この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

  • 1410人登録
  • 4.48評価
    • (330)
    • (133)
    • (59)
    • (6)
    • (2)
  • 148レビュー
著者 : こうの史代
  • 双葉社 (2009年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (148ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784575942231

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 たかし
こうの 史代
有効な右矢印 無効な右矢印

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 昭和9年の幼少期を経て主に昭和18年から昭和21年1月まで、広島県江波から呉の北条家へ嫁いだ主人公すずの日常を描いた全3巻の漫画です。

    映画も素晴らしかったですが、漫画の方が登場人物のより深い関係性が描かれ読み応えがありました。途中途中にある当時の日常コラムも程良い小休止となり思わずニヤリとします(特に中巻の径子お姉さんの問答集)。

    ちょっと抜けたところもある主人公すずの話し方と性格が、この時代の喧騒を少し落ち着かせてくれます。国自体は戦争の渦にありますが、そこで暮らす人々はあくまでも自分の生活が中心。配給や物資の不足、故郷を離れる寂しさや人間関係の気苦労はあるけれど、モノの少ない生活に工夫を凝らし、何より一日一日を穏やかに過ごそうとする人々の姿が生き生きと描かれています。
    しかしその気持ちを裏切るように、読み進めていく度に戦争の影は刻一刻と日常に迫ってきます。それはすずも例外ではありません。

    私は戦争を歴史としか知らない世代です。この作品を通し、戦争のなかで“普通”に生きようとする人々の“普通”さと、その度量の深さと強さの一端に触れられた気がします。
    多くの人に、長く読み継がれてほしいと願ってやみません。

    ==================
    「みんなが笑うて暮らせりゃええのにねえ」

  • 評判になっていた映画を先に観ました。
    その後,小説版を読んで,最後にようやく原作漫画を読みました。

    小説版を読んで,映画では重要ポイントが省略されていたことを初めて知ったのですが,原作漫画を読んでも,やはり映画版がその点を省略したのはもったいなかったと思いました。

    ただ,映画を先に観たからこそ,原作漫画のフレーズが心に残った側面があり,小説版を読んでよく理解できたこともあったので,私は全部読んでよかったです。

  • 下巻にて、この本のタイトルの意味が分かるようになっています。先に映画を観たため、その場面での感動は薄れてしまいましたが、それでも私の中では、一番のお気に入りのポイントです。個人的には、このクライマックスを迎える下巻は、映画で観た方が、雰囲気が伝わると思いました。でも、漫画では文字でセリフを認識できるので、併せて楽しむのが一番良いと思います!

  • 親の趣味。平成生まれの人間だからか別世界の出来事のように感じるけれど、こんな時代が実際にあったのだと知る事は大切なんでしょうね。

  • 普通の市民の視点から捉えた「戦争」。日常が少しずつ変わっていく。でも生活は続く。淡々と描かれる日常と、そこに時に何気なく、時に唐突に戦争の影が落ちる。理不尽で、恐ろしくて。それでも生活は続く。
    日常をひたすら淡々と描くことが徹底されていて、派手なシーンはほとんどないものの、それが戦争の理不尽さを際立たせる効果を果たしていて、ずっしり心に響く作品です。
    終戦を知った時の主人公の反応が私には意外で、でもそのあとじっくり噛み締めるとだんだんと分かるような気がしてきて、でもまだしっくり来ないような気もして。すごくリアリティを突きつけられたような気がした。
    時代考証にすごく時間をかけたことが伝わる、丁寧に作られた作品だと思いました。

  • 泣いた。
    今を生きる自分には、想像の世界。
    人が生きるという事の逞しさ。
    戦争が日常である非現実さと違和感。
    なぜ戦争は起こるんだろ?
    国の力を全部使って、国民が疲れ切ってヘトヘトになってしまうまで終わらない。

    漫画のコマとコマ、自分が読み取る間。
    リアルでした。


  • それぞれに、あるとこないとこがあって、つないで読んでいるような・・・。

  • 一気に、「かわいそうな」「気の毒な」シーンが連続します。
    泣けるといえば、涙がでて当然です。

    それでも、過剰に演出されていない画で描かれているせいか、余計な演出音がない、静けさの中で作品が進んでいくように感じられます。

    ハッピーエンドと言えるかどうかは、わかりません。

    けれど、読み終わったら、自分も、しっかり、生きよう、一度の人生なのだから、と静かに強く思えるはずです。

    力強い作品です。

  • すごくきれいで、ものすごくこわかった。
    見開きに圧倒される。
    どうしたって日常の延長なんだ。

  • アニメ映画が話題になっていたので気になっていたのですが、見られないので原作本を読んでみました。戦争中のお話なのに、主人公のすずさんがおっとりとした性格でユーモラスな感性を持っていて、暗くなくてなんだかほのぼのするなぁ…などと思っていたのですが、後半、戦況が悪化して、大切な人やものが失われていく様は、戦争のリアルを静かに残酷に描き出していて、とても胸が痛みました。一コマ一コマが印象的。
    戦争はだんだん過去のことになってきているけれど、今ある平和が当たり前のことではない。奇跡の連続なのかも。大切な人と共にある時間を心に刻んで1日1日を生きていきたい…などという余韻が残りました。読んで本当によかったです。

  • 下巻。21年1月までの広島。この巻で物語は終わる。
    すずさんの意思がいままでになく伝わってくる。
    姪も自分の右手も家族もなくしていく。戦争までなくしたとき激しく感情を爆発させた場面では、胸をギュッとしめつけられた。あのすずさんが吼えたのだ。
    一番悲しい巻だった。戦争の延長線上に現在があるということ、私たちは忘れてはならないんだということを。

  • 以前、なにかの本で、『はだしのゲン』を

    「普通なら絶対に分からないことを、何がなんでも分からせようとする物語」

    と論じているのを読んだ。その表現を借りるなら、『この世界の片隅に』は

    「普通なら絶対に分からないことを、誰にでも分かるかたちで描いた物語」

    と言えよう。

    今も昔も、人は世界の片隅で、誰かを見つけ、誰かと一緒に生きている。

  • 子供の頃、叔父一家が住んでいた呉が舞台。きっと読まなければと思っていた本。あとがきを読み、こうの史代さんの想いに深く共感した。この物語を読むことができて本当によかったと心から思う。映画はまだ見ていないがぜひそちらも観てみたい。戦争反対。

  • 「死」と「原爆」が描かれているものの、あまり現実感がない。最後まで物足りなさを覚えながら読んだ。

  • 日常の延長にある戦争。
    右手のところなど泣いてしまう。
    ほのぼの描かれていた日常からの戦争の悲惨さが衝撃的で、リアルだ。
    「暴力で従えとったいうことか
    じゃけえ暴力に屈するいう事かね
    それがこの国の正体かね
    うちも知らんまま死にたかったなあ……」

  • 映画より複雑なすずさん。お話も独特な曖昧さ余白が際立つ。映画と漫画比べながらもう一周したい。

  • 映画が話題だったので気になっていたのですが、その原作本を読む事ができました。
    本当に面白く、切なく、楽しく、ツラく、心に沁みる話で名作だと思います。

    登場人物たちが意外と狭く、複雑に関係しあう伏線がそこここにあり、読み返してもハッとさせられます。

    戦時中、苦しい時代・世界・現実をほんわかとした画と主人公でほのぼのと読ませるところがすごい、と思いながら読んでいたのですが、そのほんわかの中で戦時中の歪んだ世界観を描き切り、逆に読んでいる我々にここまで苦しさを伝えることができる作者の力量に脱帽です。

  • 帯文:”日本中で大反響!!” ”累計90万部突破!” ”第13回文化庁メディア芸術祭優秀賞ほか数々の漫画賞を受賞!”

    目次:第29回 20年4月、第30回 20年5月、第31回 20年5月、第32回 20年6月、第33回 20年6月、第34回 20年7月、第35回 20年7月、第36回 20年7月、第37回 20年8月…他

  • 戦時の広島・呉を舞台に描かれた、一人の女性と周囲の人々の日常の物語です。
    ほのぼのタッチで描かれているからこそ、戦争の厳しさや惨さが鮮やかに伝わってきました。こんなに辛いことが当たり前の日常となってしまうような時代は、二度と来て欲しくはない。私がもしこの時代に生まれていたら、きっと前向きに生きることはできなかったと思います。

  • ★4.5
    義父の入院、晴美さんの死、そして広島への原爆投下。すずさんの生活がどんどん戦火に染まっていき、大切な人が失われていくのが辛い、辛すぎる。中でも、誰よりも小さくて誰よりも優しかった晴美さんの死が、あまりに唐突であまりに残酷で居た堪れなかった。すずさんが終戦に対して憤ったのは、戦争を続けてほしかったわけでは決してなく、失われていった大切な人に申し訳が立たないから。でも、すずさんが経子さんの言葉に救われ、晴美さんを笑顔で思い出せるようになって本当に良かった。ひとりでも多くの人に読んでもらいたい1冊。

  • 上・中は今まで聞いてきた戦争の話とは雰囲気がまるで違う、ごく普通の「日常」の話だった。絵柄が可愛いし何よりすずさんがとても可愛らしい。ずっとほのぼのしていただけに下巻で不意打ちを食らってしまった。右手を失ってから背景が左手で描いたようになっていて演出が凄い。映画も観たいな。

  • P12 赤城の艦影:昭和2年だと3段甲板
    P62 中巻でスルーに近い扱いでしたが、「鬼いちゃんが死んで 良かったと思ってしまっている」の言葉に衝撃でした
    P94-95 B-29の代わりにトンボ、焼夷弾の欠片、掲揚された太極旗(朝鮮の解放)=終戦による大転換
    最後のカラーページは街灯の点灯・灯火管制の無い電灯とで、平和と復興の予感。汚れた戦災孤児は、焦土と化した日本そのもの。でも、生きていると。で、それの絵筆を持つ手が失った右手なのは、カバーのすずに右手があるのと同じなのでしょうか。要は、実際は無いのですが、心情的には失っていない、な感じで。

  • 戦時中の日本が舞台で、いつ死ぬか分からない状況のなか日常生活を送る。この暗い背景でも、主人公の可愛らしくけなげな性格に癒される。生きることと死ぬことが身近に感じる本。

全148件中 1 - 25件を表示

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)はこんなマンガです

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)のKindle版

ツイートする