必要」「書籍から得られる情報と、人から得られる情報のどちらも重要なので、一方に偏りすぎないこと」「飲み会は、他人の貴重な情報を聞き出す絶好の場であると同時に、自分の不都合な情報をつい漏らしてしまいかねない場でもある」

  • その昔というか小学生の頃なんですが、
    私はなかなか社会派な小生意気なガキンチョでして
    G7の元首なんかは空で言えたりしたんですね。
    国内現職閣僚なんかも大体覚えていましたし(笑)

    ところが今はほとんど言えないですし、
    興味もない感じですね、いい大人なのに(笑)
    こんな感じの人って結構多いんじゃないでしょうか?

    その原因は何か?と考えると
    別に子供の頃、今よりも賢かったとか
    社会意識が高かったというよりも
    ただ単純に情報の摂取方法が
    変わってしまったということだと思います。

    具体的に言えば
    ①紙媒体での新聞を読まなくなった
    ②テレビでニュースを見なくなった
    ということなんだろうと思います。

    要は新聞テレビがメインの情報媒体の場合は
    興味のない情報も自然に目に入ってきた。
    (イタリアの首相の名前とか文部大臣の名前とか・・)

    しかしネットがメインの情報媒体になると
    自分の興味のあるものしか見なくなる
    つまりそれ以外の情報に疎くなる、
    という事なんだろうということかと思います。

    この状況というのはどうなんでしょうね。
    ちょっと危険じゃないですか??
    というような「問題」を感じている人に
    この本は最適な一冊かと思います。
    佐藤優さんと池上彰さんのお二人が
    惜しげもなく情報収集方法について披露してくれています。

    内容も実用的ですし、最初から需要箇所にマーカーが
    引かれている、お二人の見ているサイト、新聞、雑誌の
    ラインナップがずらりと紹介されているなど
    サービス満点です。
    これは買いの一冊です。
    以下にて
    なるほど箇所のメモ。

    * 新聞の大切さ
    * 情報や知識は身銭を切らなければ身につけにくい 
    * 紙面なら5分で大まかにつかめる、対してネットでは無理。
    * 整理のために時間をかけないことも重要

    * 雑誌
    * 同じ隙間時間ならネットサーフィンではなくてオンラインで雑誌を読む
    * 「総合週刊誌や月刊誌は読書人階級のための娯楽。活字を日常的に読む読書人階級、新聞も書籍も読まないテレビやネットしか見ない層、書籍は読まないけど新聞は読む層。」
    * 「人間のどす黒い感情をすくいとるのが週刊誌はうまい」

    * ネット
    * 実はネットは上級者のメディア→実は効率が悪い
    * 自分で記事の重要度を判断しなくてはならない
    * 「ノイズ情報をいかに除去するかが、ネットから玉の情報を得るポイント」
    * 特定のものだけ大きく見えるプリズム効果がある
    * NHKオンライン
    * グーグル検索は効率が悪くなった
    * 即座に返信するほどいいという風潮があるが、雑談でも悪口でもすぐに返そうとするからみんな気性が荒くなる。ネット断ちが流行るはず。
    * SNSのメリットはインプットよりもアウトプットにある
    * 歩きスマホをしている東大生を見たことがない
    * 簡単にはネットにつながらない、その不自由さが、逆に知的強化にはメリットになる
    * スクラップはきちんと読んでから保存する、が基本。

    * 書籍
    * 論理的な思考力を身につけるためには、難解な本と格闘する経験が不可欠
    * 現時点で自分が理解できる本と理解できない本の仕分けをすること
    * 読み終えた日付を手帳に書く。公私を問わず、大きなニュースがあった場合には、一行メモとして一緒に書き加えておく。あの事件が起こった時、こんな本を読んでいたのか、当日のニュースや季節の出来事とセットになって本についても思い出せる。記憶のトリガーを一緒に書き込んでおく。本単独では思い出せない場合でも、前後の出来事と合わせて思い出すことで「あのときには、あんな本を読んでいたな」と思い出し、不思議と内容も蘇ってき... 続きを読む

  • 池上さんはアナログながらスタンダードな情報収集術。佐藤さんは、そこに少しだけデジタルさが加わる。専門家とは言え、情報収集にかける思いは参考になる。

  • 非常に陳腐な感想だが、これほどまでに学びを追求する姿勢に感服してしまうと同時に、自身の勉強意欲を掻き立ててくれる本だと感じた。

  •  読書の項目だけ読む。斎藤氏は社会・数学など基本的な知識(高校レベル)が乏しいことを、この本でも主張されていた。
     また読書時間を必ず作ることも主張されていた。これは実践できそう。
     時間を見て、他の章も読んでみたいと思った一冊。

  • 圧倒的な読書量だけれど、やはり基本が大切。
    教科書は意外、スタディサプリは早速実践

  • 情報収集のスペシャリスト二人の対談形式の本。
    目次づくりもしっかりしてるし、
    何より参考文献が充実。
    対談内で紹介されたものは網羅されていると思います。さすが!

    佐藤氏と池上氏の読み方や情報収集は、
    要所で類似していますが、オリジナリティがあります。
    自分ならどのやり方ができそうかということを考えながら読むと楽しいかもしれません。

    それにしても、月300冊はすごい。
    頑張って年間100冊。程遠いですね。

    速読はぜひ見習いたいです。
    これを機に、基礎知識の修得にも励もうかと思います。

    本書は対談形式で読みやすいのですが、
    要所要所にマーカーで強調してある装丁は
    あまりいただけないなぁと思いました。
    読んでるときに視界に入って、ちょっとうっとうしいかな。そこまでしてもらわなくてもいいかなというかんじ。

    どうしても忙しい人は、巻末の特別付録の極意部分を読んで、気になるところをチェックするだけでもお役立ちかもしれません。

  • 池上さん、佐藤さんの読書術・情報収集の方法が分かりやすく説明されている。
    新聞の読み方もそうだが、参照しているサイトや使い方等も非常に参考になった。
    dマガジンも確かに使いやすいですネ。

  • 二人の知識の取り入れ方がよくわかった。
    真似出来るところは、使ってみようと思う。

  • 著者は知の巨人と呼ばれる佐藤優、池上彰。
    2人の書籍、新聞、ネット、雑誌の選び方、読み方を紹介する本である。
    新聞・・池上氏は紙ベース、佐藤氏は紙と電子版を使い分けている。どちらも気になった記事は切り抜き、Evernoteに貼り付けるなどして保存している。後日読み返すことで知識を定着させる。
    新聞社によって右寄り、左寄りなど違いがあるので、バイアスに偏りが生じるため、保守系とリベラルの2紙以上を読むことを推奨する。
    毎日隅から隅まで読もうとすると続かないので、時間のない時は一面と見出しだけでかまわない。
    雑誌・・興味や関心、視野を広げるのに役立つ。多数の雑誌を定額で読めるDマガジンがオススメ。経済誌、ビジネス誌では週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、週刊エコノミスト、日経ビジネスは毎週購読しているとのこと。
    インターネット・・ネットの情報は玉石混淆。
    メリットは速報性がある。デメリットは新聞や書籍と違い、編集・校閲されていないので、情報の正確性に欠ける。特定のものだけ大きく見えたり、別のものが見えなくなったりするプリズム効果がある。自分が知りたい情報しか見なくなる。
    ネットの論調=世間の論調と勘違いする。
    良い辞書サイトを見分けるコツは検索項目で冥王星を検索してみると情報が更新されているかどうかがわかる。
    SNS・・インプットよりもアウトプットが重要。アウトプットを意識してインプットを行う。
    書籍・・新聞、雑誌、ネットで情報を得ても、土台となる基礎知識が抜けているとニュースや記事を深く読み解くことはできない。
    古典・・日々入ってくるニュースでよく知らないことはその関連分野の古典を押さえておくことが大切。
    読書は読んだら終わりにせず、ノートにまとめたりなどして、自分なりに考える事が大事。読んだ日に何があったかなどと絡めて覚える事が効果的。記憶のトリガーになるものと一緒に書き込むなどがオススメ。
    人に聞く・・誰から聞くのにも初々しさが大事。斜め上の人、直属の上司ではない、他の組織の人
    は情報をくれる事が多い。

    最近はネットが普及していることから、新聞を読まなくても良いといった意見がある。しかし、ニュースサイトの内容は二次、三次媒体だったり、SNSなどは校閲、編集作業が無いため、情報の正確性に欠ける。自分は佐藤氏と同じく、電子版で読み、Evernoteに切り抜きしている。Evernoteは検索機能に優れているから、同じテーマの記事をまとめて見返すことで理解が深まる。
    読書についても、昔と比べて本を読まない人が増えている。新聞やネットから得られるものが情報だとすれば、読書から得られるものは知識である。知識がなければ、得た情報を正しく読み解く事はできないので、読書は重要であると思う。

  • 本書は、池上彰・佐藤優両氏による、知識や教養の身につけ方、つまり「インプットの技法」の解説書である。

    まず最も大切なことは、インプットをするためには、土台となる基礎知識が必要なこと。
    新聞にせよ書籍にせよ、世の中の情報源は大抵「わかっている」人に向けて書かれている。
    つまり基礎知識がなければ、そもそも読んでも理解出来ず、情報を入手することができない。

    すなわちインプットの質を高めるには、相応に必要な基礎知識を身につける必要がある。
    そのためには、歴史・公民・国語等の教科書を読み直すのが良い。
    大人になって世の中のことを知ってから読めば、教科書もまた面白いものだと池上氏は語る。

    基礎知識を身につけるための特効薬は無い。
    時間をかけて、コツコツと積み上げていくしか無いのである。
    だが一度身についてしまえば、それは後に大きな差になって現れるだろう。


    他には、様々な情報媒体の使い方、知識の仕入れ方についても解説されてる。

    まず新聞は、社会全体の出来事をざっと知るのに向いている。
    情報の一覧性において、今でも新聞の右に出るものはいない。
    見出しに目を通すだけでも、十分な効果がある。
    1日5分程度でいいから、新聞に毎日目を通す習慣を身につけたい。

    書籍は、深い知識を得るために必要である。
    新聞の役割が「知る」ならば、書籍は「得る」ためにある。
    やはり書籍で体系的な知識を得ていかなければ、物事の理解は深まっていかない。

    読書のコツとしては、一番最初に「はじめに」と「終わりに」を読んでしまうのが良い。
    一度全体のイメージを掴んでから読み始めることで、後々の記憶に大きな違いが生まれる。

    また、書籍は非常にコストパフォーマンスが高い。
    数千円かけて講演会や勉強会に出たとしても、それよりも本一冊から得る知識のほうがずっと多い。
    なので、もし「良くないな」と思える本に出会ったら、無理して最後まで読まずに、さっさと次の本に移ることが肝要。

    なおインターネット上の知識に関しては、「プリズム効果」について警鐘を鳴らしている。
    ネットというのは、欲しい情報はいくらでも手に入る反面、自分の興味がない情報は一切見なくて済む。
    つまりネットばかりしていると、自分の興味のあることだけに詳しくなり、それ以外の知識がどんどん衰えていき、視野が狭くなる。
    こうないように気をつけたい。


    他には、集中するための環境についての解説もされている。
    「集中するためには、まず環境を整えよ」の格言の通り、何かに集中したいなら、まずはそのための環境を作ることが大切になる。

    特に現代では、ネットに接続した環境が当たり前になっている。
    だがSNSやネットサーフィン等の誘惑は非常に強烈で、それから逃れることはとても難しい。
    そこで時には、「ネット断ち(デジタルデトックス)」をする勇気を持つ必要性を説いている。

    特に佐藤氏は、誘惑を断つために、原稿執筆中はあえてネットに繋がらないワープロを使っているそうである。
    プロらしい見事なこだわりだと思う。


    自分は以前から池上彰さんの博識を尊敬しており、彼の勉強方法が学べるということで、本書を読んでみた。
    内容はまさに期待通りで、もちろん丸ごと全部は無理でも、役に立つ部分はたくさんあった。

    情報のインプットの仕方を、ここまで身近なレベルで解説した本は他にないだろう。
    自分の知識を深めたいと思っているなら、是非読むべき一冊。

  • とても分かりやすかった。最強の読み方というか、情報の取り方をそれぞれの観点で説得力のある解説をしている。一番重要だと感じたことは、どんなにわずかでも情報を取る時間(本を読む時間)を確保するべきということかな。

  •  ウィキペディアが信用できない理由、池上さんと似たようなことを下村さんも書いていた気がする。「自分に関する記述が不正確なものは、信用できない」…納得。

  • ネットの恩恵か被害か、情報収集の仕方が大きく変わっている感覚がある。ほしい知識、情報をできるだけ少ない時間と労力で手に入れる最適な方法は何か、年齢や立場の違う人に聞いて回りたかった。
    既にやっていることも多いが、その中でも大切な部分が見えてきた。

    ・信用できる情報をくれる人をたどること
    ・書籍・ネット・雑誌・新聞・映画・ドラマなど、広くアンテナを立て、どれかに固執せず、バランスをとること
    ・情報の元を確認すること
    ・質の高いインプット、アウトプットの時間を確保すること

    職場では、限られた時間で最大限のパフォーマンスを意識しているが、休みとなれば時間がいくらでもあるかのように勘違いして、同じことをダラダラやり続けて、気づけば日が暮れることが多い。仕事以外の時間にやりたいことは、たくさんある。騙されたと思って、ストップウォッチを使ってみた。予め何時間やるか決めておく。時計でも同じじゃないかと思うかもしれないが、私には効果があった。例えば、あなたは3時間も同じことを続けているのだと、指摘されている気がするのだ。長時間ぶっ続けたいわけではなく、集中力も落ちてくる。きっぱりと止めるられた。
    170508

  • 情報の偏りには注意していこうと思う。タイマーを使っての「学び」は自分がやっていることだったので、深く納得。

  • エリートは朝日新聞を読む。東大生は歩きスマホをしない。
    が、目新しい情報。「ジャパンナ・レッジ」は便利そうだが、会費が少々高い。殆どは既知の内容。問題は実行できるかどうかだが、金銭的に同じようにするのは無理。
    結論としては、ネットは止めて本を読めって事だな。余裕があれば新聞。娯楽が欲しければ雑誌。受験サプリで勉強して、dマガジンで息抜きというのが理想的か。新聞は紙派の池上と電子版派の佐藤で意見が分かれたが、庶民は公式サイトで十分かと。

  • ネットニュースの付き合い方が興味深かった。
    ネット検索は真実にたどり着くにはかえって時間がかかるということで、ジャパンナレッジをチラ見。
    しかし、たけ~w
    それだけの価値はあるとは思うのですが、一介の主婦にはスペックオーバー。
    あたりを眺めていたら、携帯版があり、安かったので契約してみました。
    が、サイト移行が落ち着いてないのか、いまだ見れずw
    あとでゆっくり試すとして、これからはググる前にジャパンナレッジ携帯版で検索してみようと思います。
    ネットニュースは、ヤフーニュースは娯楽、と書いてあったけど、とりあえずとっかかりとしてはいいのかなと。
    広く浅く。
    うちは日経1紙購読なんで、お勧めの朝日デジタル読んでみようかな。
    これもヤフー経由だと安いですねw
    日経も難しいって書いてあったけど、最近は随分親しみやすくなったように思います。
    予備知識があまり必要ない読み物系が多くなったのかなと。
    池上さんもコラム書いてますしね。
    とにかく、手間と金がかかった情報が最良、という結論を受け取りました。
    一片でも真似してみようかと思います。

全152件中 1 - 25件を表示

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意を本棚に登録しているひと

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意を本棚に「積読」で登録しているひと

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意の作品紹介

【遂に出た!2人が毎日やっている「最強の読み方」最新の全スキルが1冊に!】 
【予約殺到!事前注文多数!発売前から、もう7万部突破!】

★池上彰氏、佐藤優氏は毎日「何を」「どう」読んでいるのか?
★どうすれば、彼らのように「自分の力で世の中を読み解ける」のか?
★「新聞1紙5分」「月平均300冊の読書」はどうすれば可能か?
★「スマホ」「アイパッド」「新聞電子版」「dマガジン」はどう使いこなすか?

■2人の「アイフォン&アイパッド画面」もカラー写真で公開(巻頭カラー16ページ)
■「研究室」「仕事場の本棚」「仕事アイテム」「愛用グッズ」の写真も完全公開

「新聞」「雑誌」「ネット」「書籍」をどう読めばいいのか?
そこから「知識と教養」をいっきに身につける秘訣とは?

みんなが知りたかった「2人の知の源泉」が、いま明らかに!

《本書の5大特色》
【1】2人の「読み方の最新全スキル」が1冊に
■これだけ読めば、全ノウハウがわかる

【2】「普通の人ができる方法」をやさしく具体的に解説
■今日からできる!これなら続けられる!「超実践的な技法」を紹介

【3】「重要ポイント」がひと目でわかり、読みやすく、記憶にも残る
■「70の極意+総まとめ」「重要箇所は色付き」だから、わかりやすく、読んだら忘れない

【4】とにかく内容が具体的――「おすすめサイト全一覧」から「新聞・雑誌リスト」「おすすめ本」まで紹介
■「何を、どう読めばいいの?」知りたい情報・答えが、すべてこの1冊に

【5】2人の仕事グッズも完全公開!見るだけで参考になる!
■「巻末カラー」16ページ!「特別付録」は3つも収録! 巻末では「人から情報を得る技法」まで解説! ここだけでも面白すぎる!

「知の源泉」をここまで公開したのは本書が初!
2人の「共通点」と「違い」が面白い!

この本で、自分なりの「最強の読み方」を身につけよう!

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意はこんな本です

僕らが毎日やっている最強の読み方;新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意のKindle版

ツイートする