書店ガール 3 (PHP文芸文庫)

  • 1364人登録
  • 3.72評価
    • (90)
    • (218)
    • (190)
    • (20)
    • (2)
  • 208レビュー
著者 : 碧野圭
  • PHP研究所 (2014年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569761848

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

書店ガール 3 (PHP文芸文庫)の感想・レビュー・書評

  • シリーズ第三弾。

    子育てと仕事への意欲の間で悩む亜紀。
    出世して仙台の書店リニューアルを任された理子。

    あいかわらず読みやすくて良かったんですが、
    今回は理子と亜紀の周囲の人達がとても魅力的でした。

    仙台の店長・沢村が強く印象に残りました。
    大切なお客様にハガキを送った熱意もさることながら、
    震災後、一度も泣けなかったという苦しみの深さを思います。
    震災のお話はやはり胸が締め付けられます。
    「仙台の人間はとりあえず前を向いて歩こうとしている。
    いつまでも被災地扱いされたいとは思っていない。」
    という言葉が印象的でした。

    他にも、
    亜紀に憧れてバイトを始めた愛奈。
    偏屈だけど、案外亜紀を気に入っていたおじいさん・広瀬。
    次は愛奈におちょっかいを出すのね(笑)

  • 理子と亜紀の関係がとても素敵。1巻では距離があって意見が合わない者同士だったはずが、いろんな困難を乗り越えて信頼できる関係になっている。
    そういった書店員の成長過程がとても面白いし、今回は震災の事も絡めてとても読み応えがありました。
    「愛のゆくえ」いつか読んでみよう。

  • 好評の「書店ガール」シリーズも3作目。
    このシリーズ、いいですね。
    もうすぐドラマ化されるのも楽しみ☆

    書店員の若手で目立つ存在だった小幡亜紀も今や30歳。
    産休が開けて半年後という。
    新興堂書店・吉祥寺店の朝礼から始まります。
    決まっている挨拶を皆で唱和するのですね。
    ささやかなようでも、大事なことをさりげなく。

    一方、店長の西岡理子は、昇格して、東日本地区を統括するエリア・マネージャーを兼任しています。
    仙台の櫂文堂が吸収合併されたため、店名はそのままだけれど、そちらの指導へも出かけなければならない。
    こちらを敵視しているかもしれない店員たちの中に乗り込む難しさ。
    しかも、カリスマ的なほど有名な副店長・沢村稔もいた。
    最初はよそよそしい沢村だが、実は互いに会う前から認めている存在だったとわかってきます。
    震災の影響が大きかった仙台で、理子が見聞きしたこととは‥

    亜紀は担当が替わって、知識のないジャンルの質問にも答えなければならないが、自信喪失気味。
    働く母親としての悩みもリアルです。
    幼い子供がいて働くのは大変なこと。
    保育園に預けていても、ちょっと熱が出ればすぐ呼び出され、引き取りに行かなくてはならない。
    夫は協力する気が全くないわけではないけれど、仕事が忙しくて結局頼りにはならない。実家が近くて、母親が協力的だから成り立っているとはいうものの‥
    定時には帰り、遅番も固定と、何かと優遇されている亜紀に対して、冷たい視線もあるとは大変ですねー。

    震災後3年がたち、離れているところではやや風化しかかっているかもしれない。
    書店で何が出来るのか?
    理子たちの企画に、亜紀や、後輩のバイト生・愛奈が協力し、書店の一角に特集コーナーを設けることに。

    日常的だけど決して離れられないリアルな悩みにあくせくする日々に、震災という大きな出来事が突きつけられます。
    自分たちのささやかな体験を振り返るのも大事なことだという気がしました。
    おそらく綿密な取材から選び抜いた表現であるのでしょう。
    震災を扱った本が多数上げられているのも、参考になると思います。
    震災は今後日本のどこで起きるかわからない、どこで起きてもおかしくないのだから‥
    小さなことでも何かを心がけていかなければ。

    言葉の力、それをまとめておくことのできる本の力。
    非常時にも人は本を必要としたという。
    本を人に届けようとするさまざまな努力に胸を打たれる心地がしました。
    最後はいつもの仕事場で、晴れ晴れと挨拶するシーンで、よかったです☆

  • 吉祥寺の書店を舞台にした、書店員の物語第3弾。
    今回は、東日本大震災の後日を軸に展開します。

    舞台は311から3年が過ぎたとの設定、
    主人公の2人もそれぞれに環境に変化が。

    理子は被災地の一つである仙台がメインに、
    亜紀は不慣れな保育園生活がスタート。

    それぞれに悩みながら、立ち止まりながら、
    それでもひたむきに、日々を進んでいく。

    そんな中彼女たちの“糧”となっているのは、
    “本を届ける”ということ、なのでしょうか。

    劇中で取り上げられている震災ネタ本も、
    実在する本が並んでいるのがなんとも魅力的で。

    実際に私自身も手に取った書籍の名前を見ると、
    ある種のドキュメンタリーとしても、なんて。

    あと個人的に気になったのは、女性目線からの女性の働き方、
    保育園の問題などは、身をつまされました。

    自身も振り返りつつ、反省しないとなぁ、とも。

  • 図書館より。
    ようやく借りてこれた。
    私的にがっつり頷きながら読む本。

    理子さん、ステキ!(笑)
    亜紀ちゃんの気持ち、スゲーわかる!
    今は働いてないけど、ワーキングマザーの立場はまさにそれ。
    決して明るい一面だけではなく、心配や不安な気持ちも描かれていて読んでいて納得。
    東日本大震災後の話を含めて、これがフィクションなのかと思うほど内容の濃い小説。
    お仕事エンタテイメントは伊達じゃないんだね。

  • 東日本大震災と、働く女性(特に子を持つ母親)との、二つの大きなテーマで、展開する第3作。
    大きなテーマではあるが、相変わらずの小気味よいコンビの、理子と亜紀の活躍が、絶好調。
    そして、新しいメンバーも加わり、先行き、ますます楽しみなシリーズ。
    次回作も楽しみ。

  • 書店ガール第3弾。
    第1弾、第2弾、そして第3弾とどんどん好きになっています。
    シリーズの中ではこの本が一番良かった!
    毎日、いろんな事件が起こって、東日本大震災の記憶が薄れていくのが恐ろしい…
    この本を読むと、やっぱり本屋さんに行きたくなる!

  • 大好きなシリーズ、第三弾。
    震災をテーマにした事に賛否あるようだが、私はそれもひとつの形としてアリだと思う。

    あくまで碧野さんの描く物語のお話なのだけれど、読めば読むほどリアルに感じる。
    シリーズ1作目、2作目は書店で奮闘する模様が印象強かったけれど、今回は人との関わりが大きな支柱になっていた気がする。
    いろんな角度から人と出会い、関わり、言葉を交わし、感情を抱く。
    そして自身の書店員としての在り方を悩み考える。

    震災に遭われた方がこの本を読んだらどう思われるだろうか。
    もしかしたら不快に感じる方もいるかもしれない。
    でも、私はこの一冊を大事にしたいと思う。

    やっぱり好きです、書店ガール。

  • 本って良いな~と改めて思う。
    シリーズ3冊目。

    実は一冊目を読み始めた時、ワガママな女の争いが
    エンエンと続く冒頭に、げんなりで・・・
    途中で放ろうかと何度思ったことか・・・

    この3冊目では、3.11以後が描かれる。
    忘れないでいたいのに、日常のめぐりは早すぎて・・・
    ああ、こんな風にすればよかったんだと頷けた。
    このあたり、賛否両論、あるいは好き嫌いの分かれるところ?
    「お仕事エンタティンメント」と言い難いかもしれないから・・・
    しかも、ちょっとしたブックリストにすらなっている!
    私は好きだけし、実際に、これで良いんだよと
    背中を押してもらったようで、泣けちゃったけれど。

    東北で被災した人から見たら呆れられるかもしれないけれど、
    あの日のことは私も抱えている。

    ああ、本って良いな。
    物語にちりばめられたあの日をめぐる、さまざまなエピソードにも
    そして、この書店ガールたちの生き方に、
    自分も本が大好きであることに、心から感謝。

  • 2でも感じましたが、よく取材されているなぁとまず感心します。今回の大テーマは震災。そして働くママの葛藤。警戒されまくりの現場を仕切る女上司のテクニックがちらり、と言ったところでしょうか。

    震災について書かれた多数の「震災文学」と呼べるような本のうちの数点が本文中に紹介されていますが、本作もエンターテイメントながら震災文学に加えても良い著作だと思います。
    沢村さんの心を思うと胸が痛くなる箇所が何箇所もありますが沢村さんのような、そして芙美子さんのような方が今もたくさんいらっしゃるのでしょうね。
    そして市川さんのように震災に冷めてしまっている人も。
    市川さんのような人もきちんと書いているのはいいですね。この時期ならではというタイムリーさを感じます。

    1作目では亜紀のような女性は嫌いだ、と思いましたがだんだんとはっきりしていて気持ちがいいと思うように。そして個人的には伸光さんがどうも好きではなかったのですが、彼も成長して行っている感じがしました。
    まぁ、あんまりいい人になりすぎても話がつまんなくなりそうですが(笑)

    これはまだ続きますね。第2の亜紀も登場したことだし、続けないとファンが納得しないでしょう。
    理子さんにもいい話が起きてくると期待しつつ次作待ちします。

  • 本屋が好きで本が好き。世の中の本好きも色々だと思うけれど、何となくこのシリーズはいつも私の背中を押してくれる。ダイレクトに知識や答えを求めて関連書籍を読むことも確かにあるけれど、どちらかといえば日常的な読書では圧倒的に小説が多い。だからといって娯楽のみを求めているかといえば、そうではなくて。人の考え方は千差万別だから、自分の都合のいいように解釈している面も多分にあるけれど、自分の境遇とは全然関係ない小説の設定の中であったとしても、なるほどそんな発想あるんだ、こんな考え方いいなと思うことがこの本に限らずけっこうあって、それで現実の悩みがほんの少しだけ軽くなる、という体験をすると本を読むのをやめられない。今回もそれがあったから、やっぱりこのシリーズ好きだな!

  • 3作目。

    震災がテーマにある分重みはあるけど、重苦しすぎずじんわり大事なことを伝えてもらった気分。まさに、あんまり関係はなかったけどたしかにその日実感した、東京にいる人たちの一人だった、私も。

    その他にもワーキングマザーとしての仕事の向き合い方、亜紀の決断、いろいろ感じるところだらけだったなぁ。今までに比べて派手なことは起きないけど、その分日常とか日々のコツコツしたことが丁寧に描かれていて好きだった。

    ラストが広瀬さんだったのはちょっとだけ好みじゃなかったかも。高梨さんがちょっとちがうなぁ。

    でもやっぱり、相変わらず本を愛する気持ちがぎゅうぎゅうつまった気持ちのいい本。

  • 理子や亜紀の前には、相変わらず問題が山積みだ。
    書店員として中堅となり、責任も徐々に重くなっていく亜紀。
    エリアマネージャーとして老舗書店の立て直しに挑む理子。
    それぞれの立場で悩みはつきない。
    どんなときにも前向きに、悩みながらも進む方向を見失わないように歩いてきた亜紀。
    母となって、これまでのように自分のことを優先ばかりしていられない状況になっていく。
    経済者という慣れない担当も負担を大きくする。

    日本中の誰もが知っている震災。
    被災地である地へと赴き、理子はあらためて現地の人たちと触れあうことで知らなかった現実をつきつけられる。
    書店員として、書店として、いま自分たちに出来ることは何か?
    自分自身に問いかける理子。
    読みながらあの震災の瞬間を思い出した。
    そして、何度も何度も映像として流され続けた非情な現実を思い出した。
    物語の中であの震災の日を、震災のその後を取り上げているものは多いけれど、書店を舞台にした物語らしい切り口でとても興味深く読むことが出来た。

    書店員としての現場を離れることになった亜紀に、常連さんからの餞別のような言葉。
    まだまだ出来ることはある、前に進むことが出来る。
    そう思えることは幸せなことなのかもしれない。
    何があっても前向きに進んで行く。
    悩んだとしても、必ずそこを抜け出して前を向く。
    亜紀の生き方はとても魅力的だ。
    後ろ向きの考え方にいつまでも引きずられることもない。
    周りの人たちに支えられていること。
    自分を信じて任せてくれる人がいること。
    そして何よりも本を愛する心がある。
    大好きな本屋という空間。
    ずっと存在してほしい大切な空間だ。

  • 2016.4.3
    第3弾!今までと変わらず、さくさく読めて読了。
    亜紀の母親として悩みながら働く姿が印象的で、最後は強さと爽快さを感じた。「選択肢があること自体が恵まれてる」って理子が言うのも分かる。けど。やっぱりその中でも悩みながら女性は働いてるんだと思う。「歩いて帰られる場所」で働くのは、社員だと今の日本だと難しいと思うけど、難しいかどうかじゃなくて、そもそもそういう考え方をしたことがなかった。守るべきものが出来ると、人は変わるんやなあ。
    後輩の姿を見て、パワーに圧倒されるところ、今の自分に少し重なった。

  • 書店で働くということは変わらないが、一店長から転職、エリア長への昇進と見える世界が変わって来ている主人公。
    またペガサス書房時代から一緒にやってきた部下も結婚、出産と生活環境を変えながらも書店で働く事に意義を感じつつも、担当が変わり見える景色が変わっている。
    そんな登場人物の成長を見守る親のような気持ちも持ちながら読み進めました。

    大震災の事は既に過去のものと言えなくもない。
    忘れてはならないことではあるが、前に進むために忘れることも必要。
    神戸の大震災の時も大阪にいて、あの揺れは直に感じた。でも言葉だけでは伝えきれないし、もっとそばにいた人のことを考えると、軽々しく言えない。
    でも被災地のために何か出来ることがあれば…
    商売っ気を出さずにというのはものすごく美しいが、ビジネスとして収益を落とす事につながらないと続かないしといったもやもや感をすっきりさせてくれた点も素敵な物語。

    続編も楽しめそう。

  • 3.11をテーマにしたストーリー。
    震災の影響などほとんどなかった私の生活。
    テレビで見る映像しか知ることなく、もう4年も時を過ごしたけれど、
    被災された方々のことなど無関係に生きてきた。
    ただかわいそうとしか思ってない自分が
    小さくて、この本を読んで今まで無関係に生きてきた事を恥ずかしく思う。
    被災された方の力になりたいなんておこがましいことも言えないけれど、
    今のうちに東北に行って、少しでも復興のために尽力してきた姿を見たいと思う。
    そして、息子や次世代の子ども達に、この事実を伝えていきたい。
    軽やかな文章でも、訴えかけるものの多い一冊でした。

  • これもシリーズ3作目。最初の1冊を読み終わった時には、先を読む気にならなかったシリーズだが、この3作目はなかなかいい話でした。理子と亜紀の反発がなくなって、いい感じに仕上がってます。テレビのドラマは1作目の嫌な部分をストーリにしたので、良くなかったのでは? 2作目や3作目のエッセンスをメインにしたら、もっといい話になったのにと思う。まあ、本好きの人じゃないと付いていけないかも知れませんが。
    そう云えば取り上げられてる本が沢山あるが、ほとんど読んでないなあ・・・

  • 働くママは大変。亜紀も育休後、職場に復帰したが、慣れない経済書の担当になり、育児と仕事で毎日クタクタ。それでも彼女は自分の母親に頼れるから恵まれた環境だと思います。子どもが熱を出し、仕事を休まなくてはならない時の葛藤、よく分かります。亜紀が頑張ることで、これから仕事も家庭も、と思う女性が続いていけるようになるでしょう。そして、理子の方は仙台の書店のリニューアルを任されます。震災のこと、被災地のこと、何か出来ることはないかと考えさせられます。

  • シリーズ第3弾。
    1,2作目を読んでから少し間があいてしまいました。
    理子と亜紀が絡むところはあまりなく、それぞれに新たな境地で奮闘する、といったところ。
    亜紀に子どもが生まれ、ワーキングマザーに。
     (もうガール、って感じではないけれど、二代目亜紀が登場したから、いいのか…)
    理子は、東日本のエリアマネージャーに。他店舗、特に仙台。震災後、書店として出来ることを模索していく。

    ドラマ化されていて、録画はしているんだけれど、まだ見てません。
    1作目、最初の頃は、イヤな感じで、頑張って読み進めた記憶があるんです。
    過去記事によると…
    http://booklog.jp/users/mimi9sayaka/archives/1/4569678157
    確かに、頑張って読んでました。

  • 一緒にやってきた理子と亜紀も、それぞれの立場での責任と悩みが出てきます。

    今回は、どちらかというとワーキングマザーの亜紀に焦点が当たっていて、亜紀の悩みや決心みたいなものがいつも通りのさわやかなタッチで描かれています。

    理子が新たに担当することになった仙台のお店の書店員さんや、亜紀の周りにいる書店員さんもそれぞれ魅力的で、やっぱり書店物語はおもしろいです。

    仙台の書店員さんの哀しすぎる記憶やあの日のことは、なんていうかとても上手く描かれていると思いました。

  • 2人のやりとりはかなり減って、それぞれが書店員として奮闘する姿に比重が置かれた印象。2人のやりとりの面白さは減ったが、震災がらみのエピソードがよかった。スッキリするわけではないが、前向きになれる終わり方だった。

  • 渡辺麻友(AKB48)、稲森いずみW主演でドラマ化される「書店ガール」シリーズの第3弾です。

    「私、亜紀さんみたいになりたい!」きらきらした目で新人バイトの愛奈に告げられ、困惑する亜紀。子育てに疲れ、不慣れな経済書担当として失敗を重ね、自信を失いかけていたからだ。一方、仙台の老舗書店のリニューアルを任された理子は、沢村店長との出会いを通し、被災地の現状を知る。そんな亜紀と理子が、気持ちを一つにした目標とは!?

    1,2とやや趣が異なりますが、今回も本好き、書店好きのかたにはたまらない一冊となっています。この巻はドラマでは描かれないと思いますし、ぜひご一読ください。

  • 泣ける。東日本大震災と吉祥寺の書店との結びつけ方が見事。綿密な取材に基づいたプロットであると想像できる。

    このシリーズは、書店への愛だけはなく、本の力を信じて疑い姿勢が素晴らしい。

    現実社会では小さな書店が次から次へと姿を消していく。大型書店やネット書店が便利なことは残念がら事実。
    駄菓子屋や個人商店が無くなってコンビニに姿を変えるのは便利なのだが、効率を追求した結果画一的なサービスになり個性が失われたのもまた事実。
    これが本当に消費社会が進化した姿のだろうか。

    さらに、書店どころか本の個性まで失われ様としているのならば、それはなんとしても避けなければならない。。。というようなことも考えさせてくれる良書。

  • 東日本大震災をテーマの柱としたこの一冊。被災直後の凄惨な状態、2年半経っても、尚も傷痕が色濃く残る被災地の様子、被災者の苦悩。テレビなどでは、知りえなかった生々しい筆致に、非常に衝撃を受けました。現場を実際に見ることには、かなわないとは思いますが、文章の持つ威力をまざまざと見せつけられたように感じました。

    主人公のひとりである亜紀の子育てと仕事との両立がもうひとつのテーマになっています。へこたれず、いつも前向きな亜紀もさすがに壁にぶちあたり、悩み苦しみますが、最後には、自分の進む道を自ら選択します。

    大震災と幼い子を持つ働く母親の葛藤、毛色の違うテーマを上手く融合させたお話だと思いました。

  • 書店ガール第3段が出てるなんて知らなかった!またあの二人の話が読めるのね!とワクワク。でもなかなか重たい内容だった。
    亜紀の仕事と子育ての両立は、確かに難しい。本人も家族も大変だけど、職場の人からしてもつらいんだよなぁ。私も自分の職場で亜紀の立場の人がいたから、その人のことを思い出しつつ読んだ。今回で亜紀は本部に異動になったけど、これはやっぱり仕方ないよなと思う。大分先にはなるだろうけど、子育てが一段落したらまた本屋に戻って来て欲しい。
    それにしてもこんなにも感じのいい書店員さんのいる本屋さんって実在するの?私が行くところは塩対応が当たり前…。こんなに楽しい本屋さんがあるなら通っちゃうなぁ。

全208件中 1 - 25件を表示

書店ガール 3 (PHP文芸文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

書店ガール 3 (PHP文芸文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

書店ガール 3 (PHP文芸文庫)の作品紹介

東日本エリア長となった理子が東北の書店で見たものとは。一方亜紀は出産後、慣れない経済書の担当となり……。大ヒットシリーズ第3弾。

ツイートする