中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士 (叢書・ウニベルシタス)

  • 12人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Wolfgang Hartung  井本 〓二  鈴木 麻衣子 
  • 法政大学出版局 (2006年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588008597

中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士 (叢書・ウニベルシタス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    喝采と蔑視の狭間に生きたアンビヴァレントな存在としての旅芸人―その起源と出自を探り、教会や宮廷との関係、彼らのヘアスタイルや衣服、演目のレパートリー、報酬、組織、生活形態から精神構造までを描く。

    [ 目次 ]
    旅芸人とは
    旅芸人―歴史家のテーマか
    中世の社会
    旅芸人のレパートリー
    特徴―ヘアスタイル・衣服・名前
    中世の旅芸人の先祖?
    旅芸人の社会的出自
    旅芸人と教会
    神学者と司牧者の立場
    地平線の光―トマス・アクイナスとアッシジのフランシスコ
    旅芸人と世俗法の規定
    世俗の権力と旅芸人
    王、貴族、教会諸侯―支配の理想と現実
    都市における芸人と観衆
    悪魔、踊り、芸人
    芸人としての女性―サロメとその娘たちの踊り
    芸人の報酬―入るほどに流れ出る
    芸人の組織化―組合と兄弟会
    様々な生活形式とメンタリティー

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 正直読みづらい。
    内容は面白いのに、とんでもなく読みづらい。
    しっかり腰を据えて読まないと、頭に内容が入ってこない…。

  • 欲しいけど高すぎる。

全3件中 1 - 3件を表示

中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に登録しているひと

中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「積読」で登録しているひと

中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士 (叢書・ウニベルシタス)の作品紹介

喝采され蔑視されるアンビヴァレントな存在としての旅芸人の起源と出自を探り,そのレパートリー,ヘアスタイルや衣服,報酬,組織,生活形態と精神構造におよぶ。

中世の旅芸人―奇術師・詩人・楽士 (叢書・ウニベルシタス)はこんな本です

ツイートする