新装 餓狼伝〈the Bound Volume3 〉 (FUTABA NOVELS)

  • 18人登録
  • 4.44評価
    • (6)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 夢枕獏
  • 双葉社 (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575007572

新装 餓狼伝〈the Bound Volume3 〉 (FUTABA NOVELS)の感想・レビュー・書評

  •  UFC時代が到来し、丹波文七が大いに迷い、作者も迷っていることに正面から向き合っていてとても面白い。UFCの初回のホイスの構えや動きが記憶にあり、そういう感じなのかなと想像をめぐらして読むのだが、見てない人にはイメージしづらいのではないだろうか。あまりに面白くて600ページもあるのに3日で読んだ。

     葵一家がブラジリアンの出汁になってしまってかわいそうだった。無傷の丹波と姫川の試合が見たかった。松尾象山とガルシーアのお父さんの試合の描写が流されてしまった。後に詳細に語られるのだろうか。

     この小説の面白く恐ろしいところは、MMAの先にある素手に殺し合いを想定しているところだ。

     空手家で総合に最も適応したのはリョート・マチダだと思う。

  • 3冊合本。まとめて読むのが正解かも。悩みが渦巻く沈鬱なイメージ。豪放磊落な象山のみに惹かれる。バーリ・トゥードへ執拗に言及。当時は画期的な格闘情報だったんだろうな。最期までページをめくりたくなるけれど、なかなか話は進まない。カタルシスが欲しくなる、格闘小説。

  • 3巻目、600ページ。

    さすがに疲れてきた。
    20年のときをかけて書き続けてきたものを、十日あまりでw

    さすがに同じような文章が多くなってきたか。まあそれでも、短い文章でリズミカルに読ます。

全3件中 1 - 3件を表示

新装 餓狼伝〈the Bound Volume3 〉 (FUTABA NOVELS)はこんな本です

ツイートする